000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ハッピー&ラッキーな日々

PR

全109件 (109件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 11 >

ちょっといい話

2019年04月13日
XML
カテゴリ:ちょっといい話
​​​今日は映画をご紹介したいと思います。
タイトルは「人生フルーツ」。

津端修一さん、英子さんご夫妻の日常を撮影した映画です。
お2人の年齢をあわせると177歳。ご自宅で野菜や果物を育て、日々を穏やかに、そして丁寧に生きていらっしゃるお2人のお姿に、とても感銘を受けました。
ナレーターは樹木希林さんです。

まずは、劇場予告編です。2分程ですので、もしお時間ございましたらぜひご覧ください。

http://life-is-fruity.com/trailer/

​この予告編の補足として、私が多くを語るより、公式サイトからの作品解説より引用させて頂きたいと思います。

​***公式サイト 作品解説より***




愛知県春日井市の高蔵寺ニュータウンの一隅。雑木林に囲まれた一軒の平屋。それは建築家の津端修一さんが、師であるアントニン・レーモンドの自邸に倣って建てた家。

四季折々、キッチンガーデンを彩る70種の野菜と50種の果実が、妻・英子さんの手で美味しいごちそうに変わります。刺繍や編み物から機織りまで、何でもこなす英子さん。ふたりは、たがいの名を「さん付け」で呼び合います。

長年連れ添った夫婦の暮らしは、細やかな気遣いと工夫に満ちていました。そう、「家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない」とは、モダニズムの巨匠ル・コルビュジエの言葉です。



かつて日本住宅公団のエースだった修一さんは、阿佐ヶ谷住宅や多摩平団地などの都市計画に携わってきました。

1960年代、風の通り道となる雑木林を残し、自然との共生を目指したニュータウンを計画。けれど、経済優先の時代はそれを許さず、完成したのは理想とはほど遠い無機質な大規模団地。修一さんは、それまでの仕事から距離を置き、自ら手がけたニュータウンに土地を買い、家を建て、雑木林を育てはじめましたーー。

あれから50年、ふたりはコツコツ、ゆっくりと時をためてきました。そして、90歳になった修一さんに新たな仕事の依頼がやってきます。

本作は東海テレビドキュメンタリー劇場第10弾。ナレーションをつとめるのは女優・樹木希林。ふたりの来し方と暮らしから、この国がある時代に諦めてしまった本当の豊かさへの深い思索の旅が、ゆっくりとはじまります。

​***


​この映画の余韻が残る中、ネットで検索していたら、なんとネットでも映画を見られることがわかりました。

ご興味を持たれました方は、よろしければぜひゆっくりとご鑑賞くださいませ。
https://www.facebook.com/723629344/videos/10156921384294345/


お目通しを頂きありがとうございました。
皆さまに取って本日が良い1日でありますように。


​​​






最終更新日  2019年04月13日 02時28分13秒
コメント(0) | コメントを書く


2017年07月21日
カテゴリ:ちょっといい話
ここ最近「地球少女アルジュナ」というアニメを家族で毎日数話ずつ見ています。(全13話)

このアニメを知ったのは、今年の初めごろでしょうか。
最初は、農業に関する部分が切り取られ、シェアされていたのを見たのですが、日本のアニメがフランス語に訳されていたのを見て、なんとも不思議な気持ちになりました。

その後も何度もシェアされていたのを見かけたので、農業についての学びが得られたら、と1話から見始めたのですが、現代社会が抱える数多くの問題を取り上げていて、その幅広いテーマにビックリ。

原発の危険性や放射性廃棄物問題、農薬や肉食、遺伝子操作といった食に関する問題、土壌汚染、海洋投棄、異常気象、世界の貧困、出産、教育の在り方、ポールシフトetc…と次々に興味深いトピックが出てきます。

農薬や殺菌のし過ぎで、野菜の命がなくなっている、(食用にされる)動物たちの叫びが聞こえる・・・こうした台詞が次々に出てきます。(実際、放送に当たっては色々制約もあったようで、いつ放送禁止になるかビクビクしていたとは監督談)

ご興味のない方には?だらけかもしれませんが、農業や食、世界の抱える問題について真剣に調べたことのある方なら、何かしら響くテーマを取り上げていると思います。

加えて、臨死体験、幽体離脱、胎児の声といった内容も。

2001年にこんなアニメが日本で放映されていたことにビックリです。

登場人物にはヒンドゥー教やサンスクリット語に絡めた名前が出てきて、一体原作者はどんな方なのだろう?と思って調べてみたら「マクロス」や「アクエリオン」といったシリーズを手掛けていらっしゃる河森正治監督でした。(マクロスもアクエリオンも見ていませんが、名前だけは知っていました)

河森監督がどんな経緯でこの作品を作られたのか興味があって調べてみたら、ご本人のインタビューがありました。
もしご興味&お時間のある方はどうぞ。。。


地球少女アルジュナ
~今 この星の上に生きる 奇跡~
第1話 
前半ダイジェスト


「地球少女アルジュナ」インタビュー
河森監督X天神英貴その1






最終更新日  2017年07月21日 15時10分31秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年12月13日
カテゴリ:ちょっといい話

当日の告知となり、申し訳ありません。

今日は「天赦日」「天恩日」「一粒万倍日」が重なるという、暦の上でとっても良い日なのだそうです。
詳しくはこちらをご参照くださいね。

以下、それぞれの説明を本文から転載させていただきます。

◆天赦日

百神が天に昇り、天が万物の罪を赦(ゆる)す日とされ、最上の大吉日である。
そのため、天赦日にのみ「万(よろづ)よしとも注記される。
天赦日は季節と日の干支で決まり、年に5回または6回ある。」とあり、他サイトでも、何をやっても最上くらいの勢いで書いてある。
天赦日に行うと良いこととは?
・入籍
・財布の新調
・不仲だった人に謝りの連絡を取る
・告白
・開業
・旅行

