1297661 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

くれーじーくえいる ぶろぐ

全69件 (69件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

くれーじーくえいる的ハイテク色々

2015.08.16
XML

<↑我がiPhone 6のイヤホンジャックに挿したミニミニタッチペン。右は以前使っていた物。
とりあえずスタイラスを別に持ち歩く手間からは解放されました>


 以前にも書きましたが、管理人はスマホの操作はピンチやスワイプなど指でないと難しいものを除いては基本的にスタイラスを使う派です。これまではトリニティのSimplismブランドのタッチペンを愛用してましたが、今のiPhone 6用のフリップノートケースには同じブランドの製品でありながら付けることができず、ペンとiPhoneを別に持ち歩かざるを得ませんでした。
 そこで検討していたのが、iPhoneのイヤホンジャックまたはLightnning端子に挿して持ち運べる形状のタッチペンでした。しかし、これらはケースを付けた状態のiPhoneに付けるとケースに干渉して上手く付かない可能性が考えられたため、ひとまず保留としていた次第です。
 そんな中、現用のタッチペンのペン先がそろそろ傷んできて買い替え時かなと思っていたところ、地元の100円ショップで件のイヤホンジャック装着式のミニミニタッチペンを発見し、使えるかどうか試すべく購入したのでした。どうせ税込108円だし仮に使えなくてもそんなに損はないですし(笑)

 実際に装着してみると、予想通りケースに干渉して根元まで入りきらないものの、差し込みが適度にタイトなのですっぽ抜けることなく挿さっています。物が小さいので使い勝手は流石にペンタイプに比べると劣りますが、実用上の問題はなさそうです。ただし、この製品はイヤホンジャックが筐体の上に付いていたiPhone 4S辺りまでを想定したデザインという感じで、ジャックが下にある5以降だと少々邪魔臭くなり、携帯する時は上下逆にしないといけないのが難点ではあるかな?

 Lightnning端子に挿すタイプも入手する機会があれば試してみたいところです。


<楽天アフィリエイト/EZ-Store イージーストア>






Last updated  2015.08.22 11:18:36
コメント(0) | コメントを書く


2015.08.08
 先月8日、それこそ『冷やし中華始めました』的なノリで唐突に始めてしまった我がツイッター"B.T@くれーじーくえいるヒ窓口"(アカウント:@crazyquail_BT)ですが、もう一ヶ月が経ちました。

 一ヶ月間色々弄ってきて、基本的な使い方は大体固まってきた感じです。

・知人&個人的に気になっているアカウントをフォローしつつ軍事・政治・時事ネタを適当にツイート
・時々フォロー中のアカウントから自分と意見の異なるツイート・リツイートも流れてくるけど、余程頭に来ない限りは基本スルー
・リツイートやフォロワーの数はあまり気にしない。リツイートで何を言われてるかも基本追わない
 ただ、明らかにフォロー数稼ぎにしか見えないお笑い系とかはブロックすべきかなとも(現状はミュートして様子見)

 基本的には当初の想定通りな使い方になってるかな? ただ、やはりツイッターでのつぶやきの方がメインになってきて、ただでさえ投稿数が減っているこのブログが余計放置状態になっている感もあります(苦笑)
 あと、やっぱりツイッターだと特に政治・時事ネタでは毒を吐きたくなる傾向が強まりますね(笑)






Last updated  2015.08.10 21:04:25
コメント(0) | コメントを書く
2015.07.08
・・・てなわけで、突然ですがツイッター始めました!(苦笑)
フォローとかしてくれる物好きな方は @crazyquail_BT までよろしく♪



 これまでSNSの類といえばもっぱらmixiで、ツイッターには今一つ関心の薄い管理人でしたが、たまにmixiでつぶやきネタにしようと思った時事ネタのページがツイッターやFacebookにしかリンクがなかったりすることもよくあるので、とうとうツイッターにも手を出すことにしてみた次第です。
 ただ、一つだけ残念なのは、楽天ブログがblockquoteタグに対応していないため、ツイッターのツイートをブログの記事に直接貼れないことですね。せっかく記事をツイッターに同時投稿できるんだからツイートも貼れるようにしてほしいところです。

 とりあえず防衛省・自衛隊関係と個人的に関心のあるフォロワーおよび知人多少にフォローし、mixiのつぶやきとツイッターを相互連動とし、当ブログの更新もツイッターに反映するようにしてみましたが、まぁ多分リツイート垂れ流しで情報収集が主な使い道になりそうな気がします(苦笑)






