396582 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

クリームな日々

PR

楽天プロフィール

設定されていません

お気に入りブログ

ゼロ除算。 分母の関… New! 再生核研究所さん

自由人の軸足 New! しっぽ2さん

新しい運動の季節へ… KUMA0504さん

3が月のお預け aki07051127さん

奈良西大寺展 薔薇豪城さん

まだ読売取ってます… heliotrope8543さん

まっくら森の歌 rhyssa05さん

ワイト独立連合帝国 スーパー鈴木2287さん
Broken mend broken. Ged4344さん
あれが噂の 「Welcom… Priorityさん

コメント新着

abi.abi@ Re[1]:オバマスピーチ、英文付。朝日(05/29) kuronekoさん >関連記事に利用させていた…
kuroneko@ Re:オバマスピーチ、英文付。朝日(05/29) 関連記事に利用させていただきました あり…
abi.abi@ Re:戦後が戦前にならないように(03/30) 大田さんと糸数さんがとりわけ切実に響い…
abi.abi@ Re[1]:追悼、鶴見俊輔(07/24) おシャマなTomさん >久々にカキコ致しま…
おシャマなTom@ Re:追悼、鶴見俊輔(07/24) 久々にカキコ致します<(_ _)> 昨日・…
abi.abi@ Re[1]:アベ政治を許さない。ポスターの影響(07/19) kuronekoさん >「平塚らいてうの世界」と…
kuroneko@ Re:アベ政治を許さない。ポスターの影響(07/19) 「平塚らいてうの世界」というドキュメン…
abi.abi@ Re[1]:転載「田中龍作ジャーナル」(04/08) 薔薇豪城さん > すっかり「もう決まっ…
薔薇豪城@ Re:転載「田中龍作ジャーナル」(04/08) こんにちは。テレビで「マイナンバー」と…
abi.abi@ Re[1]:転載「田中龍作ジャーナル」(02/12) 薔薇豪城さん >こんにちは。どんな事件も…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

バックナンバー

2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月

フリーページ

ページ1


井上哲メール


「沖縄県民の声が政治を動かしている」


質問


11月15日証人喚問


井上哲志メール07,12,7


外交防衛問題集中審議


08,9,7井上さとしメール


9月18日メール


9月29日メール


9月30日メール(井上さとし)


田母神招致、井上メール08.11.11


井上メール( 靖国f派への審判)09,10,7


原始第三歌仙集 『化石』


惜別。フィリパ・ピアス 


追悼、カート・ボネガット


毎日ニュース07,4,4


学力テスト不参加の犬山市


滋賀県議嘉田知事支持の候補12人当選


学力テスト差し止め申請。京都


憲法改正アンケート


自衛隊がデモ調査


関組長


政治家にオーラを求めるな。


ネット中傷


沖縄戦集団自決「強制」記述に修正意見


安倍の問題点


NTT通信障害07,5,15


NTTの説明


普天間移設調査:海自参加 


名簿


テーマ:食品値上げ(asahi )


宙船(そらふね)


矢祭町の選択(2007.12.20)


加藤登紀子の時間泥棒(アスパラクラブ)


読み解く。国際情勢


和田中夜スペ,差し止め求め仮処分申請


9条世界会議


関組長転載。2008.4.11


保坂展人のどこどこ日記(転載)4月28日


讀賣08,6,3


自衛隊地震不明者捜索から撤退


ヨミウリニュース


NHK


ZAKZAK(08,9,26)


2008、報道の自由度ランキング


クシャナ


沖縄集団自決訴訟2審判決


関組長メール


落合恵子「積極的その日暮らし」08,12,27


09,2,20讀賣新聞


新型インフルエンザ検体問題


加古隆


連立政権合意全文 (民主、社民、国民新)


鳩山演説要旨


国連演説新しい形


読売


レンホウさんとコオミさんのツィート


鳩山首相への緊急提案[提案呼びかけ人]


転載さいごのふれーず


坊ちゃんのことby碧猫さん


畠山さんのメルマガ、6


2011,6/15定義集 大江健三郎 


全1574件 (1574件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2017年06月26日
XML
カテゴリ:政治経済


