273027 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

たくみんの生意気に書いちゃえ

2020年03月23日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
人生、いろいろある。それを乗り越えて、自分の人生を楽しく面白く生きていくと決めている。乗り越える際、楽しいこと、面白いことに注目して、そちらに意識を向ける。楽しくないこと、理不尽なこと、不合理なこと、暗い話題などに不安や悩みを持たず、解決する方向性を決めて、それを伝えて行動するならして、あとはケセラセラでいく。そのケセラセラのきっかけに、面白い動画や映画を観たり、美味しいものを食べる方法がある。スポーツや買い物もある。買い物は今、特に欲しいものがない、スポーツも走る歩くの他は、施設が今月一杯、閉館しているので、できることで楽しむ。いただいた焼いたチーズケーキが美味しくて、太らない程度に食べて、喜んでいる。美味しさに救われて、ありがたい。自分はお菓子も調理もするので、こうやって元気をなくした人たちに、料理やお菓子で少しでも元気になってもらえたらいいのだな、と気づく。ありがたい。
--------------------------------------------------------------------

人の心に灯をともす

【よき言葉を「口ぐせ」とする】

筑波大学名誉教授、村上和雄氏の心に響く言葉より…『奇跡を呼ぶ100万回の祈り』ソフトバンククリエイティブ


あなたは「良くない口ぐせ」を無意識にしていないでしょうか。

良くない口ぐせとは、否定的な言葉、ネガティブな言葉です。

「疲れた」「面白くない」「お金がない」「時間がない」「忙しい」「つまらない」…。

このような言葉を使っているようでしたら、すぐに使うのをやめるべきです。

なぜなら、祈りの効果を期待する以前に、こうしたネガティブな言葉も「祈り」と同じように実現されてしまうからです。

身近な人たちを思い出してみてください。

いつも「忙しい、忙しい」と言っている人は、本当に、あわただしく過ごしていませんか?

「大変だ、大変だ」と言う人は、なぜかいつもトラブルに巻き込まれてばかりいませんか?

「お金がない」が口ぐせの人は、同様にいつも金欠に悩まされていませんか?

日本には「言霊(ことだま)」という言葉があります。

言霊とは、言葉に宿る神霊のことで、言葉の不思議な働きのことをいいます。

古来から、日本人は、言葉の持つ働きを信じ、さらにはそれらを大切にしてきました。

「ありがとう」と言えば「ありがとう」と感謝したくなるような世界が現れ、「ばかやろう」と言えば「ばかやろう」と怒りたくなる世界が現れる。

言葉には世界を創造する働きがある、ということを昔から日本人は感じ、それを信じて生きてきたのです。

それは、まるで「言葉にも遺伝子がある」かのようです。

人間が不健康な生活や放射線などの影響で、遺伝子が傷つき、病気を引き起こすことがあるように、ネガティブな言葉もまた、それを使い続けることで、自分にマイナスの影響を与えます。

どんなに一生懸命祈っていても、一方でネガティブな口ぐせを持っていたら、その口ぐせの世界も同時に「祈っている」ことになってしまうのです。

花瓶に生けた花の水の交換や手入れをするときに「キレイだね、素敵だね」と話しかけると花が長持ちする、というような話を聞いたことはないでしょうか?

ある女性のボーイフレンドは、その女性の部屋に遊びに来るたびに、その部屋にあった観葉植物に対し、

「これは育てるのが大変なんだよ。すぐにダメになってしまうんだから」

と言い続けていたのだそうです。

すると、青々とした葉が茂っていた植物だったのに、みるみるうちに元気がなくなり、根ぐされしてしまったそうです。

実は、その観葉植物は彼女の母親が贈ってくれたもので、彼女の実家にも一緒に買った、同じ種類の鉢がありました。

しかし、そちらの鉢は、イキイキ、ピンピンと元気に葉を茂らせたままだったのです。

植物の手入れの方法は母親から教わっていたので、彼女は実家と同じように育てていたそうです。

唯一の違いは、ボーイフレンドがかける言葉だけでした。

このボーイフレンドの「すぐにダメになってしまう」という言葉は、それを聞いていた彼女にも影響していたようで、二人の関係もダメになってしまったといいます。

こんなふうに、自分が発するネガティブな言葉によって、せっかくの祈りをだいなしにしないためにも、口ぐせはすぐにあらためることが大事です。

日本の復興を願うのであれば、「先が見えない」「時間がかかることだ」「そう簡単にはできないことだ」といった発言にも意識的に注意を払いましょう。

それよりも、最初はなんの根拠もなくて構いませんから、周りの人を「なんだか、一緒にいると元気になれる」と思わせるくらい、楽天的に「どうにかなる」と、ただひたすらアホのように祈り、行動してみてください。

