733990 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

2021.12.13
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
大泉洋司会のSongsという歌番組に出演していた、二人組のユニット、Yoasobiをはじめて聴いた。ここのところ売れに売れているグループらしい。2年前に発表されたデビュー曲の「夜に駆ける」は、2020年の紅白でテレビ初披露となる前にすでにそのストリーミング視聴回数が1億回に達し、今年の8月頃には6億回を超えたとかいう怪物的ヒットだ。

「夜に駆ける」は確かにすばらしい。特にすごいと思ったのは、Ayaseの書いたメロディと曲構成そしてキーボードのアドリブ、ベースの(多分)やまもとひかる、ギターの(多分)Assh。やまもとひかるのユーチューブのビデオを聴くと、ほんとにすごい、こんなに速く、スラッピング奏法を交えて5弦ベースを自由に操る、これが現代のベースなのかと感心する。Ikuraの歌も音程がしっかりしていて細かく変化するメロディを見事にこなしている。彼女の声は、たとえばミーシャのように聴く者を圧倒するようなタイプではないが、このバンドのサウンドに溶け込んでいてとても心地よい。

曲構成は、通常のA-A-B-Aではなく、前半はA-Aを終えたところで、16分音符を散りばめたBが入り(いつだってチックタックと鳴る世界で何度だってさ、触れる心無い言葉うるさい声に涙が零れそうでも)、自然にCというサビに流れ込む。前半が終わるとキーボードのアドリブが入り、後半のAメロが一度流れ、そのあとに新しいラップ調のDメロが挿入される。もう一度アドリブとDメロが繰り返され、再び「チックタックと」のBメロに戻る。そしてCのサビが来るのだが、半音下げの転調が施され歌詞の流れに合わせてある。この後Cのサビがもう一度転調され、今度は短3度上げて登場しエンディングへと転がり込む。最後の2小節の歌詞は「二人今夜に駆けだしてく」だが、最終小節の3拍目でバッキングはピタッと止み、4拍目はIkuraの声だけで「てく」と意味深に呟かれ、次の小節でインストのバッキングが再開されエンディングで終了する。全般に短調のペンタトニックが使われて和の雰囲気を出している。

Yoasobiの面白さはその音楽と演奏だけではない。制作のコンセプトにある。

ユーチューブにあるインタビューやウィキペディアの記事によると、AyaseとIkuraからなるYoasobiが結成されたのは2019年10月。始まりは、「monogatary.com(モノガタリー)」(注1)のスタッフが、小説を音楽にするユニットを作ってみたいと発案し、Ayaseに声をかけてプロジェクトが始動したという。ボカロイド・プロデューサー(ボカロP、注2)だったAyaseは、シンガーソングライターとして活動していた幾多りらを発見し声をかけた。幾多りらはIkuraとして参加を決めYoasobiが生まれた。ユニット名のYoasobiはAyaseの命名で、二人のいままでの活動は「昼の仕事」として継続し、夜は遊び心でこのユニットのコンセプトを追求しよう、という発想だった。

映画音楽の場合だと、映画という媒体に従属する音、つまり映画が主で音楽は映画の効果を高めるための従という関係になる。小説を音楽にするというYoasobiのコンセプトは、小説の内容から新しく想像・創造される想念(心に浮かぶ思いの塊)を音楽化したものであると言える。原作に従属するものではなく、ある意味独立した想念だ。この音楽を聴く人は、もちろんそれ自体として聴くこともできるのだが、きっかけとなった小説を読むことで、二つの媒体(あるいは二つの想念)の相互関係から生み出される別の経験をすることが出来る。僕たちの心的生活では、これは珍しいことではなく、たとえば小説ダビンチ・コードの舞台になった寺院や彫像を訪れることで本の内容に現実の肉づけができ、逆に寺院や彫像を見方が変わるといった、相互作用によって読者の体験は変貌する。Yoasobiの場合、これを意図的に、システマティックに提供することで、視聴者の心的体験とSNSのコミュニケーションは誰も想定していなかった発展増殖を生み出すと考えられる(未知の領域を獲得する視聴者)。商業的にも成功することは間違いない。

「夜に駆ける」は星野舞夜の小説「タナトスの誘惑」を原作として発想された作品だ。小説というよりも、僕のような古典的な頭にはショート・ストーリーというほどの長さである(このサイトで読める)。タナトスとはギリシア神話の擬人化された死のことで、フロイトの精神分析では性の本能に対する死への衝動である。