木曜日朝四時 国民的な行事 色を変えた常識 説明ならば放棄 何らかの事情に 何らかの理想に 良い悪いの定規 それでつくるなんてホント正気? 燃えた家計簿に 火消しをするように 木を隠した森 丸出しでSorry シンゾウには毛が生えて舌の数は無尽蔵 HP残り36ポイント 保護するのは秘密の方でテロと五輪歪な項で 組み合わせてできたそれで治安維持しようぜ 右左錆びたシーソー 気にしない アホらしいよね 決して否定はしない 絶対悪などいやしない ただ有権者の立場で一意見だけ発したい だってラッパーはニュース出てもギャグラップやめてくれもう沢山 胡散臭い 海岸からミサイル 対岸にはトランプ 国内外この調子で既に点る黄色のランプ なんでこんなタイミング 安心できる方がおかしい 半信半疑 朝目覚めりゃ終わってる会議 保守にもリベラルにもクジラックスや詩織さんにも愛を それはそうと強行で許容で共謀て ねえやっぱちょっとキョウボウじゃない? ちょっとキョウボウじゃない? ねえやっぱキョウボウじゃない? ちょっとキョウボウじゃない? 黙った方がいいかソウカ たまったもんじゃない






最終更新日  2017年06月26日 00時08分53秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年03月26日
カテゴリ:政治経済
田中ジャーナル
この後急ぎ購入した。

程なくして森友事件が注目される。
菅野氏は一躍有名人になってしまった。
これで身の危険は遠のくのだろうか、それともよけい危ないのだろうか。
今アマゾンで件の本はトップの人気だと書いてある。

メディアが仕事をすれば政権が持たないのは明らかだろうが、どうも危ない。
秘書子さんは外国に飛ばされるという噂も聞いたが本当だろうか。
明日の内閣支持率は、下駄なしでどのくらいになるのかな?
裏で進行する共謀罪も目を離せない。






最終更新日  2017年03月26日 18時56分48秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年01月29日
カテゴリ:メディア
晋ゴジラ

この絵のタイトルは『この世界の片隅の君の名は、晋ゴジラ』だそうです。
本人コメント
<先日、発表されましたキネマ旬報のベストテンの第1位に28年ぶりに、アニメの作品「この世界の片隅に」が選ばれ、2位は、「シン ゴジラ」、一番ヒットしている「君の名は」は、ベストテンにも入りませんでした。
 どれも良い映画でしたが、やっぱり、「この世界の片隅に」は、傑出していて、
戦争をやりたがっている馬鹿な政治家には、絶対見させなくてはいけない映画です。
 兎に角、いま挙げさせて頂いた三つの作品は、共通点があります。
「この世界の片隅に」は、広島の原爆、「君の名は」は、福島の原発事故を想像される出来事がモチーフ、「シン ゴジラ」は、核実験の放射線から生まれた巨大生物。今回は、それをまとめた作品にしました!
「この世界の片隅の君の名は、晋ゴジラ」です。
「シン ゴジラ」は、安倍晋三さんの「晋 ゴジラ」です。いろいろばら撒いてます。日本の国民へのお金を削って、12日は、フィリピンに1兆円ばら撒きました!
 このゴジラは、息を吐くように嘘をつき、自分のお金のように国民の税金を外国にばら撒きます。〉






最終更新日  2017年01月29日 22時57分47秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年12月16日
カテゴリ:カテゴリ未分類


早速拡散します。






最終更新日  2016年12月16日 14時24分53秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年10月17日
カテゴリ:原発
2016年10月16日は長く記憶される日になると思う。
こうなることを希望していたが、実現できるとは思っていなかった。
これで流れが変わる。
選挙中の各党からの応援演説の動画を見たが、それぞれの言葉に力があり見聞きした人には必ず届くと思えた。

田中隆作ジャーナル






最終更新日  2016年10月17日 00時39分27秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年10月02日
カテゴリ:政治経済
ここから先に読んだほうが経過が分かる。
「2015年6月17日、ロイター通信の主催する講演会後の質疑で「女性初の首相を目指すのか」と問われ「政治家であるなら、誰でも首相を目指している」と答えた。


 2016年2月17日朝日新聞は、「安倍首相、森氏・稲田氏を“きわめて有力な総理候補”」と題し、企業の女性幹部らが集まるシンポジウムの歓迎会で「今日は我が党からは森雅子・元少子化担当大臣、稲田朋美政調会長にも来ていただいた。第2次安倍政権で2人は閣僚を務め、立派に大きな仕事を成し遂げた。2人とも将来、自民党の指導者、あるいは総理大臣候補としてもがんばっていただきたい」と述べたと報じた。


