592155 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

わたしは価値を創る

全2968件 (2968件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

August 27, 2017
XML
カテゴリ:仕事関連の日記
仕事関連の内容については、こちらのブログに移行いたしました。(2017年8月)

今後、こちらは更新頻度が少なくなると思います。

長い間、お世話になりました。






Last updated  August 27, 2017 11:15:10 PM
コメント(0) | コメントを書く
August 24, 2017
カテゴリ:仕事関連の日記


■本日、発行したメルマガの内容です。

業績好調のカルビーに関する記事です。

特に、フルグラを300億円事業に育てた手腕は素晴らしい。

が、このままでは将来不安定だと思います。

そのあたりを書かせていただきました。



【楽天ブックスならいつでも送料無料】「廃業寸前」が世界トップ企業になった奇跡の物語 [ 駒井俊雄 ]

株式会社クリエート・バリュー

大阪で毎月1回開催「戦略勉強会」

営業を会社の強みにする「営業コンサルティング」

オンラインでランチェスター戦略を学ぶ。「ランチェスター戦略入門セミナー」






Last updated  August 24, 2017 02:06:16 PM
コメント(0) | コメントを書く
August 20, 2017


■「さおだけ屋はなぜ潰れないのか」で有名な公認会計士、税理士の山田真哉氏による記事です。

昨今、調子が悪いビジネス書出版業界の展望を書いておられます。

これがなかなか面白かったです。

1.予備校のように分かりやすく楽しく教えるというスタイルが拡大する。

2.新しい女性著者が登場する。

3.本格派が台頭する。

ということでした。

■2000年代。ちょうど私が独立した頃は、ビジネス書ブームのただ中でした。

世の中には、ワクワクするようだが、ちょっと胡散臭い、自己啓発書や成功指南本が溢れていました。

読みやすいし、自分でもできるような気がするので、なんだかんだと読んだもんです。

が、いつか読まなくなりました。

先行本の焼き直しとしか思えないようなチャラい本ばかりになってしまいましたからね。

それと、できる気がするだけで、実際にはできないし、やらないということに気付いたんですよね。

■いきおい、読む側としては、ちゃんとした研究データに基づく理論や古典を読もうという気になります。

哲学書のように深い思索が必要な本もこれから読まれるでしょうね。

ただ、いきなり岩波文庫収録の経済学書を読めと言われても困るので、それを分かりやすく解説した参考書的な本が必要となる次第です。

もっともこれからは、参考書で完結するようなお手軽本ではなく、原書にあたることを前提とした指南書が主流になるのではないか。

マラソンの指導書のようなものです。最終目標はフルマラソンを走ることで、そのためにどのような準備をして、どのようなフォームで走るのかを解説するわけです。

■あと記事には書かれていませんが、電子書籍もジワジワと広がってくると感じます。

おそらく紙の本が扱わないような内容のもの(自主規制の対象とか、流行遅れになったとか)がそこでは扱われるはずです。

電子書籍業界から出てきたスター著者がいれば、一気に盛り上がるのかも知れません。それが女性著者なのかも。


平成のビジネス書 「黄金期」の教え (中公新書ラクレ) [ 山田真哉 ]




【楽天ブックスならいつでも送料無料】「廃業寸前」が世界トップ企業になった奇跡の物語 [ 駒井俊雄 ]

