611356 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

わたしは価値を創る

全276件 (276件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 28 >

仕事以外の日記

August 15, 2017
XML
カテゴリ:仕事以外の日記


■WBC世界バンタム級タイトルマッチ。山中慎介VSルイス・ネリ。

衝撃の結末でした。4ラウンド、山中陣営がリングに飛び込んだためレフェリーがストップ。

一瞬、山中も何があったのかわからないという顔をしていました。

その山中は試合後「効いていなかった。まだやれた」と語っています。

■挑戦者のネリは「反撃がないので、レフェリーが止めたと思った」と言っています。

4ラウンドまでは、ネリが優勢でした。ストップの場面も、荒っぽいフックが何発か山中を捉えていました。

山中が防戦一方になって、ガードも甘いので、危険な状態に見えたのも確かです。

ただ同時に、ネリも山中の左を何度か受けて、ダメージを負っていました。

■帝拳ジムとしては、前半相手に攻めさせて、後半勝負とみていたようです。

ネリもあれだけ攻めれば、後半は疲れて、山中の餌食になっていたかも知れない。

ネリは、荒っぽいが、防御も粗いので、その可能性は十分にあったと思います。

■ただそのことをジムの会長が「トレーナーが勝手に止めた」とマスコミに言うのはどうなのか。

山中本人はともかく、近くで見ていたジムの会長や関係者の何人かは「まだやれる」とみていたようです。レフェリーもストップする気はなかったらしい。

しかし山中のことを一番知っているはずのトレーナーが止める判断をしたのだから、そのことで文句を言ったらだめですよ。

トレーナーの判断ミスだとしても、そのトレーナーを認定したのはジムなのでしょうから。

■ジムの会長は、興行やビジネスのことを念頭に置いて言っているらしい。

確かに、この試合に逆転勝ちして、年末14度防衛の新記録に挑戦するとなれば、盛り上がる興行になったでしょう。

が、そのことで山中にダメージを負わせるのはどうかと思います。

この先、長い人生なのですからね。選手の身体を第一に考えなければなりませんよ。

■残念ですが、仕方ないですね。

ここ何試合か、山中は危ない場面を作られてきました。

左ストレートの威力は健在でしたが、防御への反応という意味では、衰えをみせていました。

そう考えると、山中の状態をよく知るトレーナーの判断はきっと正しかったのでしょう。

素晴らしい王者でしたが、いつか終わりは来るものです。

今までありがとうございました。






Last updated  August 16, 2017 01:14:03 PM
コメント(0) | コメントを書く
July 31, 2017
カテゴリ:仕事以外の日記


■まさに日本を代表する名王者だった内山高志が引退を発表しました。

まことに残念。まだやれるだろーと思っていましたが、それは本人が決めることです。

内山は「自分の中では前のように練習で追い込めないことがいちばん。ボクサーとして、中途半端な気持ちで試合をすることは絶対にできないという気持ちが強かった。」と言っています。

ストイックな内山選手ならではの引退理由です。

■それにしても、WBAスーパーフェザー級のタイトルを6年以上、11度も防衛した実績は素晴らしい。

奇しくも同日に引退を発表した三浦隆司と対戦した時は、あの強気の三浦が「これ以上殴られると死んでしまう」と棄権したほど強かったものです。

しかし記事を読むと、あの三浦との試合では右拳を脱臼して途中から左一本で戦っていたのだとか。

いかにしっかりした技術を身に着けていたかを証明するエピソードです。

■内山のボクシングは、豊富なアマチュア経験に裏打ちされた基本に忠実で正統的なものでした。

さらには決して奢らない謙虚な性格も、日本を代表する王者に相応しいものでした。

最盛期の内山は、スーパーフェザー級最強の王者だったといってもよかったのではないでしょうか。

■ただ残念なのは、日本国内でしか試合ができなかったことです。

キャリアの後年、本人は海外でのビッグマッチの実現を希望していましたが、ジムの交渉力の有無か、あるいはテレビ東京の意向なのか、実現することはありませんでした。

三浦の海外での活躍をみるにつけ、内山ならさらに活躍したかも知れないと思えたので「もし海外に進出していたら強かった」という仮定でしか話せないことが残念でなりません。

海外のビッグネームは「無名だけど強い選手」を嫌がりますからね。内山はまさにその代表でした。

内山高志のキャリアは、これからの実力ある日本人選手にとって、大いに参考にすべきものではないでしょうか。(もちろん逆の意味で)

