000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

クライフハム工房ぶうぶう日記 楽天支店

PR

X

全6件 (6件中 1-6件目)

1

おいしく召し上がるコツ

2007.05.28
XML
5月から店頭で取り扱い始めました 「かごしまの黒豚」 の
ばら肉で角煮を作ってみました。

しょうが焼きや豚しゃぶなど
お客さまにおすすめするには、まずは食べてみないとね、と
いろいろなお料理に試していますが

今回、お箸で切れるくらい
とろっとろにやわらかい角煮ができ上がりました。

旬のシャキシャキのレタスと一緒に。
さっぱりしていてレタスもいっぱい食べれちゃいます。

ばら肉はシンプルに
焼いて、塩こしょうでもおいしいのですが、

黒豚の特徴のお肉のやわらかさと脂肪のおいしさを
楽しめるお料理の一つが角煮だと思います。

このとろけるようなやわらかさに出会えて
まんぞく♪







最終更新日  2007.05.28 19:35:52
コメント(19) | コメントを書く


2007.04.09
春はあけぼの
といったのは枕草子ですが

春の訪れを告げる味覚といったら、なんといっても「筍・たけのこ」♪
九州あたりの大きくてやわらかく、い~い香りの
たけのこが八百屋さんに並び始めました。

我が家では毎日たけのこ三昧です。

和食のイメージの強いたけのこですが、たけのこご飯、煮物の他にも
炒め物にしてもおいしいですよね。

そこで、ものは試しにベーコンとあわせて炒めてみましたら
これがいけるんだな~! (^ー^)/

20070409-1

ベーコン炒めにする際は油をひかずに、
ベーコンからでる脂(うまみたっぷり♪)
で炒めるのがおいしさの秘訣です。簡単レシピ

ぜひたけのこのおいしい時季にお試しになってみて下さい。

20070409-2

ベーコンならクライフにおまかせ♪
 







最終更新日  2007.04.09 17:43:10
コメント(10) | コメントを書く
2006.04.19
テーマ:簡単レシピ(2912)
今年のはじめ、ホームページの勉強会の仲間で新年会をした時、メンバーでもあるシェ・プルミエさんがおいしいお料理でおもてなしして下さったのですが、その時、シェフが作ってくれたザワークラウトとジャガイモとソーセージの煮込みが本当に美味しくて、奥様に教えて!教えて!とお願いして教えてもらったのが、このザワークラウト シェ・プルミエ風です。

ザワークラウト・・・オードブルや美味しいソーセージの添え物にピッタリ!
【材料】
■キャベツ(冬キャベツ)      1 個
■塩               小 3 
■酢(あればアップルビネガー)   270ml
■水               90ml

【作り方】
1.キャベツを細千切りにして塩で軽くもみ、一晩ねかせる。
2.酢と水を鍋に入れて一煮立ちさせる。
3.1の水気を良く絞り、よく冷ました2のなかに漬け込む。
4.清潔な広口ビンなどに入れて保存する。

 ※日本の気候では冷蔵庫保存がおすすめ。
 ※好みでベイリーフ・キャラウェイシードを入れる方法もありますが、シェ・プルミエでは料理に汎用性をもたせるために、スパイスはメインの料理に合わせてその都度加えるようにしています。

ネットでレシピを調べてみると、塩にお酢も入れるレシピと、塩だけで漬け込むレシピの2つがありました。塩だけの場合は塩の量が多くなるのとちょっと時間もかかるようです。最近お酢もいろいろでてますよね。手軽にさわやかな酸味のアップルビネガーやお好みのハーブを使ってぜひ自家製にチャレンジしてみましょう!