 稲田氏は自民党の重要ポストである政調会長につき、本年8月3日に成立した第3次安倍内閣で防衛大臣についた。確かに首相候補になりうる経歴である。


 稲田朋美氏の特徴は、日本政治のタブーともいえるような分野で、激しい発言を行い、注目を浴び、そして「日本会議」のような極右のようなグループから強い支持を得るとのパターンである。


 これらには下記の表明がある。


A級戦犯と戦争責任について「、東京裁判は「占領政策」「戦後体制」の中心であり、東京裁判史観の克服なしに戦後体制の歪みを是正することはできない」と


 靖国神社について、「首相の靖国参拝を阻止しようとする忘恩の輩に道徳・教育等を語る資格はない」と発言。同年発行の『WiLL』では、「靖国神社というのは不戦の誓いをするところではなくて、『祖国に何かあれば後に続きます』と誓うところでないといけないんです」と述べている。


 稲田氏の政治家としての特徴は、過激に見える発言を政治理念として最後まで貫くというのではなくて、あくまで政治的道具であり、政治環境が変われば、発言内容も行動も変えるという政治家であった。例えばTPPに関しては自民党の野党時代、ISD条項は国家主権を犯すものと激しく攻撃していたが、自民党が政権をとると態度を変え、こうした発言は行っていない。


 つまり、稲田朋美という政治家は


注目を集め、政治的利益を得る時には、他に突出して過激な発言を行う、



しかし、過激な発言は自分の信条として貫くまではしない



ポストに就けば、慣習的にポストが求める行動をとるという政治家である。

この矛盾を察知したのが、辻本清美議員であった。

そして、.9.30 産経ニュースは「稲田朋美防衛相が涙目… 民進・辻元清美氏「戦没者追悼式欠席は言行不一致」と追及され言葉詰まる」との表題で報じられた。

ここはまさに言行不一致が浮き彫りに出る場所である。

靖国神社参拝は、首相、官房長官、外務大臣、防衛大臣が公式参拝を特に8月15日には行わないとする歴代内閣の方針がある。稲田氏は首相など8月15日公式参拝すべきと主唱してきた。この矛盾を解決するため、8月15日ジブチに海外出張することで切り抜けた。

そこを辻本清美につかれた。

(2016転載)

 辻元氏「稲田大臣、こういうことをおっしゃっている。『自国のために命をささげた方に感謝の心を表すことのできない国家であっては防衛は成り立ちません。これは日本という国家の存亡にまで関わる』と」

 「ところで、そうおっしゃっている大臣が、国防の責任者になられて、今年の8月15日です。これは防衛大臣になられて初めての8月15日。全国戦没者追悼式があった。これは閣議決定までして天皇皇后両陛下、総理大臣、両院議長はじめ政府の公式の追悼式。今年は5800人の遺族の方、ご高齢の方が多いですが、全国から出てこられているんです。先ほど天皇陛下のご公務の話があったが、最重要のご公務だといわれている」

「これを欠席されたんですよ。あなたはいつも『命をささげた方に感謝の心を表すことのできない国家ではなりません』と言っているにもかかわらず、欠席するのは言行不一致ではないかと思いますよ。そう思いませんか。いつもおっしゃっていることと違いますか。政府の公式ですよ。そして調べました。閣議決定されてから防衛大臣で欠席されたのはあなただけなんですよ。言行不一致じゃないですか。いかがですか」

 稲田氏

 「その中で今回、戦没者追悼式に出席しなかったという指摘ですけれども、それは誠にその通りでございます。その理由については就任後、国内外の部隊について一日も早く自らの目で確認して、その実情を把握して、また激励もしたいという思いから、部隊の日程調整をしてきた結果、残念ながら出席をしなかったということでございます」

 辻元氏「反省していますか」

稲田氏「大変残念だったと思います」

 辻元氏「急にジブチの出張が入ったといわれているが、8月13日に出発して15日を挟んで16日に帰国されている。12日に持ち回り閣議でバタバタと出発しているわけです。確かに世界各国、日本国内の自衛隊を防衛大臣が視察されること、激励されることは大事ですよ」

 「しかし、あなた、日ごろいっていることと違うのではないですか。こうもおっしゃっていますよ。『いかなる歴史観に立とうとも国のために命をささげた人々に感謝と敬意を示さなければならない』。毎年、靖国神社に行ってこられましたね。これ公式行事ですよ。あなたの、戦争でなくなった方々への心をささげるというのは、その程度だったのかと思われかねないですよ。そんなに緊急だったんですか」

 稲田氏「今までの私の発言… 読み上げられた通りです。その気持ちに今も変わりはありません。今回、本当に残念なことに出席できなかったということですが、ご指摘はご指摘として受け止めたいと思います」