■だからといって内山選手の価値が下がるわけではありません。

これからは指導者として日本のボクシング界を牽引していくことでしょう。

本当にお疲れ様でした。






Last updated  August 1, 2017 01:55:04 PM
コメント(0) | コメントを書く
July 30, 2017
カテゴリ:仕事以外の日記


■実に残念です。元WBC世界スーパーフェザー級王者の三浦隆司がついに引退です。

記事にあるように世界的スターになれる可能性が充分にあったボクサーだけに、あと一歩のところで夢破れたのが本当に残念です。

■7月15日、私も必死になって観ましたが、この大一番にほとんど見せ場なく敗れてしまいました。

もともと器用なボクサーではありません。強烈な左のパンチを唯一の武器としてきたボクサーだけに、足を使ったアウトボクシングには弱かった。

相手のベルチェルトは、打ち合いに強い好戦的なボクサーだっただけに、噛み合う、ともいわれていましたが、さすがに三浦の左を警戒して、徹底したアウトボクシングに終始しました。

勝ちに徹するには当然の作戦です。が、日本人としては、打ち合いをみたかったなあ…と思ってしまいます。

■しかし、中盤、三浦の強烈なボディブローを受けたベルチェルトが苦悶する場面も見られました。

うなりを上げながら放つ左ストレートの威力は、空振りでも強烈で、会場をざわつかせました。

この階級随一のパンチ力は、本場アメリカの観客を魅了し、この日の興業ではメインイベンターに抜擢されたほどです。

不器用だが、実に魅力的なボクサーでした。

■全試合、倒すか倒されるかのボクシングはスリリングでしたが、それだけにダメージの蓄積も相当のものだったのでしょう。

致命的になる前に引退するのが正解です。

小さい頃からの夢をかなえることができたし、想像もしてなかったアメリカのリングに立てて最高のボクシング人生でした

という本人の言葉が救いです。

ゆっくり休んだあと、第二の人生に進んでいってほしいですね。






Last updated  July 30, 2017 01:09:59 PM
コメント(0) | コメントを書く
July 6, 2017
カテゴリ:仕事以外の日記


■ボクシングの歴史に鮮烈な足跡を残したマイク・タイソンの今を伝える記事です。

自尊心が低く、自信のない子供だった彼は、貧困地域の中で、まさに生き残るために暴力性を身につけました。

少年院の中でボクシングの才能を見出されてからは、ひたすら殴ることが彼のアイデンティティとなっていきました。

恐ろしく強い世界チャンピオンになるのですが、それでも彼の本質は変わってなかったようです。

すなわち、自分の強さを誇示し、称賛され、畏怖されることが、存在証明でした。

■そんな彼だから、近づいてくる人間を見分けることができなかったのでしょう。

搾取し利用することが目的の連中に甘やかされて、私生活も、ボクシング技術もめちゃくちゃになってしまいます。

(この時期のタイソンは、暴行、脅迫、薬物使用など、なんでもありの酷い状態だったようです)

一般人にもその名を知られた凄まじく強いボクサーであったことは確かですが、同時に、その巨大な才能を生かすことができなかった愚者でもあります。

持っていたポテンシャルを思うと、そのピークがあまりにも低く、あまりにも短かったことが残念でなりません。

■そんな彼が、いま第二の人生で成功を収めようとしているようです。

俳優として、タレントとして、アニメのキャラクターとして、順調にキャリアを積んでいっています。

Mike Tyson: Undisputed Truth

Mike Tyson Mysteries

マイク・タイソンを直撃、自身のアニメと過去を振り返る!

ドニー・イェン×マイク・タイソン!映画『イップ・マン 継承』特報

喜ばしいことです。

■タイソンは、インタビューでこんな発言をしています。

考え方を変えることが大切です。それは他の誰でもなく、自分にしかできません。あなたは、なりたい人間になれるのです。あなたさえ、それを本当に望むのであれば。もし「今日から画家になろう」と思ったのなら、その目標のために一所懸命努力しなさい。画家としての人生を掴むまで諦めないことです。私は、詐欺師や泥棒のような人生を送ってきましたが、今は社会の一員として責任ある行動を取る人間になりました。仕事から家に帰ると子供たちが、私を待っていてくれること、ここに存在していることに感謝します。こんな家や家族を持てるような人間ではなかった私が、いま大切な家族とここに住んでいる。感謝の気持ちで胸がいっぱいです。

これが、かつて本能のままに行動していた男の発言かと思うと、感動を覚えます。

もともと純粋な人だったのでしょうね。この発言が本来の人間性からのものであることを望みます。






Last updated  July 6, 2017 11:27:07 AM
コメント(0) | コメントを書く
June 20, 2017
カテゴリ:仕事以外の日記


