1297413 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

くれーじーくえいる ぶろぐ

全1525件 (1525件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2016.03.30
XML

<↑"小松カーブ"を通過する宇和島行き特急しおかぜ/いしづち9号。
管理人的には生で見る最後の2000系アンパンマンになるかな?>


 去る26日に実施されたJR各社のダイヤ改正。巷では北海道新幹線の開業が大きな話題になってましたが、我が地元のJR四国でもダイヤ改正が実施されました。
 今回のJR四国のダイヤ改正では、2000系特急形気動車の特急『しおかぜ』『いしづち』運用からの撤退および宇和島−高松/岡山直通特急の消滅と、新鋭8600系電車の特急しおかぜ運用開始、8000系アンパンマン列車デビュー等が主な目玉ですが、調べてみると他にも、国鉄キハ47形気動車が予讃線定期運用から撤退、6000系電車が本四備讃線(瀬戸大橋線)運用に復帰等々と色々動きがあったようです。

 さて、せっかくの機会なので管理人は25日に特急しおかぜ/いしづちとしてのラストランを迎える2000系気動車の姿を撮っておこうと思い立ち、久々に撮り鉄の真似事に挑戦してみることにしました(笑)とはいえ、本当のラストランになる下りしおかぜ/いしづち21号は夜間のため流石に撮るのは断念し、上りと下りの最初の便を地元で撮るのに留めました。
 まず、JR伊予西条駅の高松側手前にある大町踏切付近で午前中に上りしおかぜ/いしづち10号を撮影。その後、昼過ぎにJR小松駅と玉之江駅間の大きなカーブ区間に移動し、下りしおかぜ/いしづち9号を撮影して〆としました。この"小松カーブ"はちょっと行きにくいものの、曲がる車両の動きがよく撮れるなかなかのポイントのようですね。

 なお、今回の改正により予讃線の2000系は松山−宇和島間での運用のみとなり、2000系アンパンマン列車も同区間では3両を残すのみとなります。他の2000系は順次元の四国カラーに戻されて土讃線の特急『南風』に充当されるようです。管理人は2000系が予讃線電化区間から完全撤退すると思ってましたが、後で調べてみたら早朝と深夜に高松−伊予西条間を結ぶ特急『モーニングEXP高松』『ミッドナイトEXP高松』は引き続きN2000系気動車で運用されるようなので、あくまで特急しおかぜ/いしづちからの運用撤退だけのようですね。
 JR四国のエースの座からは降りるものの、引き続き特急車両の主力として運用されると思われる2000系ですが、先頃発表されたJR四国の本年度事業計画では"2000系の後継となる特急形気動車の新製"が盛り込まれており、終わりの時は少しずつ近付き始めているのかもしれません・・・・






Last updated  2016.03.31 01:05:37
コメント(0) | コメントを書く


2016.03.23

<↑展示会のためJR松山駅3番ホームに入線する8000系アンパンマン列車。
まさにアーンパーンチが迫ってくる構図(笑)>


 2000年10月のデビュー以来、今やJR四国の顔としてすっかりお馴染みになった『アンパンマン列車』。これまで2000系特急形気動車のうち18両がアンパンマンのラッピングを纏って運用されてきましたが、来る26日のJR四国のダイヤ改正で予讃線の特急『しおかぜ』『いしづち』運用から2000系が撤退するのに伴い、後継として新たに8000系特急形電車のアンパンマン列車が登場します。
 そして、今月4日にアンパンマン列車となった8000系が報道にお披露目され、続いて5日に岡山、6日に高松、そして12日に松山の各駅にてそれぞれ展示会が開催されました。管理人も12日の松山での展示会を見学してきました。

