000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

一語楽天・美は乱調の蟻

全624件 (624件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 63 >

2021.05.14
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
「懐徳堂で学んだ蟠桃と仲基」を書いた時に、日系アメリカ人のナジタ・テツオという人の「懐徳堂:18世紀日本の『徳』の諸相」を参考にした。そのナジタ氏が2021年1月11日に84歳で他界していた。驚くことに(日米の時差の関係で)その翌日に僕がブログを公開していたことになる。ひょっとしたら僕が彼の本を読みながら文章を書いていた時に亡くなったのかも知れない。奇しくも … [続きを読む >>]





最終更新日  2021.05.14 15:06:25
コメント(1) | コメントを書く


2021.04.30
テーマ:テニス(3243)
カテゴリ:カテゴリ未分類
楽天ブログには検索機能が付いていて、自分が書いた内容をよく覚えてない僕は、この機能を使って自分の書いた記事を検索することが時々ある。今日も、テニスの線審判定システム、ホークアイについて昔書いた記事を読もうと、探したのだが、出てこない。その時カタカナで「ホークアイ」と書いたのか英語で「Hawk-Eye」としたか、あるいは「鷹の眼」と訳したのか覚えてなかったの … [続きを読む >>]





最終更新日  2021.04.30 14:54:38
コメント(2) | コメントを書く
2021.04.29
カテゴリ:カテゴリ未分類
モデルナのワクチン、二度目の接種は前回にも増して副反応がきつかった。注射針を刺した部分の筋肉痛は辛いというほどではなかったものの、その日の夜は38度前後の発熱と吐き気(ほとんど食べてなかったので吐くことはしなかった)そして身体のだるさで熟睡ができなかった。副反応は24時間後から徐々に治まり始め、およそ48時間ですべてが平常に戻った。

アメリカのワクチン … [続きを読む >>]





最終更新日  2021.05.11 08:39:06
コメント(0) | コメントを書く
2021.02.16
テーマ:テニス(3243)
カテゴリ:カテゴリ未分類
昨日のテニスは散々だった。朝家を出るときから空は今にも泣き出しそうで、それでも家から小一時間かかる場所なので、開催中止のメールが入るまではその方向に動いておかないことには、決行されたときに間に合わないことになるので仕方がない。地下鉄に乗ってメールをチェックすると同時に「本日は中止になりました」と通知が来た。ええそんなとがっかりしたが、主催者としても … [続きを読む >>]





最終更新日  2021.02.16 16:13:30
コメント(0) | コメントを書く
2021.02.07
カテゴリ:カテゴリ未分類
富永仲基(1715-1746)の著作で残っているものは「出定後語」(しゅつじょうこうご又はしゅつじょうごご、1745年出版)と「翁の文」(おきなのふみ、1738年出版)、そして自筆清稿本で伝わっている「律略」と「楽律考」だけだ。もうひとつ「説蔽」(せつへい)という著作があった(と「翁の文」の中に書かれてある)ようなのだが、現存しない。仲基が「説蔽」を書いたのは15~ … [続きを読む >>]





最終更新日  2021.02.07 09:55:31
コメント(0) | コメントを書く
2021.01.30
カテゴリ:カテゴリ未分類
富永仲基(とみながなかもと)という江戸中期の町人学者がいたことは知っていた。4年ほど前、山片蟠桃の「夢の代」を少し読んだ時に日本思想体系第43巻を参考にしたのだが、そのタイトルに山片と並んでいたのが富永仲基だった。富永の代表作「出定後語(しゅつじょうこうご)」のページを少しめくってみたが、原文は漢文でそれを読み下したものでも漢語と仏教用語が多く僕には … [続きを読む >>]





最終更新日  2021.01.30 13:50:38
コメント(0) | コメントを書く
2021.01.26
カテゴリ:カテゴリ未分類
どこでどうやって見つけたのか全く記憶にない、Angeliqueというグループの「偶然じゃなかった」という一曲がパソコンのミュージック・フォルダーの片隅にちょこんと座ってる。このmp3ファイルの作成日は2000年12月25日、編集したはずもないのでこの日にどこかからダウンロードした、あるいは誰かから(クリスマスプレゼントとして?)贈られたのだろうか。20年前の話である、覚 … [続きを読む >>]





最終更新日  2021.01.26 14:20:16
コメント(4) | コメントを書く
2021.01.22
カテゴリ:カテゴリ未分類
PDTSDから回復するのには時間がかかるだろうが、アメリカ社会はようやく嘘とナルシシズムの独裁から解き放たれた喜びに浸り、前に進もうとしている。政府や議会が、自らの言動に責任を持ち、出来る限り隠し事をせず、もちろん嘘をつかず、科学に基づいた決定をし、意見の違う人たちを貶めたり傷つけたりせず、社会的な規範を守って議論する、要するに<普通の>民主主義社会に … [続きを読む >>]





最終更新日  2021.01.22 18:43:20
コメント(2) | コメントを書く
2021.01.02
カテゴリ:カテゴリ未分類
「自分は音楽家ではない」と自認していたはやり歌作家・筒美京平が、海外のヒット曲のおいしい部分を日本に移植していたことは、いくつかのインタビューで明言していることなので、驚くべきことではないのだろう。しかし、僕がベスト5に考えていた「東京ららばい」(すでに第4位にランク済)と「たそがれマイラブ」(これは2位にと)の2曲に部分移植があったことは、まるで知ら … [続きを読む >>]





最終更新日  2021.01.02 07:32:42
コメント(0) | コメントを書く
2020.12.27
カテゴリ:カテゴリ未分類
筒美京平ベスト5(その3)

迷いに迷って、平山三紀(現在は、平山みき)を第3位に持ってくることにした。彼女のどの曲をというのではなく、筒美京平がその声に惚れ、彼女の為にはだれにも負けないいい曲を作る、と人に言っていた「平山三紀」とのコラボに対して敬意を表したい。もちろん作詞家の橋本淳もコラボの一人として入れるべきだと思う。

1970年前半に筒美・橋本 … [続きを読む >>]





最終更新日  2020.12.27 09:40:59
コメント(0) | コメントを書く

全624件 (624件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 63 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.