Last updated  2015.07.08 22:24:06
コメント(0) | コメントを書く
2015.06.01

<↑白熱電球(左)とLED電球(右)を撮影のため洗面台に両方取り付けてみた図。
本来はコの字型のカバーが付きます。とりあえず明るさは遜色なし>


 先日夜中、キッチンの換気扇に備えられている照明の白熱電球が切れてしまい、時間的に買いに行く暇がなかったので洗面台の照明から一個持ってきて取り付けてひとまず応急処置したのですが、この機会に乗じて洗面台の照明をLED電球に換えることにしました。
 昨日まで昼勤中のため身動きが取れなかったのですが、休みになった今日ようやく近所のケーズデンキに出向いて東芝ライテック製のLED電球2個セットを購入し、洗面台の照明に取り付け。光色は元と同じ電球色がいいかなとも思いましたが、個人的には昼光色の方が好みなので昼光色に変更しました。なお、まだ使える白熱電球1個はキッチンの照明の予備用としてまだ置いておきます。
 ちなみにお値段は税込2,600円余り。いくら白熱電球に比べて長期的には経済的とはいってもやっぱり導入コストは高く付くのが痛いところですね。

 それにしても、今のアパートに引っ越して今年で4年目に入りますが、洗面所や廊下の照明に使われている白熱電球やミニクリプトン球って4年程度じゃ切れないもんなんですね。いずれは他のミニクリプトン球も替え時が来るはずですが、こちらまでLED電球に換えるかどうかは今後の検討課題ですな。






Last updated  2015.06.01 16:44:55
コメント(0) | コメントを書く
2015.03.23

<↑ミスタードーナツカード(左)とミスドデザインの楽天Rポイントカード(右)
プリペイド系マネーの利用を今は控えているので使用頻度は少なめなんですけどね(苦笑)>


 昨年10月から楽天のRポイントカード(楽天スーパーポイント)に加盟したミスタードーナツ。それと前後して、大っぴらにはPRしてないようですが楽天Edyを初めとする各種電子マネーの利用も可能になりましたが、去る今年1月28日からは新たに独自のプリペイド式マネーカード『ミスタードーナツカード』が始まりました。
 楽天Rポイントや他の電子マネーも使えるようになったのに今更自前のポイントマネーカード導入かよと思いましたが、そういえば、ファストフード業界では他にモスバーガーも自前のプリペイド式マネーカードを導入しており、これも顧客囲い込み戦略ではあるんですよねぇ(苦笑)

 懐事情によりプリペイド系マネーの利用を控えているため様子見していた管理人でしたが、4月からミスドのメール会員システムが変わるのに合わせる形で本日入手してきました。
 新しいミスタードーナツカードは1回500〜20,000円までチャージでき(上限30,000円)、毎月0の付く日に3,000円以上チャージすると金額にボーナスポイントが付くチャージ特典や、半年間ごとのカード利用累計額に応じたプレゼント特典があります。有効期限は1年間と他の電子マネーより短いですが、最終利用orチャージ時からなので、カード更新日から1年で問答無用に足切りされていた昔のポイントカードよりはマシかな? 既存のRポイントカードも併用できるので、ミスドカードで払ってRポイントも貯めることが可能です。

 せっかく作った以上は利用したいところですが、昨今の食品価格値上げの時流の中、ミスドも来月から一部商品の値上げが始まるので、セールや限定商品で興味を引かれなければますます利用を控えてしまいそうではあります・・・(苦笑)






Last updated  2015.03.24 11:42:47
コメント(0) | コメントを書く
2014.09.01
<←午前配達のはずが午後になってやっと届いた新型電気シェーバー。洗面台には置くスペースが足りないので、反対側に鎮座する洗濯機の上の棚にとりあえず置くことにしました>

 ようやく9月に入り、朝夕は少し涼しくなってきました。毎年夏は汗で肌がべたつくので電気シェーバーが使いにくく、T型髭剃り(シックのハイドロ5)に頼ってましたが、ようやく電気シェーバーをメインに使う生活に戻れます。
 で、そのついでに外装が痛んできたその電気シェーバーの買い換えを決断。アルコール洗浄器の洗浄液カートリッジも液が尽きて交換時期だったのでちょうどいいタイミングです。
 これまではブラウンのActivator X BS8790を使っていたので、次のシェーバーも引き続きブラウンを選択。相変わらずの上位機種志向のため(苦笑)、色々検討した末にシリーズ7の790cc-7-Cにしました。家電量販店だと実売3万円を超えますが、今回は楽天市場で2万円台で購入できました。
 コーヒーミルと同じく昨日届きましたが、届いたのは何故か予約していた午前中ではなく午後でした(苦笑)
 流石に新品だけあって剃り味は良好、シェービングの強さを3段階で変えられるのも旧機種にはない点ですね。後は予備の洗浄液カートリッジを如何に安く購入するかが課題かな?(笑)さて、後はキャッシュバックキャンペーンに応募するとしましょうか・・・



<楽天アフィリエイト/ビックカメラ楽天市場店>

ブラウン シェーバー シリーズ7 790cc-7
価格:21,060円(税込、送料込)