 恐らくかなりの人出になるだろうと予想して早めに西条を出発し、1030頃にはJR松山駅に着きましたが、予想通りすでに駅前にはかなりの行列ができはじめていました。あまりの人出のためか、当初予定より早めて整理券配布を開始し、予定通り1130に3番ホームに8000系アンパンマン列車を迎えました。また、反対側の1番ホームには特急『宇和海』の2000系アンパンマン列車も到着し、図らずも新旧アンパンマン列車が松山駅に集う機会となりました。
 新生アンパンマン列車は、8000系電車のうちしおかぜ用のL3編成(5両)といしづち用のS3編成(3両)の計8両1編成ですが、お披露目時点ではS3編成はまだ改装中で、今回の展示会はL3編成のみとなりました。外観はアンパンマン世界の"5色の虹の架け橋"を基本コンセプトに、アニメ版アンパンマンのお馴染みのキャラクターたちと四国各地をイメージしたオリジナルキャラを配置したデザイン。内装は1号車指定席にアンパンマンシートを設定し、デッキ・洗面台・トイレもアンパンマンデザインとする一方、1号車グリーン席は装飾なし、2〜8号車は天井のみアンパンマン装飾として一般の利用者にも使いやすいデザインとなっています。
 今回の展示会では車内の公開は1号車のみでしたが、アンパンマンシートとデッキ・洗面台・トイレは2000系を凌ぐ派手さです(笑)まぁ一般の利用者が割り当てられることはないよう配慮されるんでしょうけど、万一配されてしまったら居心地悪いことこの上なさそう・・・(苦笑)
 管理人は1300頃に撤収しましたが、1230の展示会終了時刻になってもまだホームから駅前までかなりの行列が残っており、管理人が引き上げるのと入れ替わるように車内見学を打ち切って外側のみ見学とするアナウンスが聞こえていました。

 今回は8000系アンパンマン列車がメインでしたが、他にも東予方面では見ることのない2000系試作車(TSE)やキハ185系の一般車改造車、生で見るのは去年以来となる新鋭8600系電車、先月から運行開始した南予キャラクター列車『おさんぽなんよ』等々、色々収穫のあった一日でした。






Last updated  2016.03.31 00:20:11
コメント(0) | コメントを書く
2016.03.20
 結局2月は一回もブログを更新せず・・・やっぱツイッターとふたばは時間泥棒だぜフゥーハハハハー(何


<↑観閲行進のトリを飾る第14戦車中隊の74式戦車。このアングルから撮るのは初めて>


 まぁそんなわけで随分と後出しになってしまいましたが、去る今月6日、管理人は徳島県阿南市那賀川町にて開催された陸上自衛隊徳島駐屯地開設4周年記念行事の見物に出かけてきました。
 当方にとってはこれが今年の自衛隊広報イベント行脚の一発目。また、去年の徳島駐屯地の行事は仕事で行けなかったので一年ぶりの訪問となります。

 早朝0530頃に西条を出発して徳島道経由で徳島入り。0830頃には徳島駐屯地に到着しましたが、正門前は早くも入場待ちの一般車の車列が・・・幸い、早めに出たのが功を奏して今回は駐屯地内に車で入ることができました。
 去年の記念行事から、記念式典後の観閲行進では希望する一般見学者にもグラウンド内の指定位置に入っての撮影が許可されたそうで、管理人も当然参加。善通寺辺りと比べると規模が小さい駐屯地ならではなのでしょうが、普段なら広報担当者か報道関係者しか利用できないアングルで撮影できるのはいいですね。
 その後の模擬戦闘訓練展示では、これまた去年から追加されたという携帯放射器(火炎放射器)による敵トーチカの制圧が披露されましたが、今回は種火が上手く着火しなかったらしくグラウンドに燃料を撒いただけで終わってしまいました(苦笑)個人的には、以前のように地雷原の啓開作業なんかもあった方が施設科部隊らしい気もします。
 あと、訓練展示で攻撃部隊として参加した第15普通科連隊の一部の隊員が新型の防弾チョッキ3型を着用しているのを初確認。去年辺りから国内外の訓練や駐屯地イベントで見かけるようになっていますが、四国の片田舎の部隊でも見られるようになった辺り、更新スピードの速さを感じますね。
 訓練展示後はグラウンド奥で装備品展示を見て回りましたが、今回は74式戦車の体験試乗ルートの都合により、事前に設置されている07式機動支援橋の近くには行けなかったのが残念です。
 今回の装備品展示等に登場した装備品は以下の通り(カッコ内は保有部隊 明記ないものは14施)