株式会社クリエート・バリュー

大阪で毎月1回開催「戦略勉強会」

営業を会社の強みにする「営業コンサルティング」

オンラインでランチェスター戦略を学ぶ。「ランチェスター戦略入門セミナー」






Last updated  August 20, 2017 08:34:39 PM
コメント(0) | コメントを書く
August 17, 2017


■片道1時間以上の顧客とは取引しない。などという方針をとる企業は実は多いと思います。

が、多くは小売りやサービス業など。地域住民をターゲットとしたビジネスです。

この記事のように機械の設計制作を行う企業というのは珍しい。

■ただその方針は合理的です。

競争が激しい業界においては、顧客と継続的な取引が可能となるような信頼関係を築かなければならない。

信頼関係を作るためには頻繁に接触をする必要があります。

だとすれば、すぐに行けるような場所にいた方がいいわけです。

各地域に支店があればいいのでしょうが、小さな企業の場合は、そうもいかないので、逆転の発想として、近くの得意先だけに絞るという決断です。

■記事の企業では、機械の設計制作をしているということなので、発注先と密に打ち合わせをする必要もあるでしょう。

今はメールもビデオ通話もあるのでその使い方を学べばいい、という人もいるでしょうが、それよりも直接会う方法を考える方が現実的です。

頻繁に接触し、信頼関係を作ることで、ヒアリングの精度も上がり、顧客の問題がどこにあるのかを知ることができるようになります。

有益な提案、顧客満足度の向上、アフターフォロー、継続取引とつながっていきます。

■ランチェスター戦略でいえば、弱者の戦略の一つである「接近戦」に即した方針です。

単にスローガンに終わるのではなく、こうした会社の規定として接近戦をせざるを得ないように仕向けるやり方は、基本に忠実なだけに、効果的な方針であると思います。

目先の受注額に惑わされず、方針を貫くこの経営者は立派です。

「あの事件がなかったら、こんな変わった戦略を打ち出すことはしなかった。きっといまだにうだつのあがらない会社だったはず。今となっては、気づきを与えてくれたと感謝している」と鈴木社長。今後も、独自のエリア限定戦略を推し進めていく考えだ。

と仰っておられます。

そのきっかけとなった逸話も「下町ロケット」みたいでいいですね^^


【楽天ブックスならいつでも送料無料】「廃業寸前」が世界トップ企業になった奇跡の物語 [ 駒井俊雄 ]

株式会社クリエート・バリュー

大阪で毎月1回開催「戦略勉強会」

営業を会社の強みにする「営業コンサルティング」

オンラインでランチェスター戦略を学ぶ。「ランチェスター戦略入門セミナー」






Last updated  August 20, 2017 05:45:44 PM
コメント(0) | コメントを書く
August 16, 2017


■ゴム業界の話です。

この業界、ブリヂストンがダントツのトップです。

国内では下記のような状態。市場独占しております。

1位 ブリヂストン [56.4]
2位 住友ゴム(ダンロップ) [12.3]
3位 横浜ゴム(ヨコハマタイヤ) [9.5]
4位 東洋ゴム(トーヨータイヤ) [5.9]
5位 東海ゴム [5.8]


ちなみに海外でも、ブリヂストンはトップ。ただしこちらは、まだ僅差のトップです。

1位 ブリヂストン [14.6]
2位 ミシュラン [13.7]
3位 グッドイヤー [9.4]
4位 コンチネンタル [6.0]
5位 ピレリ [4.3]


[最新版]国内・海外タイヤメーカー別シェアランキング

■ブリヂストンは、8割を海外から稼ぐグローバル企業です。

特に北米では強い。

記事でも主流となる18インチタイヤをおさえていることがわかります。

■これに対して、国内4位の東洋ゴムは、いろいろ問題があるようです。

2015年、建物の土台に使う免震ゴムのデータ改ざんをはじめとして、鉄道車両に使う防振ゴムでも不正が発覚しました。

「偽装だらけ」の東洋ゴムは、復活できるのか(東洋経済オンライン)

いまは立て直しの最中です。

■が、記事ではいい話です。

東洋ゴムとしては、北米で普通にやっていたら勝てないので、SUV用タイヤに特化した戦略をとっていました。

SUVが売れるとなれば、大手ブリヂストンやミシュランがミートしてくるので、さらに20インチの大型タイヤに照準を合わせています。

「勝てるところで圧倒的に勝つ」というのは、ランチェスター戦略の教えるところです。

同社は、現地新工場を作って、生産体制を強化し、勝ちを圧倒的なものにしようとしているところのようです。

勝ちが圧倒的になれば、他社はやってこなくなりますからね。

■東洋ゴムの売上は、国内第4位ですが、利益では3位企業を凌駕しているとあります。

1位以外は薄利。ただし4、5位あたりで高利益の企業がある。というのは、業界でよくある話です。

ニッチ戦略というのは、はまればそれだけ儲かるということを示しています。

ただ、これだけニーズが多様化している現在、大手企業もニッチ市場狙いにならざるを得ず、小さな会社がうまみのある市場をやすやすと見つけられる状況ではなくなってきています。