■ついに井上尚弥が米国デビューします。

今年9月9日。

そのイベントが派手です。

メインイベントが、ローマン・ゴンザレスとシーサケット・ソールンビサイのリターンマッチ。

さらにカルロス・クアドラスとファン・フランシスコ・エストラーダの挑戦者決定戦も開催されます。

まさに軽量級のオールスター興行です。

■いかにアメリカが軽量級に期待を寄せているかがわかります。

本来、人気のあるのは、重量級、中量級なのですが、興行費用が比較的安くて済む軽量級を人気コンテンツにしようというテレビ局側の思惑を感じます。

そこに必要なのが、元PFP(パウンド・フォー・パウンド:体重差をなくした場合、最も強いボクサーと推察される者のランキング)1位で知名度抜群のローマン・ゴンザレス。

そのライバルとして、大いに期待されているのが、井上尚弥です。

■昔なら、無名の井上にここまで期待がかかることはないのですが、今はyoutubeがありますから、一般のファンにも井上の凄まじい強さは知られるところとなっています。

現在、今一つの試合が続くロマゴンとすれば、井上との対決は、人気回復のためのチャンスであす。

さらにいうと、そう長くない残りの選手生命の中での、ビッグマッチの機会です。

ロマゴンが、井上側にすり寄る気持ちはわかります。

ロマゴン側は、今回勝って、指名挑戦者にも勝って、満を持して井上と戦いたい。

さらにいうと、リターンマッチも含めて、引退まで、2、3回はやってみたいでしょうな。

■ただ身体が成長しており減量苦の井上とすれば悠長なことを言ってもらっては困ります。

今年中に対戦。できなければ、バンタム級に転向して、新たなライバルを見つけたいところでしょう。

正直にいって、力に陰りのみえる今のロマゴンと戦う価値は薄れています。

減量苦でしょっぱい試合をするよりは、力を発揮できる階級で思う存分やった方が、井上のキャリアに資することでしょう。

今回の米国デビュー戦でモンスターぶりを発揮してもらって、ロマゴンが手の届かないスターになっていってもらいたいと望みます。






Last updated  June 21, 2017 11:05:04 AM
コメント(0) | コメントを書く
June 4, 2017
カテゴリ:仕事以外の日記


■村田諒大が「日本人史上最大の試合」と評するビッグマッチが8月に実現するようです。

日本人の亀海喜寛が、4階級制覇の強豪ミゲール・コット(プエルトルコ)とWBO世界スーパー・ウェルター級王座決定戦に臨みます。

日本人としては珍しい中量級の王座への挑戦、ということもさることながら、相手がとんでもない強豪です。

45戦して、40勝5敗。

スーパーライト級、ウェルター級、スーパーウェルター級、ミドル級の4階級で戴冠しました。

5敗したのも、アントニオ・マルガリート、マニー・パッキャオ、フロイド・メイウェザー、サウル・アルバレスなど世界的強豪ばかり。マルガリートとアルバレスは体格的なハンデがあったので仕方のない負けだったかも知れません。

そんな世界的ビッグネームに日本人が挑戦するというだけで快挙です。

■亀海ってあまり知られた存在ではありません。

私も知らなかった。この人、米国を中心に試合をしているボクサーです。

ここ何試合かの試合が高評価だったとかで、今回のチャンスをつかんだようです。

しかし、記事にあるように、位置づけはミゲール・コットの復帰戦のため。いわゆるかませ犬です。

コットにとって、まあ負けることのない相手。しかしあまりに弱かったら興業にならないので、そこそこの相手。ということですな。

■だが、そのコットに挑戦した時のパッキャオも、当時としてはかませ犬扱いでした。(←かませ犬は言い過ぎでしたm(_ _)m ただコット有利の評が多かったと思います)

勝てるはずのない相手をKOしたパッキャオは、スター街道を驀進していきました。

(もっとも負けたコットも、その後のパッキャオがあまりに規格外なので価値を落とすことはあまりありませんでしたが)

亀海が、パッキャオのようにコットをKOすることも充分にありえますよ。

■現在、日本のジムに所属する世界チャンピオンは、12人いるそうですよ。

しかし世界チャンピオンなのに世界的に有名な人はあまりいません。日本の興業マーケットが、アメリカを中心とする世界マーケットと分離されているからなんですね。

そもそも日本人は体格が小さいので世界で人気のある中重量級のボクサーが少ない、それなら国内でそこそこ稼げばええやんというわけです。

それはそれで一つの道なんですが、やはり世界マーケットはでかい。稼げる金が違います。日本チャンピオンクラスでバイトを辞められないという状況は、業界としてどうかと思いますね。やはりその先には何十億と稼げるようになるという夢がないと過酷な競技をするには割が合わないでしょう。