主人公の青年・僕はLINEで「さよなら」というメッセージを彼女から受け取る。飛び降り自殺を予告する連絡で、これが初めてではない、もう四度目だ。そのたびに僕が思いとどまらせていた。彼女はタナトス、死の衝動に冒されている人間だった。なぜ必ず僕に連絡をくれるのか、もしかしたら僕に自殺を止めて欲しいのだろうか。「なんでキミはそんなに死にたいの」と訊ねる僕に、彼女は「死神さんが呼んでいるから」と答える。「もう嫌なの、早く死にたいの」と彼女は僕を突っぱねる。彼女の自殺を押しとどめようと繰り返されるやりとりに辟易した僕はとうとう、「僕も疲れた、僕だって死にたいよ」と思わず口にする。すると彼女が顔を上げてニッコリと笑った。心の中でどす黒いものが消える感覚がした。ああ、そうなのか、彼女が僕に求めていたのは、自殺を止めて欲しかったんじゃなくて、僕を一緒に連れて行きたかったんだ。そうして二人は夜空に向って駆けだした。

そう、少女はタナトスに冒されていた人間ではなくタナトスそのもの、つまり死神だったのだ。原作から誘発されたAyaseの詞を読んでみると、前半では「騒がしい日々に笑えないキミに思いつく限り眩しい明日を・・・怖くないよいつか日が昇るまで二人でいよう」と少女に希望を与えて守ろうとする僕がいた。ところが後半では「変わらない日々に泣いていた僕をキミは優しく終わりへと誘う・・・繋いだ手を離さないでよ、二人今、夜に駆けだしてく」、と僕はやっと理解する、毎日泣いていたのは自分だ、タナトスが優しくここから抜け出す道へと誘ってくれている、さあ夜に駆けだして行こう。僕の自殺、これがストーリーの結末だ。

ハリウッドの映画のパターンではよくこういうことが起きる。というか、ハリウッドの脚本家はどんでん返しの処方箋を知っていて、そのパターンに則ってシナリオを書いていることが多い。Yoasobiプロジェクトの元になっているショートストーリーは、ハリウッドのシナリオを小規模にしたものとも言える。Yoasobiの作業は、それをいわば音楽的に言い換える(paraphrase)ことのように思える。

普通、シンガーソングライター(あるいはプロの作詞家でもいいが)がストーリーや情景を書く場合、彼・彼女は自分の経験と読み聞きしたものそして自分の限られた想像力を踏み台とするしかない。これをもとにできた作品を広い層の視聴者に配信する、いわばトップダウンの配信スタイルだ。ところが、Yoasobiのプロジェクトでは、ストーリーの源は無限である、年齢も経験も関心も異なる広い層がどこかに投稿したものであり、ボトムアップ方式と言える。

たとえば、13作目の曲「ツバメ」の原作は、全国の子供たちから送られてきた中から選ばれた、乙月ななの「小さなツバメの大きな夢」だった。子供らしいピュアな理想主義で差別や所得格差を否定し小さな愛情で世界を変えよう、という主張が微笑ましく語られている。「僕らは求めるものも描いてる未来も違うけれど、手と手を取りあえたならきっと笑い合える日が来るから、僕には今何ができるかな。誰かが手に入れた豊かさの裏で、帰る場所を奪われた仲間、ほんとは彼も寄り添い合って生きてたいだけなのに。悲しい気持ちに呑み込まれて心が黒く染まりかけても、許すことで認めることで僕らは繋がりあえる・・・」

ツバメ
夜に駆ける

注1  monogatary.comは、ソニー・ミュージックエンターテインメントが運営する小説やイラストを中心とするソーシャル・ネットワーキング・サービス。

注2 ボカロPとは、これまた耳慣れない言葉だが、大雑把に言うと、自分の作ったメロディを音声合成ソフトに歌わせて曲をプロデュースし、それを動画投稿サイトに投稿する作曲家のことらしい。ボーカロイドはもともとヤマハが開発した音声合成技術だが、その技術を使った様々な応用製品のことも総称的に指すそうだ。






最終更新日  2021.12.13 05:40:12
コメント(12) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:プロジェクトYoasobi(12/13)   ranran50 さん
SONGSわたしも見ています。

YOASOBIの回も見ましたが、ぼぉ~っと見ているので何も考えていませんでした。

cozycoachさんから教えていただいて、初めて「タナトスの誘惑」も読んでみました。

読んでから聞くと、今まで感じていたのとは全く違う印象の歌ですね~。

わたしなんて、ビートが軽快だから、こんな重いテーマの歌だとは気づいていませんでしたよ~。

小説も面白かったです。 (2021.12.13 17:11:34)

Re:プロジェクトYoasobi(12/13)   cozycoach さん
>読んでから聞くと、今まで感じていたのとは全く違う印象の歌ですね~。

これですよね、このバンドの面白いところは、原作を読むと音楽の聴き方も変わってくる。それでもってこの原作の供給者は無限にいるわけですから、アイディア的には尽きることがないですよね。昔のフォークシンガーはほぼ私小説みたいなもんですから、話の内容はもう聞き飽きたことしかないんですよね。恋や別れの話をいろいろこねくり回して作品にする。

