2008年11月06日

幸せと不幸せの比べっこ

(10)
カテゴリ:カテゴリ未分類

最近、とってもいい事があったのですがきらきら、同時にいや~なこともわからん
単なる愚痴です。

人ってなんで、妬んだり恨んだりするんだろう?
人が妬ましく思えるのは、自分が与えられているものが見えてなくて自分に無いものばかり意識するからだと思う。
今、与えられているものに感謝の気持ちがあれば、自分が持っていないものを持っている他人のことばかり妬む必要もなくなると思うんだけどな。
悲劇のヒロインになりたいのかと思うくらい、自分は不幸だ不幸だという人を見ていると、その人がどれだけ恵まれているのか教えてあげたくなる時がある。
生きている、それだけで幸せなことなのに。
自分が不幸だと思っている間は、たぶん幸せは訪れないんじゃないかなって思う。
後ろ向きに歩きながら「前に進みたい」って言ってるみたいなもんだと思う。

不幸の度合いを比べたり、障害の重度を比べたり…。
私には理解できないけれど、それもその人に言わせれば、私は幸せだから理解できないんだと…。
私から見れば、その人はとっても幸せ。
でもその人から見れば、私の方が幸せなんだって。
そんなの比べてどうするんだろう?

不幸とか幸せとかって、天秤ではかるものじゃないと思うんだけどな。
比べたがる人って多いんだな…。

色々あるけど、それも学びの機会だと思って受けとめます。
私はどんなに苦しい状況におかれても、今自分が与えられているものへの感謝の気持ちは忘れずにいたいと思います。
それは、MOMOさんが教えてくれた大切なことだから。
がんで余命を宣告されても、彼女は自分を不幸だとは決して思わなかった。
むしろ、自分の人生がどれだけ幸せだったか、それを語っていた。
そうやって最期を迎えた彼女を見てきたからこそ、私は、幸せでありながら自分を不幸だ不幸だと言う人を見ると、とても残念に思うのです。

それを病気のせいにしたり、言い訳をするのも私には卑怯だと思える。
誰でもネガティブな思考に陥ることはあるし、うつだったりするとなおさらそうなってしまうのは分かるけれど、たとえうつの人でも自分の病気を絶対に言い訳にしたりはしない。
自分はひょっとしたらただ甘えているだけなんじゃないか、とひたすら葛藤しながら、病と闘っている友達を何人も見ているから
「私は病気だから、仕方ないの」
と開き直っている人をみると、ちょっと違うんじゃないかと思ってしまう。。。

でもまぁ、色んな人がいるんだよね。。。。
いちいち気にしていても仕方ないんだけど。
これまで周りがどれだけ色々言おうと私だけは信じようと思っていたのが、やっぱり周りが言ってた通りなのかな…と思うと結構残念な私なのでした。

不幸だ不幸だと言ってるその人も、幸せになれるといいんだけどね。
それは本人次第だと思うんだけどなっ。。。






TWITTER

最終更新日  2008年11月06日 23時05分32秒
コメント(10) | コメントを書く