000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

CPUを作ろう ~計算機教材とマイコンと電子工作~

AHDLによる設計

AHDLによる作成から回路のダウンロードまで


基本的な操作手順(AHDL入力)

1.ロジック設計
2.プロジェクト設定
3.コンパイル
4.デバイス設定
5.ピン設定
6.コンパイル
7.ダウンロード

*表記
斜体文字・・・ウィンドウ
[     ] ・・・メニュー
(     ) ・・・例




1.ロジック設計

1.1 Text Editorを開く

Max+plus2 Manegerで[File]-[New]をクリックする。

FILE_NEW.GIF


NewでFile TypeをText Editor fileに設定し、OKをクリックする。

text_editor.gif


1.2 AHDLで設計する。

Text Editor上で、AHDLを使って設計する

untitled_text.gif



1.3 ファイルを保存する

Max+plus2 で[File]-[Save As]をクリックする。

save_text.gif


Save Asでファイルを保存するDirectories:(例:c\maxplus2\max2work\ahdl)を選択しAutomatic Extension:を.tdfとしFile Name:(例:and2_ahdl)を記入し、OKをクリックする。

save_ahdl.gif



2.Projectを設定する

Max+plus2 で[File]-[Project]-[Set Project to Current File]をクリックする。

set_project_ahdl.gif



3.コンパイル

Max+plus2 で[Max+plus2]-[Compiler]をクリックする。緑色のトップバーにコンパイルする
Project名が表示されます。(例:c:\maxplus2\max2work\ahdl\and2_ahdl)

set_compiler_ahdl.gif


Compiler でStartをクリックします。

compiler_ahdl.gif


このメッセージがでたらOKをクリックし、次にすすむ。

downsok_msg.gif


このメッセージがでたらOKをクリックし、Compiler を閉じ
2.AHDLで設計する。に戻り、間違いを訂正する。

downfailure_msg.gif



4.デバイス設定

Max+plus2 で[Assign]-[Pin/Location/Chip]をクリックする。

assign_ahdl.gif


Pin/Location/ChipでAssign Deviceをクリックする。

pin_device_ahdl.gif


DeviceでDevice Family:をFLEX10Kに、Devices:をEPF10K208-3に設定し、OKをクリックする。

DEVICE.GIF



5.ピン設定

Pin/Location/ChipでSearchをクリックする。

pin_device_ahdl.gif


Search Node DatabaseでListをクリックし、Names in Database:から設定するピンを選択し、OKをクリックする。

search_nododatabase_ahdl.gif


Pin/Location/ChipでChip ResourceのPin:とPin Type:でピン設定し、Addをクリックする。
(例:FPGAボードの回路図を参照し、トグルスイッチの1つを入力に割り当てた。)

pin_add_ahdl.gif


Pin/Location/ChipのExisting Pin/Location/Chip Assignments:にピン設定データが表示される。
引き続きSearchをクリックし、同様に残りの入出力ピンの設定を行い、OKをクリックする。
(例:FPGAボードの回路図を参照し、入力にトグルスイッチを出力にLED接続端子を割り当てた。)

pin_set_ahdl.gif



6.コンパイル

Max+plus2 で[Max+plus2]-[Compiler]をクリックする。
緑色のトップバーにコンパイルするProject名が表示されます。(例:c:\maxplus2\max2work\ahdl\and2_ahdl)

Compiler でStartをクリックします。

COMPILER.GIF


このメッセージがでたらOKをクリックし、次にすすむ。

downsok_msg.gif


このメッセージがでたら、いいえをクリックします。

notfitted_msg.gif


このメッセージがでたらOKをクリックし、Compiler を閉じ 7.デバイス設定、8.ピン設定に戻り、間違いを訂正する。

failure_msg.gif



7.ダウンロード

Max+plus2 で[Max+plus2]-[Programmer]をクリックする。

set_programmer.gif


このメッセージがでたらOKをクリックし、Max+plus2 で[Options]-[Hardware Setup]をクリックする。

nohard_msg.gif


Hardwar SetupでHardware Type:をByteBlasterに、Parallel Port:をLPT1:に設定しOKをクリックする。

hardsetup_win.gif


ダウンロード用ケーブルをプリンタポートとFPGA基板に接続し、FPGA基板電源をONにする。
ProgrammerでConfigureをクリックする。

set_programmer.gif


このメッセージがでたらOKをクリックし、基板で動作検証をします。

downok_msg.gif


このメッセージがでたらOKをクリックし、ケーブルと電源を確認し再度Configureをクリックする。

notfitted_msg.gif



Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.