そうやって、前向きな空気をつくりだすことで「もしかしたら」が「これならできる」という空気に変わり、結果として復興を支援することにもつながるからです。

 

この本は、2011年に起きた東日本大震災のために書かれたものだ。

現在、世界各地で、コロナウイルスによる被害が拡大している。

今まさに、2011年の大震災と同じような状況が世界各地で起きているといってもいい。

ある評論家は対案も出さず、「このコロナウイルスによって日本はダメになる、もっとひどい状態になる」といって不安を煽(あお)る。

またある人は、「近い将来、このコロナウイルスはなんとかなる、日本は大丈夫」という。

日本はダメになる、もっとひどい状態になるという評論家は、自分の名誉のため、知らず知らずに「日本が駄目になり、もっとひどい状態になる」ことを願ってしまっている。

なぜなら、その未来予測が当たってくれなくては自分評判が落ち、今後の商売に差し障るからだ。

この世がダメになって欲しい、みんなが困って欲しいと願う者を、西洋では「サタン」や「デーモン」といい、仏教では「悪鬼羅刹(あっきらせつ)」(人に悪いことをする化け物・魔物)という。

「悲観的に準備し、楽観的に対処せよ」

という瀬島龍三の言葉がある。

戦時中の日本の参謀であり、戦後は伊藤忠商事の会長として世界規模の総合商社に発展させ、その後、中曽根康弘元首相の顧問などの要職に就任し、「昭和の名参謀」と呼ばれた人だ。

名経営者や名リーダーは、最悪の事態を想定してあらゆる準備をする。

そして、準備をしたのちは、どんなときも笑顔とユーモアを忘れず、楽観的に生きる。

楽観的とは、安岡正篤師のいう「心中に喜神(きしん)を含む」ということ。

『喜神の神とは神社仏閣に祀ってある神ではなく、精神の神(しん)、つまり心の最も奥深い部分を指す言葉だ。

従って喜神を含むとは、どういう立場に立たされようと、それに心を乱されることなく、心の奥深い部分にいつも喜びの気持ちを抱いてことに当たれば、どんな運勢でも開けないものはなく、上昇気流に乗ったように開けていくという意味』(下座に生きる)より

「言葉には世界を創造する働きがある 」

明るくて、元気が出て、楽観的で、前向きな、よき言葉を「口ぐせ」とする人でありたい。
--------------------------------------------------------------------
→言霊を信じている。だからずっと「ありがとう」と唱えていたい。喜神の神を常に目指していたい。嬉しい、楽しい、面白い、わくわくすることに意識を向けていたい。最悪な事態を想定して、ちょっとだけ準備をしておいて、最悪な事態を忘れて楽しんでいるのがいいなあ。ちょっとだけ準備というのは、貯金。物欲がないし、飲み会に行く時間がないので、好きな果物とヨーグルト、豆菓子ナッツ、スタバの飲み物でお金を使う。神道のお勉強用の本も買う。それでも年に一度の海外旅行で、ほとんど貯金がなくなる。それでいい。また貯めていくから。
--------------------------------------------------------------------

幸せの扉

【 ひすいこたろうの名言 】
 
すべての人と仲良くできなくたっていいんだよ!
結局、人生は生きているだけで丸儲け!
 
(1)正解を探すのが人生ではない。いまできることをやるのが人生なんです。
 
(2)どっちに転ぼうが、結局、人生は生きているだけで丸儲け。
 
(3)人生は結果ではないのです。
勝ち負けよりも、人に勇気を与えるものは「生き様」なのです。
つまり、不幸だろうが、困難があろうが、借金があろうが関係ない。
いま、どう生きるか、そこが勝負。
 