<装備品展示>
*車輌
・軽装甲機動車(第15普通科連隊第3中隊)
・カワサキKLX250R 偵察オートバイ(同斥候小隊)
*施設科装備
・掩体掘削機
・道路障害作業車
・資材運搬車
・バケットローダ
・中型ドーザ
・グレーダ
*火砲
・FH-70 155mm榴弾砲(第14旅団第14特科隊第1中隊)
*用廃展示品
・74式戦車
・MDヘリコプターズOH-6Dカイユース
<体験試乗>
・74式戦車(第14旅団第14戦車中隊)

 今回は施設科部隊らしく施設機材がメインだったのはいいんですが、反面、装甲車両や小火器の展示がなかったのがちょっと寂しい限りでした。

 出発時に雨が懸念された天気も、蓋を開けてみれば昼頃に多少ぱらついた程度ですみ、まずまずのイベント日和になってくれました。ただ、風が強かったのは少々辛かったです(苦笑)



 さて、来月には陸自善通寺駐屯地にて第14旅団の創隊記念行事が予定されてますが、今回は旅団創隊10周年という節目の年だけあって、二つの大きな目玉が用意されているようです。
 一つは市中パレード。管理人が善通寺に通うようになってからは初の試みですが、ポスターを見る限りではパレードといっても駐屯地前の路上を善通寺から進んでくるだけっぽいので"市中"とは言い難い気もしなく・・・(笑)
 そしてもう一つ、恐らくこちらが一番の目玉になると思われますが、機動戦闘車の試作車両の展示有! 同日に九州で開催される陸自北熊本駐屯地の創立記念行事と同時に展示されるようですが、どのタイプの試作車が来るのか、訓練展示に参加するのか等々、今から楽しみすぎますね。






Last updated  2016.03.30 23:12:35
コメント(0) | コメントを書く
2016.01.25
カテゴリ:雑感などなど

<↑天気が悪くなる前に玄関先で試着してみたインバネスコート。
んーもうちょっと背が高ければ似合ってたかもしれない(笑)>


 40年に一度の寒波到来といわれた去る23日の午前、数日前に楽天市場で購入したある物が手元に届きました。管理人が以前から欲しいと思っていた衣服の一つ、インバネスコートです。
 英スコットランドのインヴァネス地方発祥とされるこの衣服は、丈長のコートとケープを合わせた形状が特徴で、シャーロック・ホームズのトレードマークとして知られています。日本では明治中期に伝わったといわれ、特に袖無しの長いケープを備えたタイプが"和装に合うコート"として人気を博し、細部の形状の違いからとんびコート二重回し等々の名称で呼ばれるようになりました。
 和装なんぞ持っていない管理人が何故この衣服に興味を持ったかというと、押井守監督の映画『立喰師列伝』で"月見の銀二"を演じた雑誌編集者の吉祥寺怪人氏が、故天本英世の人生観に憧れてインバネス姿で吉祥寺を放浪していたという話を映画のパンフで見たのがきっかけでした。もっとも、後で調べてみると、実際に天本氏が愛用していたのはインバネスなのかコートなのかよくわからなかったりしますが(笑)
 以来、何度となくWebで商品を検索しては買うのを断念するのを繰り返していたのですが、今回ようやく思い切って購入に踏み切りました。個人的には袖ありでケープが外せるタイプの方が日常使い向きかなと思って探してみたのですが、オーダーメイドでお値段6桁に達する商品しか見つからず、色々探した末にハイネックなデザインが気に入ってこれにした次第です。

 届いたその日の内に室内でちょっと試着してみましたが、実寸で着丈約123cm・胸囲約128cm・裄丈約90cmとゆったりしたサイズで、3L以上が必須な管理人の図体でも余裕を持って着られます。でも、この丈長では地面がぬかるんでる時には着たくないですね(笑)あと、ケープが首回りに付いている構造のためか見た目以上に結構ヘビーで、着慣れるまでは首が疲れそうです。素材は綿100%ですが裏地が全面にあり充分に暖かいです。ただし、袖無しのため両腕周りが多少寒くなるのは致し方ないところ。
 しかし、個人的に実物を手にする前から思っているインバネスの一番の難点は、その特徴的なデザイン故に着る場面の選択と着こなしのセンスを要求されそうなことでしょうね。正直ファッションには無頓着な自分ですが、少なくともこれに野球帽やスニーカーが合わないのだけはわかります(笑)元々洋装なのだから洋服と合わせて着ても本来なんら問題はないはずですが、日本では和装に合うコートとして定着した分、昔と違って和装を日常生活で見る機会が極端に少なくなった現在では、この服は日常使いするにはいささか目立ちすぎるきらいがあるように感じます。ま、周囲の目なんぞ気にせずに堂々と着ればいいだけではあるんですけどね(笑)