>こんな重いテーマの歌だとは気づいていませんでしたよ~

もちろん僕も気が付きませんでしたし、原作を読まずにはまずそこまで理解できないでしょう。あの番組で演奏した「大正浪漫」も原作があってストーリー的には結構面白いです。 (2021.12.13 18:11:12)

Re[1]:プロジェクトYoasobi(12/13)   ranran50 さん
cozycoachさんへ

原作を読まないで音楽だけでも好きになるけど、物語を読んでから聴くと印象が変わるって言うのはいいですね~。

「情熱大陸」でもYOSAOBIやってましたね~。 (2021.12.14 17:26:04)

Re[2]:プロジェクトYoasobi(12/13)   cozycoach さん
ranran50さんへ

情熱大陸ってTV Japanではあまりみかけません。多分やってないのでは?ユーチューブで探しましたが、直前のインタビューはありましたが、演奏の映像は見つからなかったです。残念! (2021.12.15 01:14:34)

Re:プロジェクトYoasobi(12/13)   ジェウニー1072 さん
凄く深い解説、ありがとうございます。
YOASOBI、よく聞くけど、どれが
彼らの曲か?いまいちわかってません。
Songsは、気に入ってる歌手のときだけ見てます。
YOASOBIの方が、たまたま、一昨日見てた、「題名のない音楽会」のショパンコンクールの4位入賞者の小林愛実さんの幼なじみとして、インタビューにでてきて、彼らが音大出身ということ知りました。基礎があるから、じょうずなのかな?と思ってました。が、そういうプロジェクトがあったんですね。 (2021.12.20 08:19:41)

Re[1]:プロジェクトYoasobi(12/13)   cozycoach さん
ジェウニー1072さんへ

Ayaseさんは昔ピアノをやっていたそうです。確か、X JapanのYoshikiさんもクラシックをやってたようですね。やはり幼少の頃に基礎を学んでおくと違うのかも知れませんね。しかし、Ayaseさんが音大出身だという話は聞いてません。ショパンコンクール4位の小林さんとは同じ小学校にいたとか、遊んだ記憶がある、というのはどこかに書いてありました。そのことかな?ジャズの人は音大出身の人が多いみたいですね。僕の好きなジャズピアニストのチック・コリアはジュリアードの出身です。Ayaseさんのキーボードの演奏は少しチック・コリアの「500マイル・ハイ」を思わせるような雰囲気がありました。 (2021.12.20 10:31:02)

Re[6]:プロジェクトYoasobi(12/13)   ジェウニー1072 さん
cozycoachさんへ
チック・コリア私も好きですよ。
残念ながら、おなくなりになってしまいましたね。
どこかのネットに書いてあったような気がしましたが、勘違いだったのかも。
ジャズピアニスト、音大出身者も確かに多いですね、
国府弘子さんは国立音大だったかな?地元に来てくれて小さな会場でジャズコンサート開催したときに見に行きましたが。、その時にチック・コリアのスペインを初めて知りました。
 チック・コリアさんは、若者の音楽育成にも力をいれてましたよね。全く音楽に疎いお友だちが、あさイチのゲストに出てたチック・コリアを見て、「とっても面白くて、むちゃくちゃ上手なピアニストだったー」と珍しく感動してました (2021.12.20 17:49:14)

Re[7]:プロジェクトYoasobi(12/13)   cozycoach さん
ジェウニー1072さんへ

え~そうだったんですか、今年の2月に亡くなった?!!知らなかった。最近は、僕が青春時代に好きだった人がどんどん亡くなって、いよいよ次は・・・という感じになってきました。コリアのReturn to Foreverは大学時代にいつも(というほど)よく聴きました。コリアのエレクトリック・ピアノはもちろんのこと、フローラ・プリムの楽器のようなボーカル、スタンリー・クラークの当時としては驚異的な流れるようなベース、フルートとサックスはジョー・ファレルでしたか、これも欠かせない。SpainはRTFの2枚目のアルバムでしたよね、Light as a Featherに入っていた。元はクラシックのアランフェス協奏曲の第2楽章から取ったイントロから始まるフラメンコ調の曲で、何度聴いても飽きませんね。マイルス・デイビスのSketch of Spainもよかったですね。 (2021.12.21 08:07:47)

Re:プロジェクトYoasobi(12/13)   JAWS49 さん
他の分野も勿論ですが coazycoachさんの音楽関係の分析に特に圧倒されます。Yoasobiをお好きとは意外でした。技巧面からその背景をきっちり語られるところが超越してますね。羨ましい才能。。。

私も「夜に駆ける」気に入っているのですが PromoVideo/アニメーションの不気味さが印象的です(=女の子の目のグジュグジュ。。。)
Yoasobiの手法はメディアミックス的マーケティングの成功例なんでしょうね。ミュージシャンのバックで動いているのはどういう人たちなのかちょっと興味あります(所属のS社はそういうの下手くそだと思うので余計に。)
ちなみに 藤井風くんの「何なん」とかはCozycoachさん的に如何ですか?

