000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

CPUを作ろう ~計算機教材とマイコンと電子工作~

赤外線リモコン受信モジュール


赤外線リモコン受信モジュール

秋月で赤外線リモコン受信モジュールを買ってきました.
受信周波数38kHzで,誤動作防止の広域トラップ回路を内蔵しています,とのこと.
ブロック図を見ると,赤外線フィルタ,フォトダイオードとバンドパスフィルタ,波形整形回路,出力回路がはいっているようです.

IR1

早速実験!
モジュールには5V,GNDを接続し,GNDとOUT端子の間から出力を取ります.
電源を加えてオシロスコープに出力をつなぎ,テレビ用のリモコンからの出力を受信した結果です.
押した瞬間,コード化された信号が検出され,その後押し続けてもリーダ部のみ(よく見るとリーダの後に短いパルス,これは機種コード?)が出力されます.

IR2

お次は,赤外線LEDで送受信実験.

IR35

ファンクションシンセサイザで38kHzの信号を出します.

IR3

ところが38kHzでLEDの発光を変調しただけではだめ.定常的な信号は出力は現れませんでした.
つまりこれが”誤動作防止の広域トラップ回路を内蔵しています”ということですね.
LEDを振って見ると受光した瞬間だけ信号が得られる様子↓

IR4

なので,ファンクションシンセサイザで振幅変調をかけて見ました.

IR5

限界を見てたくなったので38KHzのキャリアを5kHzで振幅変調.
出力信号が過渡的な応答になりますが,ちゃんと受信はできました.

IR6

--追記--
よくみると,位相が逆転しています.オシロの設定を変えたつもりはないので,
信号の遅れでしょうか?確認してなかったので不明です.


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.