611203 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

わたしは価値を創る

強者の戦略、弱者の戦略

強者の戦略、弱者の戦略

ランチェスター戦略では、1位の企業(事業者)のみを強者とし、それ以外すべてを弱者と定義しています。つまり、世の中の圧倒的多数は弱者と位置づけられています。

一般に強者は、経営資源が豊富であり、兵力数において優位であるため、第二法則に基づく戦いをするべきであると説明されています。すなわち、弱者を広域戦に引きずり込み、確率戦的状況を作り上げ、遠隔戦に持ち込むことが勝利への道であると言えます。

これに対して弱者は、第一法則に基づく戦いをしなければなりません。すなわち、局地戦を重視し、接近戦を挑み、一騎打ちに持ち込まなければ勝つことはできません。

多くの企業(事業者)は、自らの立場を弱者と明確に位置づけできず、あるいは、位置づけできていたとしても、弱者の戦略を知らないために、無駄な経営努力をしている場合が非常に多いと思われます。

まずは、自らを弱者であると明確に位置づけること。さらに、弱者の戦略を打ち出すことが勝つためには必要不可欠な条件です。


弱者の基本戦略

差別化戦略:差別化とは同業他社と違うものをもつこと、あるいは、違うやり方をとることをいう。弱者が強者と同じことをしていたのでは、まず勝ち目はない。

弱者の5大戦略

1.局地戦で戦う
2.一騎打ちに持ち込む
3.接近戦で戦う
4.一点集中主義に徹する
5.陽動作戦を展開する


強者の基本戦略

ミート戦略:ミートとは追随すること、つまりマネすることである。強者は弱者が差別化してきたら、直ちに追随すればよい。そうすれば弱者の差別化効果はなくなる。

強者の5大戦略

1.広域戦で戦う
2.確率戦に持ち込む
3.遠隔戦を行う
4.包囲戦を行う
5.誘導作戦をとる



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.