489553 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

一語楽天・美は乱調の蟻

2019.01.27
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
前回書いたように、カレーニョ・ブスタは対錦織戦第5セットのスーパー・タイブレークで自滅した。審判の判定に納得がいかずその怒りと無念さに囚われてしまったからだろうと思う。カレーニョ・ブスタに限らず多くのスポーツ選手が陥る感情の罠だ。感情が昂揚すれば火事場の馬鹿力のような普段は出ないような力も出ることは確かだが、怒りや失望などの負の感情に囚われれば、歯車が狂って技術的な精度が落ちるといった、スポーツ選手にとっては敗戦の要因になることが多い。

大坂なおみが全豪オープンの決勝で優勝した後の記者会見で、21歳とは思えないことを語っていた。「(21歳という年齢でグランドスラムを2度続けて獲ったことに触れて)あなたは自分が年齢よりも大人だと思いますか?」と訊ねられた時だ。

大坂は、「時にそう思います。大人であるというより、自分を感情から切り離すことができる(being able to disassociate my feelings)ことだ」と言っていた。その例として、第2セットの失望について触れた。このセットで大坂はマッチポイントを3連続で逃し、その上自分のサーブをブレークされ5-5のタイになり、その後2ゲームを続けて失い、第2セットを落とした。大坂のフラストレーションと失望は誰の目にも明らかだった。この時大坂の対応は、自分の力を無駄にしないためにすべての感情を遮断することだった、と語った。確かに、続く第3セットでの大坂はまるでアンドロイドのようだった、落胆も喜びもほとんど見せず、淡々とプレイを続けた。

21歳でこれだけの洞察力を持っているというのは末恐ろしい。自分のことを振り返ると、僕がこれに近いことを意識したのは、まったく成長が遅くて恥ずかしい話だが、恐らく40代半ばだろう。それもスポーツの場ではなく、人生で幾たびか起きる失望や無念さから自分を守るために已むを得ずに喜怒哀楽というものを意識的に抑制しようという戦略だった。

場面は違うものの、大坂や僕の取るこういった戦略は、果たして人間としての幸せに通じるんだろうか?他のグランドスラムの優勝者に比べて、勝利の瞬間に大坂があまり感動していないように見えるのが、僕には気にかかる。敗者に対する思いやりからなのか、ほとんど喜びを爆発させない。感情を切り離した結果、人間としての喜びの溢れまでも失くしたのでなければいいが。






最終更新日  2019.03.23 12:57:39
コメント(2) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:感情から自分を解き放つ(01/27)   tom☆ さん
私も【もっと喜んでいいのにな~?】と感じました、何せチームの元へも行きませんでしたし・・・優勝したときくらい手放しで喜ぶ姿がみたいですよね。
 しかしもしかしたら今回はあまりにもカメラの密着が多くて、思うように素顔が出せない状況だったのかも~と思うような処が見えました。 表彰式から各国メディアのブースへ歩かされ・・その間に着替えも無し?・・でずっとカメラに撮られていました★  その所為かも知れませんよ。

 それと感情を切り離すと言うのが、実はカレーニョ・ブスタとの対戦で錦織にも見られました。 第3セットからの錦織はずっと笑顔もガッツポーズもあまりなく、2セットオールとしたとき微かに陣営に笑顔でしたがそれ以後はまるで無表情でした。 ですからタイブレークのあの場面でも全く動揺が見えません、カレーニョとは真逆・・・もしチャレンジでポイントやり直しになっても、あの時の錦織なら抗議もしなかったかな?と思うほどでした。 

 感情を抑えるのは良いことなのかどうかは個人に寄るのでしょうが、日本人的かなと思います。 もしセレナがそうだったら?ここまで勝ってなかったかも知れませんよ、良きに付け悪しきに付け彼女の強さは私には見苦しく感じる感情的な激しさから来るのかな~と思うので。 

 さてなおみちゃんはこの先どこまでいけるのか?? 次回の全仏を見てみましょう☆
(2019.02.02 23:10:23)

Re[1]:感情から自分を解き放つ(01/27)   cozycoach さん
tom☆さんへ

カメラの密着のせいという仮説はどうかな、と思います。というのは、なおみさんが勝った時に狂喜したという場面にはであったことがないからです(主にハイライトで見てるだけですが)。今回も、勝った瞬間はベースラインのところで数秒間うずくまっていただけでしたね。あれは安堵のようで、喜びではなかったようです。勝つのは当然だ、という確信のようなものがあるので、勝っても喜びが湧いてこない、という仮説はどうでしょうか?今後はパフォーマンスで喜びを表現するのも彼女の課題ですね。そうすると観客は盛り上がるでしょうから。

確かに、セリーナにあの超怒りの感情がなかったら、これほど優勝していないでしょうね。負けてはならないという食いしばる感情?何と呼ぶんでしょうか、あの感情と怒りとは同じ源泉から出てるんでしょうから、両刃の剣ですね。

コナーズとマッケンロー、あの二人も見苦しかった(と記憶してます)ですが、勝っていたので、観客は応援してましたね。セリーナも同様のようです。ただ、三人とも見苦しいだけではなく、潔さも合わせて持っていますので、そこである程度相殺されてるかもしれません。もちろん、ナダルやフェデラークラスの紳士ではありませんがね。


(2019.02.03 04:10:26)

PR

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

cozycoach@ Re[1]:専門書のリストラ(06/01) JAWS49さんへ 海女損ね、なんのことかと…
JAWS49@ Re:専門書のリストラ(06/01) 読書人ならではの奇譚ですね。 偽善者の最…
cozycoach@ Re[1]:古文読解(06/09) alex99さんへ 外国語に比べて日本の古文…
alex99@ Re:古文読解(06/09) 私も久しぶりにコメントさせていただきま…
cozycoach@ Re[1]:cozyさん☆(06/09) tom☆さんへ 誰の訳で読んだんですか?前…

バックナンバー

日記/記事の投稿


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.