2347366 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

CPUを作ろう ~計算機教材とマイコンと電子工作~

はじめに


 中規模から大規模な(16ビット~)の計算機を取り上げたHDLによる設計及び実装の教材は,計算機を専門とする諸先生方が作られていますが,情報工学関連を専攻とする学生以外にとっては難解なようです.
 そこで,電気電子関連分野で計算機を専攻としない学生でも計算機の動作を概念的に理解してもらえるように,小規模(8ビット)でかつ簡単な応用までができる教材を作成してみました.

 最初に,動作を概念的に理解するため,Windows環境で動作をシミュレーションする8ビットの仮想計算機(K-COM)を作成しました.これは,簡単な演算から,入出力や,外部装置の制御までをシミュレーションできます.

 次に,電気電子工学分野では必須である論理回路の知識をもとに,論理ICを用いたK-COMの設計について解説しました.K-COMをいくつかのブロックに分け,論理ICを用いた各ブロックの作成と,市販の回路シミュレータを用いた動作例を示しました.各部ロックの動作検証の後,全ブロックを接続してK-COMを完成させます.



最後に,このページを作った経緯です.
このページの原型は,所属する学校の学科のページにおいていました.
自分が所属学科を移動することになり,ページの移動が必要になったことと,
学内の教材用サーバが閉じた場所にあり,そちらを使うことが推奨されていること,からいっそ外部においてしまおう,と思いました.
ほとんど自分で書いたページなので著作権に触れるところはないと思います.
(もし著作権上問題のある部分があったらご指摘ください.早急に対処します.)
なにより,日本国民の生涯学習に貢献できることを願って,日本語で記述されております!?
なぜ楽天かといえば,
メンテナンスが楽なこと.バックアップがしっかりされてそうなこと.
アフィリエイトリンクを貼る理由は,サーバーを無償で使わせていただくからには,楽天様の本来の目的であるネット通販に添う形にした方がいいだろう,ということ.そして,ちょっとお小遣い稼ぎ.
これが副業として問題になるかどうかは定かでないですが,少なくとも専門書の執筆などは問題ないので,大きく外れた行為がなければ良いのでは,と思います.
(これも問題あれば,ご指摘ください.)


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.