2339149 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

CPUを作ろう ~計算機教材とマイコンと電子工作~

3664でLCD表示


秋月のH8 Tiny I/O BOARDを利用してLCD表示

まずは,AKI-H8/3048のLCD表示回路のポート割り当てを調べた.ポート一つの0-5ビットまでを割り当てていた.

DCF_0058.JPG
(LCDのピンの合わせて信号を書き直したもの,本を読みながらメモ書き,見難くてすみません)

それをもとに,3664のI/OボードにLCD用のコネクタを増設してみた.
CN1は,電源を取れるので好都合,ということでP5の0-5ビットが同じならびになるように配線.
3048のボードはボリュームでLCDの輝度調整をしていたが,抵抗2本で代用.3048で適当な輝度に設定した後,テスターで抵抗値を測り,1kと10kΩの抵抗で分割することにする.

DCF_0041.JPG

DCF_0053.JPG

サンプルプログラムを探した.
熊谷研究室 仙台電波高専電子制御工学科(http://www.sendai-ct.ac.jp/~ckuma/)のページ内の
こちらのページ http://www.sendai-ct.ac.jp/~ckuma/micom/3664/testbd/testboard.html

「始める電気回路」様(http://www9.plala.or.jp/fsson/)のページ内の
http://www9.plala.or.jp/fsson/HP_elc/H8_12LCD.html
のサンプルプログラムを利用させていただき,ポートなどちょっと手直ししてLCD表示プログラムを作成,GDLでコンパイル.

DCF_0059.JPG
(LCDへデータを送る際のRSとデータの並び)

ライタでプログラムを書き込み,動作させるとLCDに ”Welcom to CPU4Edu ”と表示できた.

DCF_0042.JPG


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.