000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

CPUを作ろう ~計算機教材とマイコンと電子工作~

キッチンタイマー

ちょっとしたPICの演習,公開講座,体験学習用にPIC12F629 を使ったキッチンタイマーを作りました.
パーツは,
ブレッドボード,電池・電池ボックス・電池スナップ,
PIC12F629,LED,圧電ブザー,スイッチ,抵抗1kと10kΩ
です.

出来上がりはこんな感じ.

DSC01807.JPG

動作は,
スイッチを押した回数で秒数設定.
スイッチを1回押すと10秒.(2回で20秒,・・・)

秒数設定後,2秒以上待つとLEDが早く点滅してスタート準備完了.
スイッチを押すとカウントを開始.
指定秒数経ったらブザーがなる.
スイッチでブザー停止,初期状態に戻る.

手書き回路図↓

DSC01814.JPG

プログラムリスト

#include "pic.h"
#include "delay.h"
#define TRIM 80 // trimming for delay time to 100us
__CONFIG(INTIO & WDTDIS & BORDIS & MCLRDIS);

main(){
// initialize
unsigned long cnt, i; // cnt: counter, i: etc
unsigned char f; // flag for the end of set process
TRIS0=0; // LED: GPIO0 for digital output
TRIS1=0; // BUZZ: GPIO1 for digital output
TRIS2=1; // SW: GPIO2 for digital input
CMCON=0x07;

while (1){

// reset LED, BUZZ and counter
GPIO0=1; // LED OFF
GPIO1=0; // BUZZ OFF
cnt=0; // reset counter

// set process
f=0; // count start flag
while (!f){
while (GPIO2); // wait for SW-ON
GPIO0=0; // LED ON
cnt+=10; // 10 sec plus
DelayUs(TRIM); // chattering off
while (!GPIO2); // wait for SW-OFF
GPIO0=1; // LED OFF
DelayUs(TRIM);

i=0;
while (GPIO2){ // count interval while SW-OFF
DelayUs(TRIM);
i++;
if (i>20000){
f=1;
break;
}
}
}

// wait for start-SW
while (GPIO2){ // wait for SW-ON
GPIO0=0; // LED ON
for (i=0;i<500;i++) DelayUs(TRIM);
GPIO0=1; // LED ON
for (i=0;i<500;i++) DelayUs(TRIM);
}

// count down process
while (cnt>0){ // count down cnt
GPIO0=1; // LED OFF
for (i=0;i<5000;i++) {
DelayUs(TRIM);
}
GPIO0=0; // LED OFF
for (i=0;i<5000;i++) {
DelayUs(TRIM);
}
cnt--;
}

// Timeout, BUZZ and LED ON
while (GPIO2){ // wait for stop
GPIO0=0; // LED ON
GPIO1=1; // BUZZ ON
for (i=0;i<10;i++) DelayUs(TRIM);
GPIO1=0; // BUZZ OFF
for (i=0;i<10;i++) DelayUs(TRIM);
}
DelayUs(TRIM); // chattering off
while (!GPIO2); // wait for SW-OFF
}
}

プログラムリストほか,MPLABプロジェクトファイルのダウンロード.

これを1クラス分,42個書込んで準備.

DSC01810.JPG



C言語ではじめるPICマイコン


やさしいPICマイコン電子工作パソコンとつないで遊ぼう



Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.