 そんなわけで、実際に外出でインバネスを着るのは正月の初詣とか2月の椿まつりの時くらいになるかもしれません。3万円近く出して買った割りにはちょっと勿体ない使い方かも・・・(苦笑)あと、合わせる帽子と靴もいずれそれなりの物を揃えたいところです。



<楽天アフィリエイト/さわんアジア衣料雑貨店>






Last updated  2016.01.31 16:25:23
コメント(0) | コメントを書く
2016.01.17
カテゴリ:料理の下手人

<↑購入したばかりのレコルト・ソロカフェで早速コーヒーを淹れてみる。
メッシュフィルターは紙ゴミは出ないけど割と手間だよねぇ・・・>


 味音痴のくせにここ数年コーヒー器具に妙に凝ってレンズ沼ならぬコーヒー器具沼に陥っている管理人ですが(苦笑)、数杯分の作り置きはせずその時飲む一杯だけ淹れているため、現在出番の多い器具はハンドドリップ用のサーバーとフレンチプレス、たまにサイフォンという具合。昔カタログギフトで入手した5〜6人用のコーヒーメーカーも手元にありますが、今はほとんど使っていない状態です。
 そんな中、最近気になっていたのが1〜2人用の小型コーヒーメーカーで、年が明けてからの今月8日に思い切って購入しました。

 今回購入したのは、1〜2人用の小型調理家電を多数ラインナップしているレコルトのソロカフェという商品。最大でカップ1杯分(最大水量180ml)程度を淹れられる仕様で、フィルターには洗って繰り返し使えるゴールドメッシュタイプを採用、フィルターを載せるホルダーと水を入れるタンクが一体化して取り外せるカセット方式になっているのが特徴です。
 なお、今回の商品は楽天市場の通販ではなく松山のいよてつ高島屋内にある東急ハンズ松山店で購入。楽天市場では送料込でもハンズでの店頭価格とまったく同じな所が多く、自宅に届くのとポイントの有無以外に通販で買うメリットがあまり感じられなかったので、今回は店頭で直接買う方を選びました。
 買った当日に帰宅後早速使ってみましたが、コンパクトな見た目に似合わずちゃんとしたコーヒーメーカーになっていて、流石に自分でハンドドリップするよりはかなり楽ですね(笑)電源が自動で切れないのは数少ない難点の一つですが、湯が切れた時の蒸気音が丁度いい合図になるのでそれほど不便は感じません。付属品のダブルウォールグラスは底が丸いので微粉が溜まりやすく、プレスで淹れたコーヒー用にも使えそうです。管理人はできるだけ同じ食器を2個揃える主義なのでもう一つ欲しいところですが、楽天で扱っている別売品は少々お高い・・・マシンの値段が少々高めなのも値段の1/5くらいはグラスなんだろうなと思えばちょっと納得できるか(笑)
 ただ、メッシュフィルターはプレス式と同じくその構造上微粉が混じってしまうのが好みの分かれるところで、抽出後の粉を捨てて掃除するのも意外と手間がかかります。楽天市場での商品レビューを見てみると、手入れしやすいようペーパーフィルターを使っているユーザーも結構いるようで、管理人も後日試してみました。手元にあるサーバー用の2〜4杯用フィルターではホルダーに収まるよう上側を切り取る必要がありましたが、後で近所の100円ショップで買ってきた1〜2杯用フィルターならそのままホルダーに収まり、抽出もまったく問題ありません。豆の味に拘る向きには邪道かもしれませんが、便利さには勝てませんね(笑)

 とまぁ、こうして管理人のコーヒー器具沼に新たな生贄が一つ投下されてしまったわけです(爆)



<楽天アフィリエイト/ギャラリーワン>

レコルト SLK-1 ソロカフェ
価格:5,400円(税込、送料込)







