1308618 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

くれーじーくえいる ぶろぐ

2008.10.19
XML
 今回のキバは夜勤明けに帰宅してからチェック~

【第37話  トライアングル・キングが斬る】

 渡に改めて自分の想いを打ち明けた深央。最初は冗談だとひねくれる渡だが、深央は今度は引かず、渡が自分のことをどう思っているのかを問う。その様子を陰から目の当たりにした太牙はますますショックを受ける・・・

 自宅に戻った渡は、深央と自分が両思いだとわかって何気に上機嫌。静香とキバットバットIII世、タツロットに特製パスタを振る舞うが、そのパスタのソースはニスの材料に使って余ったというザリガニのエキスで、流石の静香たちも唖然・・・だが、そこで渡は太牙もまた深央を好きであることを思い出して一転不安になってしまう。
 一方、太牙は"ビショップ"に深央と渡のことについて相談するが、"ビショップ"にとってはすでに承知の事柄。渡など抹殺すればいいとけしかけるが、太牙には友達である渡を討つことはできない・・・
 思い余った太牙は『カフェ・マル・ダムール』で渡と会い、自分と深央の結婚式の招待状を差し出して深央を諦めるよう迫る。だが、渡は初恋の人である深央を諦めないと宣言。太牙は渡を殴り付けると、殴り返さない渡を弱いと言い捨てて去っていく・・・

 22年前。またも人を襲うラットファンガイアに対し、駆け付けたゆりがいつも以上の気迫で戦いを挑むがやはり相手にならない。そこへ音也がイクサナックルで加勢するが、ゆりは音也の手を振り払い、イクサナックルを奪ってファンガイアを追う。追い付いたゆりはイクサに変身して一度はラットファンガイアを追い詰めるも、相手の銃撃で逆に痛撃を浴び、システムが活動限界に達してついに倒れてしまう。気絶したゆりに剣でトドメを刺そうとするラットファンガイアだったが、そこへ現れた真夜が何故かそれを阻んだ。「私はその女から命より大切なものを奪おうとしている・・・だから命まで奪う必要はないの」余裕で豪語する真夜にラットファンガイアは耳を貸そうとしないが、真夜にあっさりあしらわれて足蹴にされる。"クイーン"からの思わぬ仕打ちにラットファンガイアは怒りを噛み締める・・・

 現在。深央は渡から返事を聞くべく、以前初めて話をした川沿いのベンチで彼を待つ。だが、その姿を物陰から付け狙うラットファンガイアの姿が・・・そこへやってきた渡は深央に気付かれないようキバに変身してラットファンガイアと戦うが、3体に分身した相手に痛め付けられて変身解除してしまう。
 一方、渡を待つ深央の前に太牙が現れ、何もできない弱い渡に君を守れるはずがないと訴えるが、深央の気持ちは揺るがない。太牙はやむなく"キング"として彼女を処断しようとするが、そこへラットファンガイアたちが襲ってきた。そこへ追いすがった渡は深央を守ろうと必死にファンガイアに立ち向かうが、善戦空しく袋叩きにされてしまう。陰ながら深央を守ってきた渡を少しだけ見直した太牙だったが、敢えて冷徹にファンガイアを愛した人間の末路を深央に見せ付けようとする。
 渡を叩きのめしたラットファンガイアたちは、"キング"である太牙がいるのにも構わず深央を付け狙う。ラットファンガイアは22年前の"クイーン"から受けた仕打ちへの仕返しを現在の"クイーン"である深央にぶつけようとしていたのだった。太牙は自分なら深央を守れると豪語してサガに変身、彼女を守りつつファンガイアたちと戦いを繰り広げる。
 ちなみにその頃、『カフェ・マル・ダムール』では健吾からどうやったのかイクサナックルを奪ってきた名護がそのグリップに画鋲を張り付けて嫌がらせを試みようとしていた。小学生じみた名護の行動に流石の恵と木戸も引くばかり。だが、そこに現れた健吾にあっさり見破られて名護はまたも殴られてしまい、顔に画鋲が刺さって踏んだり蹴ったりの目に・・・

