523242 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

一語楽天・美は乱調の蟻

2016.02.14
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
老眼が始まって十余年、その間、僕のメガネは遠近両用レンズ、業界専門用語では累進多焦点レンズ(progressive lenses)という、遠用と近用部分の境目のないレンズを使っています。ここ数年、パソコン画面がどうも見え難く、そのためでしょうか、首や肩の凝りに悩まされていました。そこで今回訪日の際、遠くを見る部分を犠牲にしてでもパソコン画面を見やすいメガネを作ろうと、某メガネチェーンに相談しました。そこで紹介されたのが、中近レンズと近近レンズというタイプのレンズです。まず累進レンズがどういうものか見てみます。

レンズ

上に載せましたイメージ図でわかるように、累進レンズには遠くを見る部分、中間部、近くを見る部分というのがあります。この三つの領域の大きさは、メーカーのデザイン差があり、用途に合ったメーカーを選ぶことが重要です。僕の場合ですと、本を読み難くなるのを嫌なので、近用領域ができるだけ広くとれるように、メーカーを選び、更に遠用部をできるだけ上にあげてもらっていました(レンズのアイポイントを上にする)。パソコンを見る時は、中間部を使うようにしていました。しかし、図からわかるように、中間部というのは廊下状に細くなっているのです。その結果、パソコン画面が見難くく、疲れの原因となっていたのでしょう。

そこで中近や近近(近用ワイド)レンズが登場します。これらのレンズでは、遠用部分をできるだけ上にずらせたり、ほぼ取り払ったりしています。つまり、僕が、遠近レンズを注文する時にアイポイントをあげてもらっていたことを、最初からデザインとして採用している、ということになりますか。結局、遠用をほぼなくした近近レンズというのを購入、確かにパソコン画面はずっと見やすくなりました。もっと以前にこういうレンズを使っておけばよかった、と後悔しています。

しかし、メガネの購入はアメリカに比べて日本の方がずっと効率的かつ経済的ですね。

まず、処方箋の有無について日米で違いがあります、というか日本とカリフォルニアの違いといった方が正確ですね。アメリカでは州内諸事に関する規制は、州ごとに違いがありますので、以下に記すのはカリフォルニアの場合です。

カリフォルニアでは、メガネを作る時に<専門家>の処方箋がいります。<専門家>というのは眼科医でもいいのですが、オプトメトリスト(Optometrist、検眼士)というメガネの領域に特化された専門家がいて、メガネの処方箋を書くことが認められています。オプトメトリストになるためには、オプトメトリー専門の学位を資格のある大学で取得し(おそらく修士レベルだと思われます)、州の試験に合格し認可を受ける必要があります。処方箋を書くことが出来るからでしょうか、オプトメトリストは「ドクター」と呼ばれてます。ちなみに、本当のドクターである眼科医はOphthalmologistというややこしい単語で、これを覚えるのには苦労しました。

処方箋を出してもらうためには30分ほどの検眼を受けなければならず、オプトメトリストなら5000円位から、眼科医だと2万5千円以上かかるでしょう。医療保険やメガネ専門の保険があれば、それなりに安くなります。処方箋は通常2年くらいしか有効期間がないので、新しいメガネを作る時は大抵再検眼を受けることになります。その昔は処方箋に期限はなかったそうですが、おそらくオプトメトリスト団体からの圧力で期限を付けることになったのでしょう。なぜ2年になったのかは、連邦政府と圧力団体そして州政府の政治的な駆け引きの結果のようです。現在の州の規制では「少なくとも2年から4年以上の期限を付ける、但し特別な事情がない限り2年以下ではいけない」となっているので、法的には10年でも20年でもいいはずなのです。しかし、オプトメトリストにとっては、お客さんに再検査に来てもらい新規のメガネを購入してもらう必要がありますから、最低限度の2年とするのが普通のようです。

日本では処方箋は必要ないようです。眼科医から処方箋を出してもらうという方もいるでしょうが、メガネ屋で10分か15分でそれも無料で測ってくれるのですから、その方が経済的ですよね。

累進レンズの値段ですが、2013年にメガネ保険をもっている時に支払ったレンズ代は2万6千円(1ドル100円換算)、保険なしだと4万5千円という値札が付いています!レンズだけですよ、フレーム代は含んでいません。一方、日本で先月作成した近近レンズは1万円でした。メガネ保険を持っていたとしても、日本の方がアメリカに比べて2万円程安いということになりますか。






最終更新日  2016.02.14 10:06:59
コメント(2) | コメントを書く

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

cozycoach@ Re:電話会談文書の読み方(10/16) その後、電話会談の文書は完全なものでは…
JAWS49@ Re:電話会談文書の読み方(10/16) 木村太郎氏の論拠薄弱のご指摘については(…
cozycoach@ Re[1]:チューリング、1936年の論文 1(10/11) JAWS49さんへ 数学は(も)苦手なんです…
cozycoach@ Re[1]:サンティアゴの状況(10/26) JAWS49さんへ 明後日、チリのおじさんと…
JAWS49@ Re:サンティアゴの状況(10/26) お魚の美味しい国だそうですが 不満の根っ…

フリーページ

日記/記事の投稿


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.