1322130 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

くれーじーくえいる ぶろぐ

2009.03.27
XML
カテゴリ:作品色々見聞録
 日本テレビおよび読売テレビが誇る人気TVアニメ2作、モンキー・パンチ原作の『ルパン三世』と青山剛昌原作の『名探偵コナン』。日本テレビ開局55周年および読売テレビ開局50周年を記念して、この2作が共演する夢のスペシャルアニメ『ルパン三世vs名探偵コナン』が実現することになりました。
 原作者や出版社、さらにはファン層や作風も異なる作品同士をクロスオーバーさせるというのはマンガ同人誌等の二次創作ではよく見られる手法ですが、権利問題等を全部クリアして公式な形で制作されるのは日本のアニメ史上前例のない試みです。様々な壁や障害を乗り越えて2年の期間をかけて制作されたそうですが、青山剛昌先生がかねてからルパンの大ファンで、またアニメ制作が共にトムス・エンタテインメントというのも有利に働いたのでしょうね。
 そして、本日の日テレの『金曜特別ロードショー』にてついに『ルパン三世vs名探偵コナン』が放映されました!

 コナンはほとんど見てないもののルパンにはそこそこに慣れ親しんでいる管理人は、大いに興味を持って本作の放映を楽しみにしておりました。ちょっと買い物に出ていたためさわりだけ見損ねたんですが何とかチェックできましたよ(笑)

<ルパン三世vs名探偵コナン  ストーリー解説>
 ヴェスパニア王国のサクラ女王と息子のジル王子が狩猟中に猟銃事故で死亡するというニュースが世界を駆け巡った。そんな中、ヴェスパニア王国に潜入したルパン三世は王家に伝わる至宝"クイーンクラウン"を盗もうと画策、何故か王宮にボディガードとして雇われていた次元大介と共に、その切り札として"完全なステルス"を実現できるという同国で産出される"ヴェスパニア鉱石"を狙う・・・
 女王の死により、ジル王子の妹である長女のミラ王女が王位継承者となり、側近のキースらと共に来日するが、王位を嫌うミラ王女は参加したパーティーの会場を抜け出してしまい、その最中に毛利蘭と出会う。蘭が自分に瓜二つだと知ったミラ王女は彼女と衣服を入れ替えてすり替わり街へ逃げるが、そんな彼女に弁護士として同行していた峰不二子が近付く・・・事態を知った江戸川コナン(工藤新一)はミラ王女と不二子を追うが逃げられてしまう。
 一方、蘭がミラ王女と入れ替わったことを知ったキースは王女の身代わりとして蘭をヴェスパニア王国に連れ去ってしまう。コナンは王国専用機に強引に侵入して王国へ飛び立ち、毛利小五郎も蘭を取り戻すべく王国に潜入したルパンを追う銭形警部の助手という名目で出発、そして東京での自由な一夜を満喫したミラ王女も不二子と共に王国に戻ることに。
 キースから次元と共に王女の身代わりたる蘭の護衛を依頼されるコナン。王国に戻ったミラ王女と不二子に合流するルパン。そして、ひょんなことからルパンとコナンは街中で出会う。やがて、二人は事故死とされたサクラ女王とジル王子の死に隠された陰謀へと迫っていく――――――


------

 オープニング曲が1980年代ルパン三世のテーマ曲、エンディング曲も現TVスペシャルでのルパンテーマだった辺りから見て、全体的にはルパン三世のTVスペシャルに名探偵コナンの要素を盛り込んだという印象が強い本作。この手の"対決系"と銘打ったクロスオーバーでは蓋を開けてみると対決というより共闘という形に落ち着いてしまうケースが多いと思いますが、本作も例外ではなかった模様(笑)
 まぁどちらかが勝ってどちらかが負けたという決着は双方のファンから見ればスッキリしない印象を持ってしまう場合もあると思われるので、共闘で痛み分け的な決着に終わらせるのも予定調和の一つではあります。とはいえ、コナンの明晰な頭脳とルパンの奇想天外な発想が真剣勝負で激突するというのも見てみたかったのは確か・・・
 なお、アイキャッチのカットがCM前はコナン、CM後は懐かしのルパンTVシリーズ(颯爽と車に飛び乗ろうとしたルパンがハンドルだけ掴んでずっこけるアレ)だったのはクロスオーバーならではのお遊びですね。