なお
恥ずかしながら 当方の脳内では謎の条件反射が起きるようで 毎回 Yoasobi という単語を目にすると 何故か Yakisoba に自動変換されてしまいます。
左脳の?バイオケミカル辞書ソフトを更新しなきゃいけませんかね(でも どうやって。。。) (2021.12.30 12:08:52)

Re[1]:プロジェクトYoasobi(12/13)   cozycoach さん
JAWS49さんへ

歳の背に山居(やまい)の気配忍び足

「夜に駆ける」はペンタが中心のメロディで好きですね。リズム的にはJawsさんの好みじゃないですか。Promo videoは見てません。僕の音楽分析なんて、まったくいい加減なものです。独断で切ってるだけです。藤井風の「何なん」、いいですね、ジャズのリズムと音階で、ミーシャのBelieve Meの雰囲気です。

>ミュージシャンのバックで動いているのはどういう人たち

monogatary.comは確かSミュージックの子会社でしたよ。

なるほど、yoasobiとyakisoba、近いですね。そういえば、この地ではおいしい焼きそばがないです。自分で作った方がよっぽどおいしい。日本で中華のおいしいのを食べたいですが、尾身クロンのお蔭で、次はいつ行けるのやら。 (2021.12.30 15:12:29)

Re[2]:プロジェクトYoasobi(12/13)   JAWS49 さん
cozycoachさんへ

忙しくしておりコメント返せないままでした。すみません。。
(関係ないですが今日は二年ぶりくらいかで東京駅そばのoazo/丸善に立ち寄りました。)

私のリズムの好みもきっちり推定していただき(しかも正解)これぞ 尾身 通しですね。
年明けからの予期せぬバタバタの毎日に(この記事に啓発されたこともあり)YouTubeで Yakisoba もとい Yoasobiの「群青」を聞いたりしてました。
*若い世代の若い世代なりの応援ソングみたいにもなっていて微笑ましかったです(おまけに頑張る年寄りも励まされるという。)
ちなみに「群青」で検索すると谷村新司による対照的なアレが出てきます。
Billy Joelの 「Just the way you are」を検索すると 現代世代の対照的なアレ(Superbowlにも登場した彼ら)が出てくる感じですかね。
*こちらはBJに不敬だと思えますが。

前のコメントに書き忘れたこと: 当方のバイオケミカル左脳辞書の誤変換は漢字にも及び KingGnuの「白日」の認識は 常に「白目(しろめ)」です。。。

くだらない 話も寒し 睦月の夜 (2022.01.24 01:01:58)

Re[3]:プロジェクトYoasobi(12/13)   cozycoach さん
JAWS49さんへ

「群青」の歌詞はいいですね、今の時代にピッタリの若者達への応援歌、50年前に耳にしていたら勇気づけられたことでしょう。ところで、この曲は紅白でやってましたが、いくらさんの歌はいまいちだったような気がします。声がやはり細すぎると思うんです。それでやや単調になってしまう。そこで、こんなビデオがあったので聴いてみてください。バラエティがあって面白いですよ。なかには、魅力的な声の人もいます。
https://www.youtube.com/watch?v=B0Np6hC8L_w

谷村新司の「群青」、はじめて聴きました。なんですかこの曲は、「昴」の続編ですか?彼は心の底から右に傾いているのですか?寒気がします。

Bruno Marsもはじめてです。ふつうの曲ですね。「Just the way you are」のような名曲のタイトルは<欠番>にするといいですね。これを「素顔のままで」としたのは名訳ですね。僕だったら「ありのままのキミ」とかってポシャッてますね。

King Gnuの「白日」もけっこういいです。これを「白目」と認識するとは、一度MRIを撮ってもらってください。 (2022.01.24 14:35:22)

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

cozycoach@ Re[1]:音物語 American Tune 3.(04/29) JAWS49さんへ あの頃のアメリカは歴史的…
JAWS49@ Re:音物語 American Tune 3.(04/29) 美しく儚げな、でもしたたかに強く、疲れ…
ななし@ Re:アインシュタインとマイケルソン・モーリーの実験(12/07) W.パウリ著「相対性理論」1974には「媒…
cozycoach@ Re[1]:音物語 American Tune 3.(04/29) ranran50さんへ >良くない出来事をきっ…

フリーページ

日記/記事の投稿

カテゴリ


© Rakuten Group, Inc.