なにより世界的強豪から(興業的に)相手にされないというのは、ボクシングをする者として我慢ならないことのはず。

近年は、ローマン・ゴンザレスのように世界的な人気を博す軽量級選手も出てきていますから、日本人が世界進出する機運が高まってきています。

それに最近はユーチューブがあるので、井上尚弥とか山中慎介などは世界のボクシングファンに知られたボクサーも出てきています。井上など実力からいえば、世界的スターになる要素は充分にありますね。

ただ井上ほど突出した能力がない場合でも、アメリカで活躍できる実力者は日本人にも大勢いるはずです。

早期に世界マーケットで戦う選択をした亀海は、その嚆矢となる存在です。

亀海選手にはこのチャンスをぜひ活かしてほしいですし、他の選手も後に続いてほしいと思います。






Last updated  June 4, 2017 12:58:08 PM
コメント(0) | コメントを書く
May 22, 2017
カテゴリ:仕事以外の日記


■相変わらず、強かったですねー。

昨日のスーパーフライ級タイトルマッチ。井上尚弥が、WBO2位の選手を寄せ付けず。1発もパンチをもらわずに3ラウンドKOでした。

日本ボクシング界のレジェンド長谷川穂積が、ボクシング界の枠を超えた存在と言うのですから、並大抵のことではありません。

次戦はいよいよアメリカ進出ということです。どこまで行くのかわかりませんね。この人は。

■ただ気になるのは、今回の試合で右ストレートを殆ど打たなかったこと。打つ時はボディでした。

今回は敢えて右を使わずに勝とうと思ったのか。あるいは、負傷を抱えているのか?

何もなければいいのですが。

■それはそうと最近、各ジャンルで規格外の天才が現れてきていますね。

野球では大谷翔平。

ボクシングでは井上尚弥。

キックボクシングでは那須川天心。

将棋の人もいましたね。

天才の当たり年なんでしょうか。

■一昨日、ミドル級に挑戦した村田諒太は残念でした。

絶対勝ったと思いましたけどね。

村田諒太の敗戦と判定を検証する。実は亀田戦と同じジャッジが!?

あの試合内容で村田が負けたというのならボクシングは大衆のもとを離れたということになりますよ。WBAの会長は再戦を指示したっていうけど、その前にジャッジを教育しとけという話です。

帝拳の会長が「再戦なんてしない」と言っているのはWBAへの根強い不信感もあるだろうし、フジテレビと電通への配慮もあるんでしょうね。

しかし見方を変えれば、村田の実力は、チャンピオンクラスであるということが分かったわけです。

これからも村田選手をサポートして、世界戦を企画してほしいものです。






Last updated  May 22, 2017 04:15:59 PM
コメント(0) | コメントを書く
March 22, 2017
カテゴリ:仕事以外の日記


■残念です…

WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)で、日本代表は2大会連続の準決勝敗退に終わりました。

スコアだけ見ると、1-2で僅差のいい試合です。実際、緊迫したいい試合でしたし、アメリカはこれまでになく本気モードでした。

が、実際には、上の記事にある通り、スコア以上の力の差があったと思います。

■日本の投手陣は見事でした。力の限りを尽くして、アメリカの強力打線をよく抑えていました。

しかし打撃陣は、アメリカの投手陣に完全に抑え込まれていました。

今大会、機能していたはずの打線が、今日の試合に限って、まるで打る気配がなかったように思います。

なれない球場、気候、ボール。初めて対戦する変則投手。といった条件を考えると、それも仕方ないのかなと思いますが。

■今回の試合をみると、やはり日本は投高打低なのですね。

2次ラウンドまでは、投手陣よりも打者陣の活躍が目立ったのですが、やはりメジャーの一線級を相手にすると、投手陣の力が際立ちます。

日本の打者を世界クラスに育てるにはどうすればいいのでしょうか。

■思うに、日本の野球は、メジャーに比べて、打者有利にできているのかもしれません。

打者有利で投手不利になるゆえに、その中で投手が育つわけです。

逆に、打者不利の状況をつくれば、打者が育つのだろうか。

飛ばないボール。広い球場。広いストライクゾーン。

しかしそうなると、プロ野球でロースコアの試合ばかり増えて、地味になってしまうのかも知れませんしね。

■こうなると、大谷翔平には打者として育ってほしいと思ってしまいます。

160キロ超の剛速球投手が滅多にいないのはわかりますが、それ以上に、大谷クラスのスラッガーはさらに珍しいのではないか。

今大会、大谷が出ていれば、メジャーも打者大谷の凄さを目の当たりにして、二刀流を認めるチームが増えたかもしれない。

そういう意味でも残念でした。






Last updated  March 22, 2017 10:30:12 PM
コメント(0) | コメントを書く
March 19, 2017
カテゴリ:仕事以外の日記


■なんとパウンド・フォー・パウンド不動の1位のローマン・ゴンザレスが判定負け!

