2009年03月06日

減感作療法のその後

(2)
カテゴリ:カテゴリ未分類

子供の頃からアレルギー性鼻炎&アレルギー性結膜炎がひどい私。
ハウスダストアレルギー歴はかれこれ30年。
スギ花粉アレルギーも大人になってからデビューしてしまいました。

これを治すべく、去年の4月からアレルギーの減感作療法を始めたのデス。

自分がアレルギーを持っている物質を少しずつ身体に入れていき、だんだん濃度を上げて少しずつ体質を慣らして行くというもの。

2週間に1回注射を受けに慈恵大病院に通っていたのですが、妊娠してからは月に1回になり、今は安全を考えて濃度を増やすことなく、最後に受けた注射と同じ濃度を維持している状態です。

もうすぐ1年くらいになるので、先月採血と鼻水の採取をしました。

先日また維持量の注射を受けに行ったのですが、その時にオドロキの報告が。


先生「先月の血液検査の結果なんですけど、抗体が半分に減ってるんですよ」

私 「それは、効いてるってことですか??」

先生「そうですね。特にスギ花粉に関しては陽性から疑陽性のレベルまで減ってます。アレルギーと呼べるかどうか…という所まで良くなっているということです。」

私 「おおお~」

先生「まだ濃度はかなり薄いので、たったこれだけの治療でここまで効果が出ているのは珍しいです。出産したらまた濃度を上げて治しちゃいましょうね。」



やった~!!大笑い


頑張って通った甲斐がありました…ってこれからが長いんだけどね。
アレルギーが治ったら、QOLがかなり改善します。
うう~ん、楽しみきらきら

そして病院の帰りに新橋の駅に行ったら、日テレアナウンサーの葉山エレーヌさんを見かけました。
日テレ方面から歩いて来たので、間違いないと思います。
私は普段は有名人が歩いていても気付かない鈍感人間なのですが、すごい人ごみの中でも葉山エレーヌさんには気付きましたちょき
真正面から歩いてきたというのもあるけれど、とってもキレイな方だったのできらきら
ほぼスッピンだったと思うのですが、まつ毛がすごく長くてキレイでした~。

化粧しない方がかわいいかも?






TWITTER

最終更新日  2009年03月06日 13時58分27秒
コメント(2) | コメントを書く