Last updated  2014.09.04 22:00:06
コメント(0) | コメントを書く
2014.07.17
 今日は新居浜のディーラーまで出向き、納車から昨日で1ヶ月を迎えた新車アクアの1ヶ月点検を受けてきました。というか、今日の午前10時頃に予約していたのをすっかり忘れていて午後3時に出直す羽目になったんですがね(苦笑)

 ちなみに、去る12日にアクアに給油したついでに、新車乗り換え後最初の燃費計算をしてみましたが、走行距離約699.6kmに対して給油量30.5Lで、実燃費は約22.93km/Lとなりました。今月は高知まで行くのに高速道路を使ったためか24km/L台には到達しなかったものの、以前のイストでは大体約13〜14km/Lくらいだったので、流石にハイブリッド車らしく燃費はかなり向上しています。
 頑張って次は23〜24km/L台にしたいところですが、アクアは走り出しが割と鈍い感じで、走り出しで早く加速しようとするとガソリン走行にならざるを得ないので、その辺のコントロールと高速道路の利用の頻度が鍵になるかな?






Last updated  2014.07.18 11:23:24
コメント(0) | コメントを書く
2014.06.17
<←新車の上に子亀孫亀な1枚(笑)一番上の小さいのは缶コーヒーのオマケに付いていたカプセルトミカです。前のイストはトミカが出てなかったので、これでやっと自分の愛車のトミカをゲットできました(笑)>

 2009年より乗ってきたトヨタ・イストの残価設定ローン満了に伴い、水面下で進めてきた通算5台目の自家用車購入計画ですが、昨日無事新車納入と相成りました。以前書いた通り、管理人の新しい愛車はブルーメタリックのトヨタ・アクアです。
 契約締結に動いていた矢先に親父が亡くなったりして色々悩みもしたのですが、やはり車検回避の欲求には勝てませんでした(爆)ローン支払いや将来の維持費など懸念材料はないでもありませんが、まぁ購入した以上は何とか付き合ってみます(苦笑)

 とまぁそんなわけでようやく入手したアクア。前のイストと同じくスマートエントリーと高輝度ヘッドライト(LEDヘッドランプ)を奢ってやりましたが、支払額を抑えるためアルミホイールは断念せざるを得ませんでした。今後懐に余裕ができたら何とかしようと思ってますがどうなることやら(笑)あと、自動洗車機を使う時にアンテナを畳む手間を省くためにデンソー製のドルフィンアンテナを追加しています。石を投げたら高確率でアクアに当たるってくらいによく見る車種なので、ちょっとでも個性を出す意味合いもあったり。ドルフィンアンテナは純正パーツもあるんですが値段に5,000円も差があるのが何とも(苦笑)
 車内の作りや収納スペースは流石に3ナンバー車のイストと比べると多少ランクダウンしてる感はあります(笑)リアシートが倒してもフルフラットにならないのは下にバッテリー類を詰め込んでいる構造上致し方ないところか。助手席のオープントレイは物を詰めすぎると急ブレーキをかけた時に中身がすっ飛び出しそうなので、これも余裕があったらオプションの蓋を付けたいです。オーディオパッケージの選択によりステアリングスイッチが装備されていますが、ステアリングから手を離さずにディスプレイ表示やオーディオ・エアコンをある程度操作できるのはやはり便利ですね。ただ、オプションで付けたETCがカード未挿入対策のためか始動時に未挿入警告音をオフにできないのは少々辟易します(苦笑)

 改めてじっくり乗ってみると、走り心地自体は普通車とそんなに変わりませんが、発進時とかのアクセルのコントロールが低燃費実現への鍵って感じかな? とりあえず本日フル給油したので、これまで月1回程度だった給油ペースを月1.5ヶ月くらいにできるかどうか頑張ってみましょう。






Last updated  2014.06.17 13:54:56
コメント(2) | コメントを書く
2014.04.23
 現在管理人が乗っているトヨタ・イストの残価設定型ローンの支払い完了期限が今年夏に迫り、販売店から案内の手紙が届いたので、昼勤明けの本日午前に新居浜の販売店まで出向いて相談してきました。
 選べる選択肢は二つ、2年か3年で残りのローンを払って今のイストに乗り続けるか、それともイストを手放して新車に買い換えるかです。担当者と相談しながら色々検討してみましたが、今年夏には今の車の車検があることを考えると、今の車に乗り続けて夏に車検代を10万円前後払うよりは、思い切って新車に買い換えて車検を三年後まで先延ばしにするのも一手かなぁと思ったりしているところです(苦笑)