パウンド・フォー・パウンドとは、体重差を無くした時、最も優れたボクサーは誰か?をランキングしたものです。

現実には、体重差があると勝負にならないのですが、ボクシングファンが脳内で誰が強いのかを考えて楽しむためのものですな。

そのランキングで、ローマン・ゴンザレスは長らく1位を維持していました。

このランキングは体重が軽いクラスに有利に働くものですが、それでも立派なことでした。

■しかも今回の相手が、決して最高のスキルを持つボクサーではなかったことがショックです。

要するに、4階級を制覇したロマゴンは、そろそろ体格的に力負けする階級に来てしまったというわけです。

6階級を制覇したマニー・パッキャオのような例もあるので、ロマゴンにはこんなところで負けてほしくないと願いたいものでしたが、パッキャオのような特殊な人と比べるべきではなかったようです。

■日本人にとって事のほかショックだったのは、ロマゴンを初めて倒すのは、井上尚弥だと思う向きが多かったことです。

井上ならロマゴンを倒せるはず。多くの日本人はそう期待していたはずです。もし世界一強いといわれるロマゴンに勝てば、井上は一気にパウンド・フォー・パウンドの上位に躍り出たはず。

それも、ロマゴンが強くて無敗のボクサーである時に、勝つことが重要でした。

しかし、最高級とは思えないボクサーに力負けしているロマゴンに勝っても、以前ほどの価値は生まれません。

いや、それどころか、リターンマッチを優先させるロマゴンに、井上と試合をする動機はもうないのかも知れない。

■おそらく井上サイドとしては、今のジムが主導権を持ったままで、世界的なボクサーとして活躍させたかったのでしょう。

それが、無敗のロマゴンを倒すという実績を頼みにした道筋でした。

が、ここに至っては、海外展開の方向性を一から立て直さなければならなくなってしまいました。

たぶん海外の有力プロモーターと提携していくことになるのでしょうね。ビジネス的にはうまみが小さくなったのかも知れません。

が、井上ほどの才能を日本国内で埋もれさすのは何とももったいないことです。

ここは、割り切らないと仕方ないでしょう。

井上の試合がWOWOWでしか見られなくなっても受け入れます。

だからなるべく早く海外で試合をする道を進んでほしいと思います。






Last updated  March 22, 2017 11:06:15 PM
コメント(0) | コメントを書く
January 29, 2017
カテゴリ:仕事以外の日記


WBC世界スーパーフェザー級12回戦。三浦隆司vsミゲール・ローマン(12回TKOで三浦の勝利)

■シン・激闘王 三浦隆司が、世界挑戦者決定戦において、豪快なKO勝ちを収めたようです。

「どちらもワールドクラスのディフェンダーではありません。そもそもそうなろうともしていません」
 この試合を中継した米メガケーブル局HBOのアナウンサー、ジム・ランプリーがそう述べたほど、打ちつ打たれつの激しい打撃戦だった。


っていうか防御力弱すぎ。いつもの通り、けっこう打たれながら、最後は逆転KOしたらしい。

こんな試合を続けていて、よく身体がもつもんですね。

■ただ、こういう試合をするので、アメリカでも人気が出るわけですね。

今回も、年間最高試合とかデラホーヤに言われています。まだ1月だけど。

■しかし、世界挑戦のターゲットだったフランシスコ・バルガスが負けてしまったので、このまま素直に世界挑戦できるかどうかは不透明になったとか。

勝ったミゲール・ベルチェルトも強そうですね。

三浦は、次回負ければ後がないと言ってますので、なるべく早く挑戦していただきたい。

王者になって、強い相手とガンガンやって、それで引退です。

身体が壊れる前にやめないとえらいことになりそうですし。

■早く動画が観たい。






Last updated  January 29, 2017 08:06:05 PM
コメント(0) | コメントを書く

全276件 (276件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 28 >

PR

Calendar

Category

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Ranking

Rakuten Card

Headline News


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.