099309 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

一休骸骨

ハリーポッターと炎のゴブレット

ハリーポッターと炎のゴブレット
制作:2005 / 米 
監督:マイク・ニューウェル
主演:ダニエル・ラドクリフ

☆☆☆☆DVD発売未定☆☆☆☆

先日、ゴムチーの「今夜なんか観たい」って連絡を受け
「エリザベスタウン」とも悩んだんですが、
「男2人で号泣すんのはちょっと…」ってことで
「ハリーポッターと炎のゴブレット」を観てきました♪


満足度:★★☆☆☆

とりあえずぅ~

長い…

いやね、自分ハリーポッター好きなんですよ。
原作も全部読んでるし。
まぁ確かに世間が騒ぎ出してから
モノの試しに読んだらハマッってしまったという
ミーハーポッタリアンですけどぅ~(´ー`)
DVDも『賢者の石』と『秘密の部屋』は持ってます。

しかーし、やはり長い

映画化するには『秘密の部屋』がやっぱり限界だったのかなぁ。
原作のボリュームから言って
今回の4巻『炎のゴブレット』は1巻『賢者の石』の
8倍くらいあるから150分でも無理なんだよねw
それでも今回はいいカンジにまとまってた方ですよ。


もちろん視覚的にはたっぷり満足させてもらいました!

このシリーズの映画化されて1番おもしろいトコは
原作を読んで自分が想像してた世界と
実際スクリーンに出てくる風景を
見比べられるトコだと思う。
そうそう!テントはこんなカンジだとおもった!」とか
え~セドリック・ディゴリーはもっとイケメンだよぉ~」とかねw
100人いたら100通りのハリーポッターがあっていいんだけどね。


ドラゴンとの格闘シーンは原作にはない部分も追加されてたりして
ハラハラドキドキしたし♪


そこで思ったのは
別に無理に原作どおり作るより
映画で視覚的に表現したほうがおもしろいシーンや
大事な要素だけをかいつまんで
100分ぐらいのエンターテイメント性の高い作品を作るほうが
いいんじゃないかな
と思った。

もちろん作者J.Kローリングや世界中のファンのモノだから
好き勝手に映画製作サイドがイジくるのも難しいけど

今のまんま、原作に忠実な事と
エンターテイメント性の間で中途半端になるくらいなら
「劇場版ハリーポッター」にしちゃったほうが
結果的にはみんな納得する映画に仕上がるんじゃないかなぁ
なんて壱日本人の意見。


ハリーポッターと炎のゴブレット 公式サイト


まぁ余談ですが
ゴムチーと話してたのが
思い切ってハリーを今を時めくアクションスター

ヴィン・ディーゼルに!

ハーマイオニーをトゥームレイダーでもお馴染みの

アンジェリーナ・ジョリーに!

したらおもしろいんじゃないかと…
もちろんロンはそのまんまルパート・グリント君に♪
ハリーの十八番、『エクスペクトパトローナム』は

2005-12-08 15:48:03
こんなカンジ♪

2005-12-08 15:52:54
ハリー、なんだい?その筋肉?

2005-12-08 15:50:55
WELCOME to POTTER ZONE.



© Rakuten Group, Inc.