1313294 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

くれーじーくえいる ぶろぐ

2008.04.16
XML
<←昨年秋に呉に来港した現『しらせ』。この勇姿もこれが見納めか?>

『宗谷』(PL107)『ふじ』(AGB5001)『しらせ』(AGB5002)に続く4代目の南極観測船となる海上自衛隊の次期砕氷艦『しらせ』(AGB5003)が、本日16日に京都府舞鶴市のユニバーサル造船舞鶴事業所で進水しました。

*南極観測船 新「しらせ」が進水 京都・舞鶴 <Yahoo!ニュース/毎日新聞>
(注:Web上のニュース記事のため時間経過により削除される可能性があります)

 新『しらせ』は現『しらせ』より一回りほど大きい基準排水量12,500tで、現『しらせ』より丸みを帯びた艦首形状や前後に分けられた艦上構造物、左右2本並列となった煙突、今時の自衛艦らしく丸みのない角張った構造物の形状等が特徴的です。
 現『しらせ』と同等の砕氷能力を有し、丸い船首形状に加えて表情の雪を溶かして砕氷を補助するための散水装置を艦首に装備し、さらに喫水線周囲をステンレス外装(進水時点では未艤装)で覆って氷との摩擦を低減させるなど、より砕氷能力を高めるための設備が搭載されています。また、船体は二重船殻構造を採用して事故時の進水や油漏れを防止するようになっています。輸送能力面も強化され、20/40フィートISO標準海上コンテナを直接搭載して荷役作業の効率化を図るほか、搭載する輸送ヘリコプターも従来のシコルスキーS-61Aシーキングに替わってアグスタ・ウェストランドCH-101となります。さらに、艦内および昭和基地から出た生活排水や固形廃棄物を処理するための装置が搭載され、南極大陸の環境汚染低減に配慮しています。
 新『しらせ』は2009年5月頃に就役予定で、同年の第51次南極地域観測隊から輸送支援任務に従事する予定です。なお、予算問題で建造着手が遅れたため、空白期間となる今年の第50次観測隊はオーストラリアから民間の砕氷船『オーロラ・オーストラリス』をチャーターして運用することになっています。

 ところで、新『しらせ』といえば昨年に南極地域観測統合推進本部による一般公募で艦名が決定されたものの、当初は海上自衛隊の艦名基準に従って"現在使用中の艦名は使用しない"となっていたはずが、白瀬矗中尉の出身地である秋田県にかほ市等で『しらせ』の名称を引き継ぐべきとの声が上がり、『しらせ』の存続を求める手紙や応募が多数寄せられたことから最終的に当初の方針を撤回して『しらせ』の艦名をそのまま引き継ぐことになった経緯があります。まぁ今更文句は言いたくありませんが、どんな新しい艦名が選ばれるのか楽しみにしていた人から見れば公募の原則を無視するゴリ押しの組織票攻撃と揶揄されても反論できないような気はします(苦笑)
 まぁ経緯はどうあれ、実質的には直接の命名権がないとはいえ、海自に所属する艦艇で名称をそのまま後継艦艇に引き継ぐというのは今回が初のケースではないでしょうか。
 ちなみに、2代目南極観測船である『ふじ』が就役した1965年当時、アメリカ供与のきく型上陸支援艇の中に『ふじ』(1971年除籍返還)が在籍しており、漢字にすると違うものの同じ読みの名称の艦艇が6年ほど同時に在籍していた例があるそうです。

 海自砕氷艦は毎年8~10月にかけて南極観測事業の広報も兼ねて全国を回る習熟訓練を行うのが通例となっており、来年就役する新『しらせ』も同様の運用になると思われるので、運が良ければ来年には実艦を目にすることができるでしょう。
 また、新『しらせ』が運用するCH-101は海自岩国航空基地でMCH-101と共に実用試験に供されており、出動予定の来月5日の米海兵隊岩国日米フレンドシップデーに展示されないだろうかと密かに期待中・・・


 一報、最後となる第49次観測隊の支援任務を終えて今月12日に日本に帰投した現『しらせ』ですが、こちらの今後には暗雲が・・・
 今年8月頃に退役が予定されている現『しらせ』ですが、10億円以上ともいわれる修理費や維持費がネックとなって保存・展示先が見つからず、現状では退役後解体となる可能性が高まっています。これまでに地方自治体等に対して引受先が打診され、秋田県にかほ市や北海道稚内市などが誘致に乗り出しているようですが、国からの財政支援が前提のようで国側と折り合わなかったようです。管理人も地方自治体と国で折半すりゃいいじゃんと思ってた一人ですが、国の情けない財政事情を考えると物事はそう単純にはいかないようです(苦笑)ちなみに、現在名古屋港で保存展示されている『ふじ』は売価5億8,000万円、修理費約7億円だったとのこと。
 このため、文部科学省では現『しらせ』の後利用について今月から一般公募を行っています。これでも引受先が見つからない場合は解体ということになるようです。

*南極観測船『しらせ』の後利用について  <文部科学省ホームページ>

 前任の『宗谷』『ふじ』がそれぞれ日本の南極観測事業の象徴として余生を送っているのに、3代目である現『しらせ』が残されないままゴミとなるのは非常に残念ではありますが、その栄光を後世に伝えるという意味では次期砕氷艦が『しらせ』の名を継承するのはそれはそれで意義あることなのかもしれません。






Last updated  2008.04.19 10:15:06
コメント(0) | コメントを書く


PR

Profile


ブラック・タロン

Calendar

Category

Recent Posts

Comments

uraevmor@ cheap viagra iq ej viagra generic viagra pills <a hre…
mrxpfmor@ cheap viagra cz pt buy viagra buy viagra <a href=&quo…
vyhczmor@ viagra online kl xx cheap viagra buy viagra <a href=&q…
cvbgkmor@ buy viagra xc kv viagra 100mg viagra online <a href…
btewdmor@ viagra generic zz rm viagra online cheap viagra <a href…
http://buycialisky.com/@ Re:PLUTO広告キタ━━━(・∀・)━━━!!!!(03/31) melange cialis and viagracialis v viagr…
http://buycialisky.com/@ Re:♪二十歳でパパと呼ばれたよ  W第5話(10/05) viagra cialis levitra order onlineciali…
http://buycialisonli.com/@ Re:PLUTO広告キタ━━━(・∀・)━━━!!!!(03/31) holland apotheke cialis 5mgcheap cialis…
http://viagravipsale.com/@ Re:♪二十歳でパパと呼ばれたよ  W第5話(10/05) more than one viagra day <a href=&q…
昔のダラス居住者@ Re:ファイル01/針の穴を貫け!(04/15) 先日、縁あってgyaoだったか楽天だったか…

Archives

2020.07
2020.06
2020.05
2020.04
2020.03
2020.02
2020.01
2019.12
2019.11
2019.10

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.