だから高利益を維持するためには「圧倒的に勝って、ライバルを寄せ付けない」という施策が必要になってくるわけです。


【楽天ブックスならいつでも送料無料】「廃業寸前」が世界トップ企業になった奇跡の物語 [ 駒井俊雄 ]

株式会社クリエート・バリュー

大阪で毎月1回開催「戦略勉強会」

営業を会社の強みにする「営業コンサルティング」

オンラインでランチェスター戦略を学ぶ。「ランチェスター戦略入門セミナー」






Last updated  August 16, 2017 03:23:26 PM
コメント(0) | コメントを書く
August 15, 2017
カテゴリ:仕事以外の日記


■WBC世界バンタム級タイトルマッチ。山中慎介VSルイス・ネリ。

衝撃の結末でした。4ラウンド、山中陣営がリングに飛び込んだためレフェリーがストップ。

一瞬、山中も何があったのかわからないという顔をしていました。

その山中は試合後「効いていなかった。まだやれた」と語っています。

■挑戦者のネリは「反撃がないので、レフェリーが止めたと思った」と言っています。

4ラウンドまでは、ネリが優勢でした。ストップの場面も、荒っぽいフックが何発か山中を捉えていました。

山中が防戦一方になって、ガードも甘いので、危険な状態に見えたのも確かです。

ただ同時に、ネリも山中の左を何度か受けて、ダメージを負っていました。

■帝拳ジムとしては、前半相手に攻めさせて、後半勝負とみていたようです。

ネリもあれだけ攻めれば、後半は疲れて、山中の餌食になっていたかも知れない。

ネリは、荒っぽいが、防御も粗いので、その可能性は十分にあったと思います。

■ただそのことをジムの会長が「トレーナーが勝手に止めた」とマスコミに言うのはどうなのか。

山中本人はともかく、近くで見ていたジムの会長や関係者の何人かは「まだやれる」とみていたようです。レフェリーもストップする気はなかったらしい。

しかし山中のことを一番知っているはずのトレーナーが止める判断をしたのだから、そのことで文句を言ったらだめですよ。

トレーナーの判断ミスだとしても、そのトレーナーを認定したのはジムなのでしょうから。

■ジムの会長は、興行やビジネスのことを念頭に置いて言っているらしい。

確かに、この試合に逆転勝ちして、年末14度防衛の新記録に挑戦するとなれば、盛り上がる興行になったでしょう。

が、そのことで山中にダメージを負わせるのはどうかと思います。

この先、長い人生なのですからね。選手の身体を第一に考えなければなりませんよ。

■残念ですが、仕方ないですね。

ここ何試合か、山中は危ない場面を作られてきました。

左ストレートの威力は健在でしたが、防御への反応という意味では、衰えをみせていました。

そう考えると、山中の状態をよく知るトレーナーの判断はきっと正しかったのでしょう。

素晴らしい王者でしたが、いつか終わりは来るものです。

今までありがとうございました。






Last updated  August 16, 2017 01:14:03 PM
コメント(0) | コメントを書く
August 11, 2017


■こういう人もいるんですねー。

対人ストレスを抱えた人が、好きなこと興味のあることを追い続けた結果、生活に困らない程度のビジネスをつくることができた、という記事です。

この方、ストレスの多い日本を離れてカンボジアに渡り、そこでアンダーグラウンドに触れる生活をしていたらしい。違法なことも相当やったのでしょうかね。

いまは、自分が面白いと思うものだけを優先して載せた電子書籍を作って販売しています。

(目次だけを見る限り、コンビニの棚から撤去されたような怪しげな雑誌類が想像されます)