Last updated  2016.01.18 02:55:56
コメント(0) | コメントを書く
2016.01.11
カテゴリ:日常あれこれ
 ・・・もうすでに松の内はおろか鏡開きにまで達してるんだけどとりあえず(苦笑)

謹んで新年のお慶びを申し上げます


 いやーやっぱりツイッターやってるとそっちばかりにかまけてしまってブログの方が疎かになってしまいますね(笑)

 まぁそれはともかく、先月28日〜今月4日まで年末年始休みだった管理人。例によって大晦日の夜はNHK紅白歌合戦を見て過ごし、元日早朝に松山の道後温泉本館まで初風呂に出かけるという毎年恒例のパターンで過ごしました。
 ちなみに、大晦日の年越しそばは初の麺の手作りに挑戦してみましたが、結果は麺が切れてボロボロという残念な結果に・・・また水回しが悪かったのか、それとも製麺機で切ってから茹でるまで長く置いてたのがいけなかったか?

 明けて元日の早朝には松山へ出発しましたが、0500に起きる予定が今回はちょっと寝坊してしまい、道後に到着したのは0800過ぎになってしまいました。なんか年明けから要領が悪いです(苦笑)
 まぁ何はともあれ、道後温泉本館の神の湯二階席で初風呂を楽しんだ後は松山市内の長兄宅を訪問。お雑煮とコーヒーのご相伴に与った後、1050頃に姪たち二人と一緒に近所の伊豫豆比古命神社(椿神社)へ初詣に出かけました。去年は亡父の喪中で行かなかったので久々です。
 そして昼頃に長兄宅を後にして、そのまま今日のもう一つの目的地へと移動。実は元旦からの正月三が日と1/8〜11まで松山市大可賀のアイテムえひめにて『トミカ博in愛媛』が開催されており、松山へ出かけるついでに行っておこうと思っていたのです。
 愛媛でのトミカ博開催は2013年以来約3年ぶりですが、この手のイベントを三が日に開催するのはなんか珍しいですね。
 "トミカタウンからトミカがきえた!?"というイベントタイトルの通り、今回は警察車両トミカを使用したアトラクションや展示がメインになっています。中でも個人的に管理人が注目したアトラクションがこちら↓


 5分おきに『トミカ警察、緊急出動!』のアナウンスと共に上から下へと大量のパトカートミカが滑り降りてくるアトラクションですが、アングルによっては何だか昔の刑事ドラマ『西部警察』のOP/EDで出てくるパトカー路上大行進を彷彿とさせる光景です(笑)後で帰宅してからツイッターにこの画像と共にツイートしたところ、現時点で657ものRTをもらっており、みんな考えることは同じなんだなぁと(爆)
 あと、今月30日から全国東映系で公開予定のあぶない刑事シリーズ最終作『さらば、あぶない刑事』にちなんだ展示もあり、トミカリミテッドヴィンテージシリーズから来月リリース予定の、過去のあぶ刑事シリーズを代表する劇中覆面車である日産レパードの劇中登場モデルや、今度の映画で覆面車として登場する日産GT-R R35等々のモデルが紹介されています。
 ただ、個人的には物販コーナーにトミカリミテッドから出ている90式戦車が見当たらなかったのが少々残念でした。まぁあっても買う金ないんですけどね(苦笑)

 そして翌日2日は、地元の伊曽乃神社へ初詣ついでに、毎年の恒例行事である地元の田宮流居合術保存会による居合術奉納の行事を見学してきました。今回は地元のCATVの取材が入っていたようで、例年よりも大勢の参加がありましたが、奉納神事の後の恒例である巻き藁斬りの実演が今回はなかったのが残念・・・


 とまぁ、松山に出かけた以外は適当に買い物などしつつのんびり過ごした年末年始でした(笑)
 今年も多分ツイッターがメインになってここの更新は滞りがちになるかもしれませんが、まぁお付き合いいただけるならば幸いです。

 本年もよろしくお願いいたします(_ _)








