000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

一語楽天・美は乱調の蟻

2004.11.01
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
アントニオ・バンデラス主演の「13ウオーリアーズ」(何で、この邦題は「13番目の戦士」ではないの?)という映画がありまして、その中で10世紀頃の西欧とアラブ世界の文化の違いが若干描かれていました。

この映画はマイケル・クライトンの小説「北人伝説(Eaters of the Dead)」を基にしているんですが、マイケル・クライトンはイブン・ファドゥラン(Ibn Fadlan)のヨーロッパ紀行を参考にして書いています。

920年代に、イブン・ファドゥランはボルガ河中流のブルガル国に派遣されます。そこで、ルス(Rus)という、スカンジナビア出身の人々に遭います。(これは多分ロシア人の祖先であるルーシ人でしょう。)彼のヨーロッパ紀行から、意訳ですが、いくつか面白いのを紹介します。
ボルガ河畔の宿営するルスの人達を見たが、これほど完璧な体躯を見たことがない。背が高く金髪で、血色がよい。

ルスの男は斧と剣とナイフを常に携帯している。剣の刃は幅が広く、溝が彫ってある。フランク人のものと似ている。ルスの女は金属(鉄、銅、銀、金)の箱状のものを乳房につけている(鼈甲形のブローチのようなものと思われる)。夫の稼ぎがよいと、高価な金属でできていた。女達は首飾りもしている。

ルスの人々は不潔この上ない。人前で平気で大小便をする。事の後、食事の後に手を洗わない。河畔に仮屋を建て、10人から20人くらいの集団で住む。男達は数人の奴隷女を持ち、彼女達は売られる運命なのだが、妻の前で公然と性交渉をする。奴隷女を買いにきた商人が、事の終わるのを待たなければならないこともある。

毎日顔と頭を洗うのだが、洗い方が反吐が出るほど不潔だ。奴隷女が桶に水を入れてもってくる。まず一番位の高い男が、手と顔と髪を洗う。水の中で髪を梳く。最後に鼻をかみ、桶の中に唾を吐く。奴隷女が、桶を次の男に回し、彼が同じ事を繰り返す。家中の男が一つの桶で済ませるわけだ。(このシーンは映画に出てきましたよね。しかし、この描写はきっと誇張があると思われます。イスラムの人達は流水で洗うことを習慣としていましたから、たとえ一人の男から次の男にわたる前に、桶の水が入れ替えられたとしても、ファドゥランにとっては不潔に思えたのでしょう。)

西欧がイスラム文化の影響を受けたことは、高校の教科書にもよく出ています。イブン・ファドゥランの話を読むと、10世紀頃はイスラムが先進文化圏だったことが窺えます。

1492年に完結したイベリア半島の「再征服」は、文化的に劣る西欧が、先進のイスラムを追討した運動でした。トレドやコルドバなどのイスラム文化最先端の都市を手に入れたキリスト教徒達は、その文化の高さに驚いたことでしょう。

実は、アリストテレスの著作は、西ヨーロッパでは殆ど忘れ去られ、ビザンチン帝国でもプラトンに較べて軽視されていました。アリストテレスの著作を翻訳し、ヨーロッパ人に残したのは、イスラム教徒だと言えると思います。そして、アリストテレスの思想こそが、この後のキリスト教文化圏の発展の引き金になったのです。

参考サイト
http://www.vikinganswerlady.com/ibn_fdln.htm






最終更新日  2004.11.01 18:03:02
コメント(0) | コメントを書く

PR

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

cozycoach@ Re[1]:☆(05/11) tom☆さん 少なくとも国会と裁判所があるの…
tom☆@ Re:☆ 何を考えているんだ?って処トランプ氏、…
cozycoach@ Re[1]:ロシアゲートの始まり?(05/11) まろo3o1さん 認知症の可能性は一部で早く…
まろo3o1@ Re:ロシアゲートの始まり?(05/11) 「これをやったらどんな影響が出るか」と…
cozycoach@ Re[3]:私は泣いています(11/11) JAWS49さん 70年代から先はほとんど聴い…

バックナンバー

日記/記事の投稿

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.