 作画面では、ルパン側とコナン側の主要キャラを除く登場人物たちはルパンとコナンのキャラクターデザインを折衷したような感じ(若干ルパン寄り?)になっていて、管理人はそれほど違和感はありませんでした。所々、明らかにコナン調で描かれたルパンのコミカルカットもあったりしましたが、その辺はファンサービスかな?(笑)
 あと、劇中音楽はそれぞれを担当する大野雄二(ルパン三世)と大野克夫(名探偵コナン)の共同という形で、こちらも違和感なくまとまってたように思います。しかし、大野雄二のジャズ風味のスコアはやっぱり目立つなぁ(笑)ただ、OP/EP曲共にルパンテーマになってしまったのは少々残念な気もしますが・・・

 演出・ストーリーに目を転じてみると、基本的にはコナン風の殺人謎解きがメイン。前半は少々もたついてるようにも感じましたが、中盤以降の各キャラがヴェスパニア王国へと集まっていく流れの超展開っぷりは何だかルパンスペシャルそのままといった感じでした(笑)コナンが王国専用機のランディングギアに飛び付いて機内に侵入するシーンは映画『コマンドー』でどこぞのカリフォルニア州知事がやってたアクションの逆ですね(爆)
 番組中盤までルパンとコナンが出会わないのがちょっともどかしかったのに対し、キースの依頼で親子役をやらされることになった次元とコナンのコンビが妙に似合ってるのは何だか本末転倒気味ながらいい感じでした(笑)あと、ミラ王女を連れたハーレー不二子とスケボーコナンの追跡バトルも意外にスリリングでしたが、この辺もクロスオーバーだからこその面白さですね。そしてクライマックスの推理謎解き、以前から噂のあった"銭形警部を眠らせて銭形の声で推理を語るコナン"が予想通り実現かと思いきや、毎度ルパンに睡眠ガスを嗅がされているせいか銭形警部はびくともせず、いつの間にか小五郎に変装していたルパンがコナンと組んで謎解きというちょっと予想外の展開に驚かされる。というか、小五郎がコナンの麻酔針を察して避けた時点で気付くべきでしたね(笑)このシーンでの小五郎役の神谷明氏の"ルパンが変装した小五郎"の演技はある意味神レベルだったかもしれません。
 ルパンファンの視点で見ると、ルパンのワルサーP38や次元のS&W M19コンバットマグナムの出番がなかったのがちょっと不満ですが、ルパンスペシャルみたいにクライマックスで大多数の敵を相手にするような展開ではなかったのでこの辺はやむなしか。逆にコナンファンの視点からは、王国の店のシーンで思わせぶりにサッカーボールが出てきたのにも関わらずコナンのサッカーボール攻撃が結局登場しなかったのが不満点になりそうですが。そういえば、石川五ェ門はまさか出番なしかと思いきや、宝物庫に閉じ込められたルパンを斬鉄剣で救出するといういつもの「またつまらぬものを斬ってしまった・・・」パターンでしたな(笑)
 また、映画『ルパン三世 カリオストロの城』でお馴染みフィアット500チンクェチェントとTVシリーズ初期の愛車だったメルセデス・ベンツSSKがちらっと登場したのもルパンファンには嬉しいサービスですが、走る間もなくミサイルで吹っ飛ばされてしまうのは残念・・・というか、その後のルパンの車がスバル360だったのは何か意味があるんでしょうか?(爆)カリ城といえば、ラストで明かされる"クイーンクラウン"に秘められた逸話・・・かつて王冠を盗もうとして断念したルパンと若かりし頃のサクラ女王のちょっとしたロマンスは、当時のルパンが緑ジャケットだった辺りからしてまんまカリ城のラストのオマージュですね(笑)今回の事件の黒幕だったジラードのミドルネームが"ムスカ"なのもカリ城→宮崎駿繋がりのお遊びなんですかね?
 一方、作風が作風だけにギャグ&お色気シーンはもっぱらルパン側担当の感がありましたが、これにちょっとだけコナン側キャラ、というか蘭も加わってたのが面白い。エレベーター内でパンツまで晒す不二子のお着替えはまぁお約束としても、ついついスカートの中が気になってしまう蘭のハイキックとか、トイレ内でミラ王女に身ぐるみ剥がされた蘭のブラチラとか、蘭と胸のサイズを比較して自分が上と喜んでる王女とか、ルパンが不二子のシャワーシーンを覗こうとしたら実は王女だったとか・・・まぁ青山キャラにお色気が似合うかどうかは別にしても眼福眼福(爆)それにしても、元祖ルパンダイブなんて久しぶりに見た気がするなぁ(笑)
 そして待っていたラストの驚愕のオチ。ルパン一味が江戸川コナン=工藤新一だと見抜くのはまぁお約束ってことでツッコまないことにしますが、まさか最後の最後で不二子によりコナン君童○の危機とは(爆)もしかして序盤でのコナンと不二子のチェイスはこのラストのオチのための伏線だったんですかね。

