2008年10月20日

歴史が動いている

テーマ:ニュース(83394)
カテゴリ:政治経済

このニュースはちょっとびっくり。

 「パウエル前米国務長官は19日朝の米NBCテレビの番組で、米大統領選で民主党大統領候補のオバマ上院議員を支持すると表明した。パウエル氏はブッシュ政 権で国務長官を務めた人物で、共和党候補のマケイン上院議員には大きな打撃となる。11月4日の投票日を控え、党派を超えてオバマ氏を支持する動きが広が りつつある。」

パウエル氏といえば、日本で高遠菜穂子さんたちに、自己責任論でバッシングが起こったとき、その高い志を誇りに思わないといけないという発言をしたのだったと思う。

 「イラクの人たちのために、良いことをしようとした人を、日本人は誇りに思うべきだ」

こういう言葉だった。

 

政治家は言葉で人を動かせなければ一流ではない。

日本にそういう人は何人居るだろう。 

 

女神
もやいがピンチだそうです。支援の仕方。

 






TWITTER

最終更新日  2008年10月21日 23時33分10秒
コメント(0) | コメントを書く
[政治経済] カテゴリの最新記事