(4)自分を許せるようになると、人も許せる。
 
(5)すべての人と仲良くできなくたっていいんだよ。
 
(6)無理やり目標を作らなくていい。無理やり自分の人生を創り出さなくていい。
ただ、いま目の前のことを、ひとつひとつ大切にしていけばいい。
 
(7)「涙のあとに立ちあがる」と書いて「泣く」。
 
(8)人に「ありがとう」と声を出して言ってみる。
すると、脳はその人に対して感謝する合理的な理由を探し出す。
そうすると、周りの人のいいところが見えやすくなる。
 
(9)あなたの「見方」ひとつで世界を「味方」にできる。
 
(10)あなたがくだらないと思っている今日は、昨日亡くなった人がなんとかして生きたかった、なんとしてでも生きたかった、今日なんです。
 
(11)あなたひとり輝けばいい。そうすれば全体が輝く。
 
(12)しあわせだから笑ってるんじゃない。笑ってるからしあわせになるんだ。
 
(13)「1年前に自分が何について悩んでいたか覚えていますか?」
覚えている人なんてまず、いません。悩みは勝手になくなるのです。
 
(14)「自分のために」では行けるところに限りがあるんだと思います。
「あの人の喜ぶ顔を見たいから」そんなとき、人はありえないところまで行けます。
 
(15)泣いてたって笑ってたって、明日は来るんだ。だったら、笑おうか。
 
(16)「できない」と思っていたら、100年経ってもできませんが、「できるかも」と思えたら、それはできます。この差は天と地ほど大きい。
 
(17)今日という1日を普通に過ごせることが、どれだけ素晴らしいことであるかわかっているだろうか。
 
(18)相手の立場から世界をみようと考えること、それが優しさです。
 
(19)不幸な人と幸せな人の違いは、見ているところだけなんです。

不幸な人は、不幸を見つけるのがうまい。

幸せな人は、幸せを見つけるのがうまいんです。違いはそれだけ。
 
 (20)なりたい自分がほんとうの自分だよ。
 
 (21)しあわせになりたかったら、自分探しをするのもいいけど、目の前の人にしあわせになってもらう方が案外、近道かもしれない。
 
(22)面白くない「現実」があるのではなく、面白くない「視点」があるだけ。
 
(23)この世で一番大きく悩んだのは、ブッタとイエスキリストだったのではないかと僕は思っています。
どうやったらこの世界を救えるだろう?って、彼らは、真剣に悩んだと思うのです。
悟ったら悩みがなくなるのではなく、悟ったら悩みが大きくなるのです。
才能とは、どこまで大きく悩めるかということ。大きく悩む人ほど飛躍します。
 
(24)いつか必ず来る人生最後の日。

人生最後の日に、「あーおもしろかった」と笑って死ねるか。
そこから逆算して、「では今日は何をすべきか」と考えればいいのです。
 
(25)幸せに成功してる人たちを見ていると、絶対にこの話はしないってことがあるんです。
それは、人の悪口。
--------------------------------------------------------------------
→ひすいこうたろうさんのメルマガを読ませてもらって、元気をいただく。今できることをさせてもらえていたら、きっといいことがあると信じている。望む人生の方向へ向かうことを祈る。勝ち負けに意識を向けないけれど、生き様には意識を向ける。可能性をもって、やれるさ、とこつこつとやれることを続ける。コロナ感染で不安でいっぱいになっている人がいて、不安ばかり嘆いている。大丈夫かなあとちょっと思う。はがきを出す。だが普段は忘れている。自分の機嫌をとっていたいから、楽しいことを考えて、ペットの可愛いしぐさの動画をみて、心をいやしている。面白くない現実というより、視点が面白くない。コロナで大変な時期をどう楽しみながら乗り切るかが試されている。人生最後の日、面白かったなあと笑って終えたい。面白いことをするから、面白くなる。挑戦してみてわくわくする。人の悪口は、言いたくないし、聞きたくない。言っていないかチェックしたいなあ。悪口を聞かされようとされたら、すっとその場所から離れる。楽しいところにいたいなあ。
--------------------------------------------------------------------

心に刺さる魔法の言葉

『目は人のよいところを見るために使う』

* * * * * * * * * * *

命の使い方、5つの誓い


「口」は、人を励ます言葉や感謝の言葉を言うために使おう。

「耳」は、人の言葉を最後まで聴いてあげるために使おう。

「目」は、人のよいところを見るために使おう。

「手足」は、人を助けるために使おう。

「心」は、人の痛みがわかるために使おう。

* * * * * * * * * * *

人を活かす事こそ、命の使い道。
--------------------------------------------------------------------
→人の痛みがわかるために使うが、同情はしない。相手が元気になるような言葉が出たらいいな。
--------------------------------------------------------------------







最終更新日  2020年03月23日 22時54分42秒
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.