2470487 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

CPUを作ろう ~計算機教材とマイコンと電子工作~

Da Vinci 32U

ダ・ヴィンチ買ってみた。 2012年08月17日
こちら↓から買ってみました。
ダ・ヴィンチ32U with Arduino Bootloader
http://strawberry-linux.com/catalog/items?code=25005

CIMG6617.JPG

ストロベリーリナックスのページから、
ダ・ヴィンチ32Uに関するファイルをダウンロード、解凍。

USBでPCに接続。
ドライバのインストールが始まるが、途中でドライバが見つからずにインストールできず。
デバイスマネージャを開き、ドライバが未インストールのダ・ヴィンチU32のドライバを更

新。先ほど解凍したフォルダ内を選んでインストールを続けるとOK.

最新のArduino、2012.8現在ではArduino-1.0.1 をインストールしてある状態で、
ストロベリーリナックスのページで指定されている通り、Arduinoのフォルダ内のhardware

\arduino\boards.txt を解凍したフォルダ内の同名のファイルと置き換え。

Arduinoを起動。
マイコンボードから Da Vinci 32U を選択する。
シリアルポートは、Da Vinci 32Uを接続した時に追加されたポートを選択する。

スケッチの例のBasicsからBlinkを選択する。
その後、マイコンボードに書き込むボタンを押すとプログラムが書き込まれる。
赤いLEDはボードに電源が供給された時点で点滅を始めるので、動作は変わらない。
スケッチの中の、delayの時間を1000から200に書き換えて再度プログラム書き込み。
LEDの点滅スピードが早くなり、プログラムの書き換え、書き込みが確認できる。

赤色LEDはPC7に接続されている。デジタルピンの番号はD13に対応。
従来のArduinoとピン配置が変わっているので、検索したら以下のサイトに
ピン配置をまとめてあった。
http://djgj.sub.jp/TETRASTYLE/PDF/davinci2.pdf

参考にしたサイト
http://dev.tetrastyle.net/2012/02/leonardo.html
http://dev.tetrastyle.net/2012/02/32u-adk.html

その後、ボードにピンヘッダをハンダ付けして、ブレッドボードであれこれ実験。



Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.