ザワークラウトは、ジャガイモやベーコンと一緒に煮込んでソーセージの付け合せに、豚バラ肉と煮込んだり、コンソメでのばしてスープに、ソーセージと一緒にパンにはさんでホットドッグになど、どうぞ楽しんでみてください。

(おまけ)
缶詰で売られているドイツのザワークラウト美味しくないな~と思った方もいらっしゃるかもしれません。それもそのはず、缶詰のものはそのままで食べるのではなく、家庭でひと手間、味付けをしてから召し上がって頂くものなのです。ベーコンやスープの素と一緒に軽く煮て塩コショウで味付け、お好みで酢を加えると酸味がプラスされてぐっと美味しくなりますよ。

--------------------------------------------
【フレンチ&フォンデュ シェ・プルミエ】
〒229-0037 相模原市千代田2-2-15
相模原市役所さくら通り メイプル1990 2F
TEL 042-759-2261
水曜定休  URL:http://www.chez-premier.jp






最終更新日  2006.04.19 19:38:14
コメント(9) | コメントを書く
2006.04.18
肉料理やソーセージの付け合わせに使われるすっぱいキャベツご存知ですか?
これはザワークラウト(Sauerkraut) といいます。名前はそのまま「すっぱいキャベツ」という意味です。

よく日本ではキャベツの酢漬けといわれますが、実は、本来この酸味は乳酸発酵によるもので、酢は使われてないんだとか。ざくざく切ったキャベツを、塩水、香辛料と一緒に塩漬けにすると、1週間~2週間くらいで発酵してきて、乳酸菌を添加しなくてもキャベツ由来の天然乳酸菌ですっぱくなっちゃうんだそうです。日本ではぬか漬けみたいな感じかな。ドイツ以外にもヨーロッパ各地で食べられています。

ジューシーな旨みが自慢のお肉料理やソーセージも、時に脂っぽく感じるんだよなと思う方、ザワークラウトと一緒に食べると、栄養バランスも整う上に本当にさっぱりと美味しく食べられるから不思議ですよ。

明日は、知り合いのフレンチのシェフが教えてくださったご家庭でも手軽に作れるザワークラウトの作り方をご紹介します(^^)/






最終更新日  2006.04.18 16:00:31
コメント(9) | コメントを書く
2006.01.16
楽天ショップで毎月販売している「お買い得セット」
今月はどんなセットにしようかとあれこれ考えているうちに、今年の冬は寒いし、温かいスープにしっくりくるようなのがいいなぁと思いつきました。

食べ方に決まりはありませんが、スープにする場合は、食べる直前切れ目を入れずにソーセージを入れるのがポイントです。そうすると、ソーセージの旨みが逃げずにおいしくお召し上がりいただけます。

そうそう、お祭りの屋台でもおなじみのフランクフルト、焼きソーセージのイメージが強いと思いますが、実はこれ、ボイルソーセージなんですよ。このような太いソーセージは中まで温めるのに時間がかかるため、焼くと皮だけ焼き過ぎてしまう可能性が。

太いソーセージは基本的にはボイルスタイルがおススメです。もちろん決まりはありませんが!

●フランクフルトも入っている今月のお買い得セットはこちら
 ネットショップ限定、店頭ではセット販売は行っておりません。






最終更新日  2006.01.16 19:26:46
コメント(8) | コメントを書く
2006.01.14
入ってくるなりお客さん
「ロースの切り身頂戴!今日よく売れてるでしょう?」
さて、そういえばさっきのお客さんも...
「テレビでやってたんだよ!美味しく焼くコツってやつを。まずフォークで差してさ... 」
ほかのお客さんも話の輪に加わって、おじさんの講義の始まり始まり。「メモしなきゃ、覚えられないな」といったら「インターネットで見ればいいんだよ」と。

便利な世の中♪

気になるテレビ番組とはNHKのためしてガッテン。見た人も見てない人もどうぞ。別次元の味!豚肉革命

追伸;中心温度 68度で焼くというのは、まさにハムと同じだなと思いました。ガッテン!ガッテン!






最終更新日  2006.01.14 19:15:07
コメント(2) | コメントを書く

全6件 (6件中 1-6件目)

1


© Rakuten Group, Inc.