■ビジネスとしては、アマゾンキンドルとアマゾンビデオを使ったコンテンツの販売です。特にキンドルですね。

アマゾンには月定額を支払えば電子書籍の一部が読み放題になるサービスがありますが、こちらの書籍はそこに入っているらしい。(ビデオもプライム会員なら見放題です)

読まれた分だけ購読料が入る仕組みです。

アングラに触れたコアな電子書籍(雑誌)なので、読み放題のコンテンツとしては、食いつきがいいのでしょう。

いまだ普及してない電子書籍というジャンルで、今のところどういうコンテンツが売れるのかが、この事例から分かりますね。

■ただこの事例だけで独立起業のヒントとするのは危険ですな。

一つは、このビジネスに永続性はないということ。アマゾンキンドルが今後どのように方針転換していくのか分かりませんし、何よりこのコンテンツにいつまで客がつくのだろうかと危惧します。

もちろんこの記事の方は、市場環境に合わせてビジネスを転換していくのでしょうし、そのための注意力と根気と計画性は持ち合わせていると読み取れます。

決して楽々と好きなことだけをやる、という話ではありません。むしろ、ビジネスの基盤を作りにくい厳しい道をいかれていると思います。

■本当に計画もなしに好きなことを求める人は、普通はこういうことになるはずです↓

30年間も"自分探し"を続けた50代の末路

皆さん、今の仕事がやりがいになるように頑張っていきましょうね^^


【楽天ブックスならいつでも送料無料】「廃業寸前」が世界トップ企業になった奇跡の物語 [ 駒井俊雄 ]

株式会社クリエート・バリュー

大阪で毎月1回開催「戦略勉強会」

営業を会社の強みにする「営業コンサルティング」

オンラインでランチェスター戦略を学ぶ。「ランチェスター戦略入門セミナー」






Last updated  August 11, 2017 12:05:15 PM
コメント(0) | コメントを書く
August 9, 2017


■これは面白い記事です。ぜひお読みください。

著者は「ひふみ投信」というファンドの代表者(マネージャー)です。多くの経営者と会って投資してきた経験から、成功する社長の特徴を書いています。

その特徴とは

1.ケチで細かい

2.出されたお茶を飲み干す

3.ラーメン店をやると成功しそう

な人だということです。具体的なような抽象的なような。でもよくわかるたとえです。

特に3のラーメン店をやると成功しそうだ、というのは面白いですね。確かに、バイタリティと堅実さと気遣いがミックスされているような人が思い浮かびます。

■ちなみに私が考える成功する社長の条件とは「営業と経理を理解している」ことです。

当たり前すぎますかね。

精通までしていなくて結構ですが、現場担当者や会計士を問いただせるほどの理解は必要です。

お金をどのように入れるのか、そのお金をいかにして会社に残すのか。これが経営の根本だと思う次第です。

■1の成功する経営者はみんな細かくてケチだというのは、全くその通りだと思います。

利益が出る出ないというのは、常に紙一重ですからね。

その紙一重を積み上げられる社長だけが生き残っていると感じます。

本当にアバウトな人が長く続けている例をみたことがありません。


【楽天ブックスならいつでも送料無料】「廃業寸前」が世界トップ企業になった奇跡の物語 [ 駒井俊雄 ]