 22年前。キャッスルドランの城内で真夜と対面した"キング"は、紅音也について真夜に問う。音也を愛していることをあっさり認めた真夜に対し、"キング"は腰のザンバットソードを抜き払って真夜に突き付けるも、何故かそれを壁に投げ付けて突き刺してしまう。剣を持てば彼女を殺すことになり、それは彼女を愛していたことになってしまう、自分に愛などあってはならないと豪語して"キング"は去っていく・・・
 一方現在。ラットファンガイアに叩きのめされてやっと目を覚ました渡は、現れた次狼="ガルル"に再びキャッスルドランに導かれ、改めて壁のザンバットソードを抜くチャンスを与えられる。渡は深央を守れる力が欲しいと願い、ついに壁から剣を引き抜くが、剣の膨大な力に逆に操られてしまい次狼たちアームズモンスターたちに襲いかかってしまう。次狼たちは剣の力を抑えるべく彫像態となって一つに融合、幻影怪物ザンバットバットとなって剣の刀身に食らい付く。ようやく正気に戻った渡はザンバットソードのとてつもない力を実感する・・・

 サガは林の中でラットファンガイアたちと戦いを繰り広げていたが、さらに増殖したラットファンガイアに深央が襲われてしまう。そこへザンバットソードを手にした渡が駆け付け、キバ・エンペラーフォームに変身して剣を振るいファンガイアの群れを蹴散らすと、最後は必殺技ファイナルザンバット斬でラットファンガイアたちを斬り捨てて全滅させた。
 キバの姿を認めたサガは戦いを挑むが、ザンバットソードを振るうキバの前に今度は手も足も出ない。その姿を目の当たりにした深央はキバの前に躍り出るやパールシェルファンガイアに変貌、深央がファンガイアと知って驚いたキバはパールバレット攻撃を浴びて変身解除してしまう。キバの正体が渡と知って同じく驚く深央、そして太牙もまたキバが渡だったと知って変身解除し、自身の正体を渡に晒すことに――――――


□□□□□□

 いずれ訪れるとわかっていた渡・太牙・深央の正体バレ展開ですが、予想よりも早めという印象が強いです。
 ファンガイア族の"キング"としての使命とそれ以上であろう深央への愛情の一方で、渡の深央への想いを知り、"ビショップ"にけしかけられても渡を抹殺することはできず、強引に深央との結婚式を仕立て、渡の弱さをなじってまで渡に諦めさせようとする太牙の姿は、同じく作中で描かれた22年前の"キング"との性格の大きな違いを示していますが、この辺は人間の中で育ったという太牙の生い立ち故に育まれた性格なんでしょうか?
 一方、深央は"ビショップ"からファンガイアの敵と教え込まれてきたキバが渡であることを知り、ある意味では"ビショップ"に体よくハメられていたことに気付いたといえますが、次回はその"ビショップ"が深央にまた何か仕掛けてくる模様。ファンガイア族の正しいあり方を推し進める役目である"ビショップ"のこと、太牙を差し置いて渡のことも承知していただけに、この状況を利用して更なる策略を仕掛けてくる可能性は大いにありそうです。
 まぁ何より今後が大変なのは、思い人と友人が揃ってファンガイアだと知ってしまった渡ですが・・・

 ちなみに、冒頭で渡が振る舞ったパスタのソースがザリガニベースだと知ってパニクっていた静香たちですが(笑)、実はザリガニ種はフランス料理で高級食材エクルビスとして使用されるなどれっきとした食用だったりします。しかし、前回でバイオリンを作る上での父の思いを学んだはずなのに、相変わらずヘンな素材でバイオリン用のニスを作る奴だなぁ渡・・・(苦笑)というかキバット&タツロット、普通に物食えるんだな(笑)