 辻元氏「国会議員は地元で式典があったり、集会があったりします。でも防衛大臣ですよ。ジブチに行きたくなかったんじゃないですか。稲田大臣が防衛大臣として靖国に行くと問題になるから、回避させるためではないかと報道されているんですよ。あなたは防衛大臣だったら信念を貫かれた方がいいと思いますよ」

 そして同様のやり取りは核兵器保有問題を持っても行われた。

 稲田氏は2011年雑誌での対談で「核保有を国家戦略として検討すべき」と発言しているが「今核兵器を保有すべきでないと考えている」と逃げの発言をした。

 今の日本の風潮に従い、突出した右派的発言をする、それを政治的に利用する、しかし重要ポストに就いたら、これまでの発言と関係なく、従来の刊行に従う言動をする、それを如実に示した。

 救いは、その矛盾に耐えられないという知的認識を持っていたということである。」

孫崎さんは精力的にネットで発信している。
もっと多く知られて欲しい。













最終更新日  2016年10月02日 23時06分08秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:政治経済
たいへん重要と思うので記録。

稲田朋美議員は、自他ともに有力総理候補として扱われてきた。2015年6月17日、ロイター通信の主催する講演会後の質疑で「女性初の首相を目指すのか」と問われ「政治家であるなら、誰でも首相を目指している」と答えた。 2016年2月17日朝日新聞は、「安倍首相、森氏・稲田氏を“きわめて有力な総理候補”」と題し報道した。


しかし、衆院予算委員会で30日、稲田朋美防衛相が民進党の辻元清美氏の追及を受け、涙ぐみ、辻元氏は、稲田氏がジブチの自衛隊視察のため今年8月15日の全国戦没者追悼式に出席しなかったことなどを問題視、稲田氏は「今回、本当に残念なことに出席できなかったが、指摘は指摘として受け止めたい」と言葉を詰まらせながら答えるのが精一杯という情景をみせ、全国民の前に、総理としての資質のないことを暴露した。もしこの一件がなければ、稲田朋美議員は今後とも有力総理候補として扱われていく可能性が高く、改めて辻本氏の政治家としての力を見せつけた。


辻元 清美1960年4月28日生まれ


蓮舫  1967年11月28日生まれ -


 両者は比較的同じ世代の政治家である。


 一般市民に対するアピール度は両者ともに似ている。


 辻元氏に言えることは、政治の世界では蓮舫氏に比較してはるかに苦労してきている事、早大在学中の1983年歴史教科書問題に触発され、アジア諸国と日本の交流の活性化を目的としたNGO「ピースボート」を設立したこと等にみられる如く早い時代から政治理念を持ち、かつ,政治家としては1996年社会民主党党首の土井たか子の誘いを受け、第41回衆議院議員総選挙に比例近畿ブロック単独で出馬し、初当選したことにみられる如く、ほぼ野党一色で過ごし、多数派に向かう形で、勉強を積んできている。今日、安全保障問題を語らせば、民進党最強の論客であろう。


 他方、蓮舫氏は1993年4月、テレビ朝日の報道番組『ステーションEYE』のメインキャスターという華麗な道を歩み、同じシナリオを渡された時の説得力、アピール度合には抜群のものを持っている。


 しかし、今、日本は危機の真っただ中にある。


集団的自衛権、



TPP参加



原発再稼働



秘密保護法に代表される抑圧政策



消費税アップ、法人税下げに代表される格差社会の拡大

 民進党が国民の信頼を勝ち取るためには、これらの問題から真正面に取り組む必要がある。他の問題でどれくらい頑張っても、国民の関心は得られない。それが今次国会での党首質問で迫力不足と言われた源である。

 残念ながら、民進党には上記問題で自民党と同じ姿勢をとる強力な勢力がある。

 しかし、第2自民党の民進党で国民の支持が増す可能性はない。

 国民世論こそ、政策立案の核になる。

 蓮舫氏も辻元氏に見れる確固たる信念と、体制に果敢に挑戦する精神を学べば、多くの国民の支持を得られる。」






最終更新日  2016年10月02日 22時57分57秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年09月24日
カテゴリ:カテゴリ未分類







最終更新日  2016年09月24日 00時59分35秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:カテゴリ未分類







最終更新日  2016年09月24日 00時58分15秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:カテゴリ未分類






最終更新日  2016年09月24日 00時57分11秒
コメント(0) | コメントを書く

全1574件 (1574件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.