Last updated  2016.01.12 15:46:15
コメント(0) | コメントを書く
2015.12.31
カテゴリ:日常あれこれ
 気が付けば2015年も今日で最後。管理人は28日に仕事納めし、来月4日まで年末休みです。去年に比べると長めですが、これでもまだ仕事が入って短くなった方で、当初は職場の生産調整の都合により12/24〜1/8まで丸々休みになる可能性がありました。まぁ流石にそんな長休みになると間違いなく1・2月の給料が壊滅的なことになってしまうし(苦)、休みの間に大してやることもないので、長期休みはほどほどがいいです(苦笑
 今日はもう食品等の買い出しはしない(というか昨日までちょっと色々散財しすぎた・苦笑)ので、夜はNHK紅白歌合戦を聴きながら年越しそばの手作りをして年越しとなるでしょう。


 さて、そんなわけでここで毎年恒例の今年の管理人的5大ニュース(+次点2つ)
 毎年ネタを捻り出すのに苦労してますが、今年も探せばあるもんです(笑)

1/8年ぶりにiMac買い替え
 今年3月、長らく愛用していたメインPCのiMac mid 2007を今年新しいiMac Late 2013に買い替えました。本当は夏頃まで我慢したかったのですが、前のマシンの度重なる不調には勝てませんでした(苦笑)
 買い替え後しばらくしてiMacのラインナップ変更がありましたが、今のモデルでも実用面での問題は今の所まったくないので、あと何年かは戦えるでしょう。

2/念願のiPhoneユーザーの仲間入り
 iMac買い替えに先立つ2月、初スマホとして導入したXperia Zが2年経って割賦払いが完了したのでiPhone 6に機種変更し、念願のiPhoneユーザーとなりました。Macとの間でシームレスにアプリのデータを共有できるのはやっぱり便利ですね。
 こちらも機種変から約半年後にiPhone 6sが出たのが少々タイミングの悪いところでしたが、今度は当分替える予定はありません。

3/10年ぶりに土佐清水の空でブルーインパルスを見る
 今月、高知県の空自土佐清水分屯基地の開庁20周年記念行事で空自ブルーインパルスが飛ぶということで、実に10年ぶりに土佐清水市まで出かけてきました。よく考えたら今年のミリタリー広報イベント行脚で唯一まともに見たブルーです(苦笑)
 来年はもうちょっとイベント行脚の機会を増やしたいですが、どうなることやら・・・

4/2年ぶりに神戸で潜水艦の進水式を見る
 今年11月、兵庫県神戸市の川重神戸工場にて海自の潜水艦進水式が行われ、2年ぶりに進水式の撮影を外から見物してきました。天気が良かったら最高だったんですが・・・

5/ツイッター始めました(かき氷始めました的ノリで)
 元々SNSには関心が低く、まともに使ってるのはmixiくらいだった管理人ですが、今年7月から突如としてツイッター(crazyquail_BT)を始めてしまいました(笑)日常生活の感想から右寄りな発言までとりあえず色々適当にツイートしてますが、ツイッターを通じて世界が少しだけ広がった感はありますね。ただし、おかげでただでさえ更新頻度の下がっている本ブログの更新がますます停滞し、ツイッターで流したネタの再まとめ場所化してる感じです(苦笑)

*次点1/高知に海自の珍客来たる
 今年5月、国内外の要人等の接遇に従事する海自の特務艇『はしだて』が高知港に来港したので見学に行ってきました。普段は横須賀にいて田舎者には滅多に見る機会がないレア艦艇だけに、その内部を見られる機会に恵まれたのは幸運でした。
*次点2/ロト7で末等4回当たった!(笑)
 去年初めて末等ながら当選が出たロトくじですが、今年はロト7で4回の末等当選がありました。もっとも、今年の7の購入総額から見ると1/3にも届いてないんですが・・・(苦笑)
 ま、来年も財政難につき毎週買うのは7だけになりそうです。


 まぁそんなわけで、2014年よりは地味ながらそれなりに色々動きのあった今年でした。来年は引き続き本厄になってしまいますが、何とか運気の上昇を祈りたいものです。


 それでは皆様よいお年を・・・・・・






Last updated  2015.12.31 10:55:09
コメント(0) | コメントを書く
2015.12.21

<↑今回のブルーインパルスの飛行展示のトリを飾るクリスマスツリー・ローパス。
ツリー隊形で着陸灯を点灯してクリスマスツリーを表現>


 昨日20日、高知県土佐清水市にて『航空自衛隊土佐清水分屯基地開庁20周年記念行事』が開催され、管理人も今年最後の自衛隊広報イベント見物として遠路はるばる出かけてきました。