株式会社クリエート・バリュー

大阪で毎月1回開催「戦略勉強会」

営業を会社の強みにする「営業コンサルティング」

オンラインでランチェスター戦略を学ぶ。「ランチェスター戦略入門セミナー」






Last updated  August 11, 2017 11:13:29 AM
コメント(0) | コメントを書く
August 3, 2017


■ドウシシャさん。大阪の会社です。

以前、会社員だった頃、業界がかぶっていたので、何度か営業の方とお話したことがあります。

その時、確かに「うちの経営理念はつぶれないことです」と仰っていました。

面白い会社だなあと思った記憶がありました。

■つぶれない会社を実現するために、部門ごとに独立採算で動いていて、商品開発や販売もそれぞれの部門が独自に運営をしているスタイルをとっているそうです。

経理的には、京セラのアメーバ経営みたいなものですかね。

会社全体の一貫性が出しずらいので、大きな成長は見込めませんが、各部署がそれぞれ黒字化を至上目標としているので、大きな失敗はないやり方です。

まさに理念通りの運営です。

■営業としては、小さな市場を設定して、そこでナンバーワンをとるという弱者の戦略の徹底です。

かき氷器とか、小さな市場でしょうが、それだけに大手企業が参入してこなかったのでしょうね。そういう隙間を集めてビジネスにしているようです。

ステンレス魔法瓶もそうですね。魔法瓶自体、大きな市場ではありませんが、そこにはサーモスや象印がいて手ごわい。そこでドウシシャは、「デザインボトル」というカテゴリーを勝手に設定して、そのマーケットで日本一を目指したというわけです。

おそらく魔法瓶の販売先も、上位企業が主流とする量販店ではなく、ディスカウントストアやドラッグストア、雑貨屋などを狙っているのでしょう。

強いライバルと争うのを避けて、勝ちやすきに勝つ。というのは、単純ですが効き目のある戦略姿勢です。

それを徹底しているドウシシャの経営姿勢は立派だと思います。

逆にいうと、タイガー魔法瓶やピーコックなどは、ドウシシャを狙い撃ちにすれば、いいんですけどね。(足下の敵攻撃の原則による)

そういう意味では、こうした記事になるのはドウシシャのリスクを高めることにつながらないだろうかといらぬ心配をしてしまいます。


【楽天ブックスならいつでも送料無料】「廃業寸前」が世界トップ企業になった奇跡の物語 [ 駒井俊雄 ]

株式会社クリエート・バリュー

大阪で毎月1回開催「戦略勉強会」

営業を会社の強みにする「営業コンサルティング」

オンラインでランチェスター戦略を学ぶ。「ランチェスター戦略入門セミナー」






Last updated  August 4, 2017 11:33:29 AM
コメント(0) | コメントを書く
August 1, 2017


■ツタヤが、小売り向けの店舗企画会社に変貌しつつあるという記事です。

CDやDVDのレンタルが縮小していくのは自明のことです。次のビジネスとして、試行錯誤してきたのが、異業種との提携でした。

スタバと提携して店舗を作ってみたり、図書館の運営をしてみたり。

そうして蓄積してきた店舗づくりのノウハウを家電量販店などに提供していっているようです。

■しかしツタヤが手掛けるべきは、映画などのオンライン配信ビジネスではなかったのか?

ネットフリックスのような存在になれる可能性もあったはずです。

が、増田社長は「加盟店のビジネスを毀損することに遠慮した」とその理由を語る。

要するにレンタルDVD店を運営するFC加盟店の手前、ネット配信事業にはいけなかったということですよ。

既存ビジネスと食い合いになってしまうので新しいことができなかった。というのは、衰退する企業がいつも言うことなので、気になるところですけどね。

だから「ネットで提供できないこと」をとにかく店舗に詰め込むという現在の方針も、消去法で仕方なくやっているのではないの?と思ってしまいます。

■それにしても、小売り店舗の企画事業というのは、こじんまりしたビジネスです。

それでツタヤはどのような未来を描こうというのでしょうか?

祖業である本やDVDのレンタルという中心がなくなれば、本当にただの企画会社になってしまいます。

中核となるビジネスを早く作らなければ、じり貧になってしまうと思うのですが、それが見えてこないんですよね。

心配してしまいますよ。


【楽天ブックスならいつでも送料無料】「廃業寸前」が世界トップ企業になった奇跡の物語 [ 駒井俊雄 ]

株式会社クリエート・バリュー

大阪で毎月1回開催「戦略勉強会」

営業を会社の強みにする「営業コンサルティング」

オンラインでランチェスター戦略を学ぶ。「ランチェスター戦略入門セミナー」






Last updated  August 4, 2017 10:36:32 AM
コメント(0) | コメントを書く

全2968件 (2968件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

PR

Calendar

Category

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索

Wishlist

Rakuten Ranking

Rakuten Card

Headline News


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.