 不安もあったルパン三世と名探偵コナンのクロスオーバーでしたが、ルパン寄りながらも両者のバランスを上手く取った佳作になったというのが管理人の評価ですね。週刊少年サンデーかどっかに載ったモンキー・パンチ先生と青山剛昌先生の対談によれば、青山先生が脚本にかなり注文を入れたという話らしいので、その辺が功を奏したのかな?
 これ自体は多分今回一度きりの特別企画で終わるのでしょうが、個人的には第2弾があってもいいんじゃないかと思う次第。次は怪盗キッドや"黒の組織"も絡めて劇場版にしてもいいんじゃないかと思います。もっとも、ルパン一味が相手だと"黒の組織"なんぞ2時間で壊滅してしまいそうですが・・・(笑)






Last updated  2009.03.29 01:51:33
コメント(2) | コメントを書く
[作品色々見聞録] カテゴリの最新記事


PR

Profile


ブラック・タロン

Calendar

Category

Recent Posts

Comments

uraevmor@ cheap viagra iq ej viagra generic viagra pills <a hre…
mrxpfmor@ cheap viagra cz pt buy viagra buy viagra <a href=&quo…
vyhczmor@ viagra online kl xx cheap viagra buy viagra <a href=&q…
cvbgkmor@ buy viagra xc kv viagra 100mg viagra online <a href…
btewdmor@ viagra generic zz rm viagra online cheap viagra <a href…
http://buycialisky.com/@ Re:PLUTO広告キタ━━━(・∀・)━━━!!!!(03/31) melange cialis and viagracialis v viagr…
http://buycialisky.com/@ Re:♪二十歳でパパと呼ばれたよ  W第5話(10/05) viagra cialis levitra order onlineciali…
http://buycialisonli.com/@ Re:PLUTO広告キタ━━━(・∀・)━━━!!!!(03/31) holland apotheke cialis 5mgcheap cialis…
http://viagravipsale.com/@ Re:♪二十歳でパパと呼ばれたよ  W第5話(10/05) more than one viagra day <a href=&q…
昔のダラス居住者@ Re:ファイル01/針の穴を貫け!(04/15) 先日、縁あってgyaoだったか楽天だったか…

Archives

2020.08
2020.07
2020.06
2020.05
2020.04
2020.03
2020.02
2020.01
2019.12
2019.11

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.