 四国唯一の航空自衛隊基地である土佐清水分屯基地は、福岡県の空自春日基地の分屯基地として1995年に開庁、同基地に司令部を置く西部方面航空警戒管制団隷下の土佐清水通信隊が置かれ、無線通信の中継を主な任務としています。小高い山の上にある土佐清水分屯基地ですが、小規模な通信部隊のみ所在する小さな基地であり、知らない人が見たら田舎の小学校と見まがうような地味な佇まいになっています(笑)
 四国の中でもかなりの辺境である土佐清水市に所在するこの小さな空自基地の行事に今回わざわざ出向いた理由、それは、航空自衛隊のアクロバット飛行チームである第4航空団第11飛行隊"ブルーインパルス"の飛行展示が実施されるからです。ちょうど10年前の2005年に行われた開庁10周年記念行事でもブルーインパルスが展示を行っており、今回はそれ以来10年ぶりの高知登場となります。
 かつての開庁10周年記念行事にも出かけた管理人ですが、それからもう10年も経っちゃったんですねぇ・・・(しみじみ)

 まぁそれはさておき、20日未明に車で西条を出発した管理人。西条から高知県に直通する国道194号線→高知自動車道→国道56号線→同321号線を経由して土佐清水市へと向かう道行ですが、10年前の時は0400頃に出発して到着が0930過ぎというとんでもない長丁場でした。現在は高知自動車道の無料区間が四万十市辺りまで延伸したため10年前よりは多少マシになった感じですが、それでも0430頃に出発して土佐清水市内の駐車場への現着が0900直前でした。途中の朝飯の時間を除けば、前回よりは一時間程度は早くなった感じかな?
 10年前は土佐清水分屯基地を開放して行事が実施されましたが、今回は大勢の人出を予想してか基地開放は行われず、土佐清水市のあしずり港を会場としてその上空で飛行展示が行われました。また、陸上自衛隊第14旅団の第50普通科連隊も装備品展示で参加し、高機動車・軽装甲機動車2両・人命救助システムの一部機材の展示を行いました。
 まずはブルーインパルスに先立って航空機の飛行展示が2つ。まず、0900に宮崎県の空自新田原基地から新田原救難隊所属のU-125A救難捜索機が航過飛行を実施しました。前回の10年前の時は同救難隊のUH-60J救難ヘリコプターによる救難展示が行われましたが、今回ヘリの展示がなかったのは場所の制約でしょうかね? 続いて、1000には通常のT-4練習機2機による航過飛行を実施。当日は所属部隊が確認できませんでしたが、後で調べたら春日基地(福岡空港板付地区)に所属する西部航空方面隊司令部支援飛行隊の所属機だったようです。
 そして、1200にいよいよメインのブルーインパルスがあしずり港上空に飛来して飛行展示を開始。10年前と同様に空自新田原基地からのリモート参加で、機動飛行および航過飛行の演目から12種ほどを披露しました。今回は持参したシグマAPO50-500mmが役に立ってくれましたが、流石にサクラのような広範囲の書き物演技を撮るには広角が足りませんでした。もしかすると会場外の見晴らしのいい場所を探して撮影した方がよかったかもしれません。
 かくて、ブルーインパルスの展示終了で今回の行事は1300過ぎには実質終了。10年前の行事ではこの地域でお祝い事の時によく行われるという餅撒きがありましたが、今回は駐車場の一角で来場者に餅とお菓子を配るという形になっていました。しかし、今回の行事では帰りの各駐車場行きシャトルバス乗り場がかなり混雑し、管理人が並んだ駐車場行きの乗り場では行列に対して明らかにバスが足りない状況になっており、少々運用の拙さが見られた感じでした。この辺は次回(30周年か?)への課題ってところですかね(笑)
 結局、行列に並んで一時間ほど待ってようやくバスに乗車。会場からかなり遠い駐車場だけど歩いた方が早かったかと思ったくらいでした(苦笑)そして、帰路途中の道の駅で昼飯だか晩飯だかよくわからない食事をしてから西条に帰投したのは2000過ぎでした。