 次に買い換えるならガソリン代の更なる節約を期待して少々高くともハイブリッド車にしようと思っているところですが、今日は相談ついでにその買い換え候補にしているトヨタ・アクアにも試乗してみました。以前車をリコールで修理に出した出した時に代車としてプリウスに乗る機会に恵まれましたが、アクアにも試乗して両者の違いを確かめてみたかったのです。アクアはプリウスに比べるとエンジン音が多少うるさく感じるものの、プリウスで感じた走り出しの加速の鈍さがなく、車の大きさもプリウスよりは自分向きかなという印象です。というわけで、買い換えの候補はとりあえずアクア一択になりそうです。
 買い換える場合にアクアに盛るオプション類の構成は今回の相談で大体頭の中でまとまってきましたが、天井を見ればキリがないので、どこかで妥協も必要でしょう(苦笑)現状の見積もりではローンの支払額は今より6,000円ほど上がりそうですが、まぁ何とかなるでしょう(笑)宝くじの高額当選でも当たってくれれば金銭的な心配はしなくてすむんですがねぇ・・・(爆)

 しかし、問題は買い換えの決断までの猶予があまりないことです(苦笑)ローン残価支払いか買い換えかの結論はひとまず5月2日頃までには出さなければならず(販売店は2日からGW連休に入ってしまう)、また今のアクアの納車状況が発注から2ヶ月ほど待ちらしいので、7月下旬に予定される今の車の引き渡しと入れ替えで新車を受け取ろうとするなら最低でも今月中には購入契約をしなければならないようです。熟慮する暇がないのが困りものですが、どうにかしなければ・・・






Last updated  2014.04.24 01:43:37
コメント(2) | コメントを書く
2013.12.31
<←2009年に高松に来港した時の『しんかい6500』。外装と耐圧殻・各種機器類以外は浮力材を詰め込むスペースになっているため、割とスカスカな中身だなぁという印象でした(笑)>

 (独)海洋研究開発機構(JAMSTEC)が運用している大深度有人潜水調査船『しんかい6500』は、世界でもトップクラスの潜水深度を有する潜水艇であり、日本近海をはじめとして太平洋・大西洋・インド洋等で海底地形や深海生物の調査に従事し成果を挙げています。2012年には推進装置の改修が行われ運動性能の向上が図られましたが、1989年の就航から24年が経過しており、後継船の建造が検討されていました。
 しんかい6500の後継船については、内閣府の総合科学技術会議が定義した"国家基幹技術"の一つである『海洋地球観測探査システム』の中に盛り込まれ、今後優先的に開発されるべき科学技術と位置付けられていますが、その具体的な後継船となる『しんかい12000』の概要が明らかになりました。

*深海底に滞在可能、2本の腕を持つ有人潜水船 <読売新聞社>
(注:Web上のニュース記事のため時間経過により削除される可能性があります)

 海洋研究開発機構の基本デザイン案では、しんかい12000は現6500(全長9.7m)より一回りほど大きい全長12〜15mで、名称の通り潜水深度12,000mまで潜航できる耐圧性能を持ち、北西太平洋のマリアナ海溝にある世界最深部(チャレンジャー海淵 約10,911m)まで余裕を持って潜水可能となります。また、球形耐圧殻を複数繋いだ広い船室を備えて4人搭乗で2〜3日間の滞在調査が可能な居住性も備える予定です。2023年頃の就航を目指しており、東日本大震災の震源付近の深度8,000m級の海底や深海生物の調査等への活用が期待されています。

 現在でも世界最高水準の潜水能力を持つしんかい6500の後継船については、現6500を発展させた深度10,000m以上の潜水が可能なタイプと、潜水深度を3,000m程度に抑える代わりにアクリル耐圧殻を採用して目視での観察能力を重視したタイプの2案が検討されていたようですが、どうやら前者を基本に現6500では実質3時間程度とされる深海での活動時間や居住性を向上させる方向になるようです。本来なら両方の調査船を保有するのがベストでしょうが、予算の制約もあり難しいところでしょう。
 耐圧殻を複数繋いだ船室構造は何だか海上自衛隊の潜水艦救難艦に搭載されるDSRV(深海救難艇)を連想させますが、この辺は潜水深度や用途こそ違うものの運用環境は同じなので技術的に応用が利く分野でしょう。また、現6500の建造から20年以上が経過し、潜水調査船の建造技術を次世代の技術者に継承する意味でも後継船の建造には大きな意義があるといえます。
 近年はROV(遠隔操作式無人探査機)やAUV(自律型無人潜水機)の性能向上が著しいですが、過去には10,000m級の潜航が可能だったROV『かいこう』のビークルをケーブル破断トラブルで喪失した苦い経験もあり、臨機応変な対応が必要なミッションは今後もしんかいシリーズのような有人調査船が担うことになるようです。






Last updated  2013.12.31 10:31:06
コメント(0) | コメントを書く

全69件 (69件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.