 過去編では意外にあっさりと音也への想いを認め、ミイラ取りがミイラになったのを地で行っている真夜ですが、すでに"キング"との間に子供(太牙)がいるにも関わらず、自分がゆりに対して略奪愛を敢行しているのを堂々と自覚している辺りが物凄い魔性の女ぶりですね・・・(怖)ゆりには以前人間が人間を愛する意味について教えられたことがある真夜ですが、今の彼女の言動はそれに対する痛烈なお返しともいえそうです。
 一方、そんな彼女を敢えて咎め立てなかった22年前の"キング"ですが、彼にとっては重要なのは"キング"と"クイーン"が次代に子を残すという事実だけであって、そこに愛情の有無などどうでもいいということのようです。人間を愛することを禁じるファンガイア族の掟もこの辺に立脚しているのでしょうか。

 さて、その先代の"キング"が手放した魔剣ザンバットソードは22年の時を経て渡=キバの手に渡ったわけですが、剣単体は非常にシンプルな形状でカッコいいのに、ザンバットバットとの組み合わせはちょっとデザイン的には微妙な気が・・・(苦笑)必殺技を決める際にザンバットバットを動かして刀身を赤く輝かせる演出は、色が青白かったら完璧に宇宙刑事シリーズのレーザーブレードですね(笑)ちなみに、ガルルの声がわざわざ斬った数を数えるシーンを見て、昔の『とんねるずのみなさんのおかげです』の保毛太郎侍の最終回で石橋貴明演じる保毛太郎侍が何故かゼッケン付けた侍たちを番号順に斬りまくる50人斬り(終わり頃には全然関係ないカメラクルーや科学特捜隊員まで斬ってたりする)を思い出したのはヒミツです(爆)

 ところで、今回は二人ほど妙に小者臭漂うキャラがいたような・・・(笑)
 一人(?)はネズミ算よろしくやたら増殖していたラットファンガイア。深央を襲った理由が単なる偶然ではなく、22年前に先代の"クイーン"に足蹴にされたことへの逆恨みだったとは何ともみみっちい(苦笑)大勢でゾロゾロ出てくる辺りは平成ライダーシリーズで半ば定番となりつつある終盤のザコ怪人大量発生展開を思わせましたが、まだその展開になるのは早すぎるだろ(笑)
 そしてそれを凌ぐ小者っぷりだったのが我らが名護さん(爆)イクサナックルに画鋲を貼り付けて健吾に仕返しってほとんど小学生並みの幼稚な策略と敢えない末路に合掌・・・次回予告ではまたも健吾を弟子にしようとするそうですが、逆じゃないの?(爆)






Last updated  2008.10.21 12:30:00
コメント(0) | コメントを書く
[血の薔薇の記憶/キバ関連(終)] カテゴリの最新記事


PR

Profile


ブラック・タロン

Calendar

Category

Recent Posts

Comments

uraevmor@ cheap viagra iq ej viagra generic viagra pills <a hre…
mrxpfmor@ cheap viagra cz pt buy viagra buy viagra <a href=&quo…
vyhczmor@ viagra online kl xx cheap viagra buy viagra <a href=&q…
cvbgkmor@ buy viagra xc kv viagra 100mg viagra online <a href…
btewdmor@ viagra generic zz rm viagra online cheap viagra <a href…
http://buycialisky.com/@ Re:PLUTO広告キタ━━━(・∀・)━━━!!!!(03/31) melange cialis and viagracialis v viagr…
http://buycialisky.com/@ Re:♪二十歳でパパと呼ばれたよ  W第5話(10/05) viagra cialis levitra order onlineciali…
http://buycialisonli.com/@ Re:PLUTO広告キタ━━━(・∀・)━━━!!!!(03/31) holland apotheke cialis 5mgcheap cialis…
http://viagravipsale.com/@ Re:♪二十歳でパパと呼ばれたよ  W第5話(10/05) more than one viagra day <a href=&q…
昔のダラス居住者@ Re:ファイル01/針の穴を貫け!(04/15) 先日、縁あってgyaoだったか楽天だったか…

Archives

2020.07
2020.06
2020.05
2020.04
2020.03
2020.02
2020.01
2019.12
2019.11
2019.10

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.