 というわけで、管理人の2015年のミリタリー系イベント行脚はこれで終了です。今年は懐事情の乏しさにより、四国外への遠征が大阪と神戸のみになってしまったのが少々残念なところです。来年はもっとあちこち行きたいですが、懐がなぁ・・・(苦笑)






Last updated  2015.12.29 00:02:10
コメント(0) | コメントを書く
2015.12.15
カテゴリ:日常あれこれ
 今月11日から昨日14日まで、オーストラリア在住の我が次兄が久しぶりに日本に帰ってきたので、管理人は13・14日とお出迎えに行ってきました。

 今回は初めて12日の亡母の命日に帰れる形になったのですが、当方は夜勤明け公休日の初日だったので身動きが取れず、国際免許を取ったという次兄は松山でレンタカーを借りて宿泊先の親戚と一緒に墓参りしたようです。
 当方は翌13日の夜に松山市内で従兄と一緒に落ち合って夕食でも設けようということになり、大街道の裏手の路地にある居酒屋で和食膳をいただきつつ、現地での次兄の商売の話とか適当にダベって楽しい一時を過ごすことができました。ちなみに、オーストラリアといえば例の海軍の次期潜水艦の話題について訊いてみようかと思ったのですが、別段ミリヲタじゃない次兄ではせいぜい報道で伝えられてる程度以上の情報は知らないだろうと考えてやめておきました(笑)
 14日は早くも帰国のため東京へ出発のため、当方はお見送りすべく再び松山へ。宿泊先の親戚宅で一緒に朝飯のご相伴に与った後、次兄を車で松山空港まで送り、再びしばしのお別れとなりました。

 今回も例によってあまり会う時間が取れなかったのが心残りですが、次回また帰ってくる機会があれば今度は何とかしたいところです。






Last updated  2015.12.28 22:32:25
コメント(0) | コメントを書く
2015.12.07
カテゴリ:料理の下手人
 またまたツイッターでのツイートのまとめ的なネタです(笑)
 前にパスタマシンを買って以来、中華麺やそばの手作りに挑戦していますが、今度はパスタとうどんの手作りに挑戦してみた次第です。



<↑上:手作りたらこスパゲッティ 下:豚汁うどん
盛り付けが綺麗じゃないのはご愛敬(笑)あとうどんは丼がデカすぎた・・・>


 どちらも生地のレシピは手持ちのホームベーカリーに載っているのを踏襲。どちらもレシピでは3〜4食分になります。
 最初にパスタに挑戦してみましたが、伸ばしてからカットすると麺が綺麗に切れないという問題が発生。2回ほど試行錯誤した末、一回切ったのを再度捏ね直してまた伸ばして切るという二度手間をしてようやくまともな麺になりました。レシピそのままでは水分量が多すぎるかとも思いますが、単に打ち粉が足りなかっただけかもしれません(苦笑)
 一方、パスタの次に挑んだうどんはパスタマシン付属の1.5mm/6.5mmカッターでは細すぎ&太すぎるため、パスタマシンは生地伸ばしにだけ使って包丁でカット。オプション品の1mm/3mmカッターならうどん用に最適なのですが、流石にそう何回もやらないだろううどん作りのために買うのは何だか負けた気分がするので今の所は保留です(笑)
 で、2回作ったものの麺がえらく薄くてどうもきしめんみたいな感じが拭えず、何でだろうとよく考えたら、実は伸ばし用ローラーの各目盛りの厚みを今まで実測で把握してなかったことに気付きました(苦笑)というわけで、3回目にしてようやくうどんらしいうどんを作れた気がします。

 とまぁ色々試行錯誤した今回のパスタ&うどん作りでしたが、できた麺の方はまぁまぁよくできたかなと自画自賛してみます(笑)
 とりあえず、ローラーの目盛りの厚みの把握という基本的な部分がやっとわかってきたので、年越しそば手作りの野望に向けて生かせるといいかなぁと・・・






Last updated  2015.12.07 16:32:01
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全1525件 (1525件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.