◆天恩日
名前の通り、天の恩恵を受ける日で、吉事に用いて大吉であるが、凶事に用いてはならない。


◆一粒万倍日
一粒万倍とは、一粒の籾(もみ)が万倍にも実る稲穂になるという意味である。
一粒万倍日は何事を始めるにも良い日とされ、特に仕事始め、開店、種まき、お金を出すことに吉であるとされる。
但し、借金をしたり人から物を借りたりすることは苦労の種が万倍になるので凶とされる。

一粒万倍日は数が多いことから、他の暦注と重なる場合がある。その場合、吉日と重なったら一粒万倍日の効果が倍増」とある。ちなみに読み方、いちりゅうまんばいび、いちりゅうまんばいにち。
ということは、
天の許しを得、天の恩恵を戴く14日は、それがさらに何倍にも効力を発揮、もしくは相乗効果が期待できるというスーパー吉日となる。

(以上、こちらの記事より転載)


なんだか、とっても有り難い良き日と思い、情報をシェアさせていただきました。
皆さまにとって、素敵な一日となりますように・・・☆







最終更新日  2015年12月14日 02時00分49秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年09月11日
カテゴリ:ちょっといい話

「不思議のメダイ」をご存知でしょうか。

 

不思議のメダイ

 


1830年、フランス・パリにある愛徳姉妹会の修道女カタリナ・ラブレは、聖母マリアのご出現を数回にわたって経験しました。聖母マリアは、人々の救いについて重大な預言や願いを伝え、メダイの作製をお命じになりました。

1830年11月27日夜のご出現の際、聖母マリアは地球の上に立っているような姿で現れ、その頭の周囲には星があり、姿の周りには「ああ、穢れなくお宿りになられた聖母マリアよ、あなたにより頼む私達の為にお祈り下さい」という言葉が輝いて見えました。...
聖母マリアはやさしく愛に溢れた様子で両手を広げ、次のように告げました。

「この姿の通りにメダイを作りなさい。このメダイを身につける人は、誰でも大きな恵みを受けるでしょう。(姿の周りにある)短い祈りを唱え、信頼を持って身につける人には、特別に豊かな恵みが与えられるでしょう。」

広げた両手の宝石を散りばめた指輪からは光線が四方に輝き出て

「この光線は、私に願う人々の上に与えられる恵みを表します。光を出さない宝石は、人々が願うのを忘れている恵みです。」

と言われました。

この言葉通りに、聖母マリアの姿と輝く言葉を刻んで作られたのが「不思議のメダイ」です。
裏側にあるしるしも聖母が示したもので、†は十字架上で亡くなられたイエス・キリストを、Mは聖母マリアを表しています。下方にある2つの心臓は、私達人類への愛に燃えて人々の救いの為に茨の棘で傷ついたキリストの御心と、御子を犠牲とされ、苦しみの剣で貫かれたマリアの御心を表しています。

 

メダイ両面

 

この不思議のメダイは、驚くべき早さで多くの人々に普及し、身に着けた人に多くの精神的・肉体的な恵みが与えられたことから「不思議のメダイ」と呼ばれています。


詳しくはこちらからどうぞ
不思議のメダイ(wikipedia)


*****


何故か以前からこのメダイに惹かれるものがありました。
私が常時身につけている、モルダヴァイト&クリスタルのブレスレットにも、このメダイをつけています。

そして、折に触れて、こちらのメダイをご縁を頂いた方にプレゼントさせていただいております。

最近は手持ちが少なくなっていたのですが、先日外出した際に、不思議のメダイをまた複数入手して参りましたので、ご希望の方に差し上げたいと思います。

なお、数に限りがございますので、お申し込みはおひとり様1個とさせていただきます。
また、お色のご指定以外はこちらにお任せ下さい。

当方、メダイを販売している業者ではございませんので、複数のお申し込みやメダイのサイズなどをご指定頂きましても対応できません。予めご了承下さいませ。

ご希望の方はFBのメッセージ、もしくは下記フォームよりご連絡下さいませ。なお、金か銀のいずれかをご希望かもあわせてお知らせ下さい。

◆お申し込み用 連絡フォーム
※私が運営しているショップのフォームとなります。SSL対応ですので安心してご利用ください。

ご連絡を頂きます際には、下記事項も合わせてお知らせくださいませ。

・ご希望のお色(金もしくは銀をご指定ください)
・お送り先郵便番号
・お送り先ご住所
・お名前
・メールアドレス
・メッセージがありましたら、ご自由にどうぞ♪


なお、数が限られておりますので、お申し込みのタイミングによりましてはプレゼントが終了となっている場合もございます。予めご了承下さいませ。

また、こちらからのご連絡やお届けまでに多少のお時間を頂戴する場合がございます。
仕事の合間での作業となりますので、ご理解並びにご了承くださいますよう、あわせてお願い申し上げます。

このメダイは信仰する宗教にかかわりなく、身につける方に大きな恵みが訪れるとされています。メダイを手にされる方に、たくさんの恵みがありますことを心より祈念しております。

 







最終更新日  2016年01月24日 23時31分59秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年06月11日
カテゴリ:ちょっといい話

我が家が日頃お世話になっているよびりん♪さんこと、市川善彦様より、数年前に孔雀の羽(天空の羽)をお預かりし、ご縁のある方にお送りさせていただいたことがありました。

この天空の羽は、孔雀の羽の目玉模様で「ピーコック・アイ」と呼ばれているものです。

天空の羽


ピーコック・アイはチャクラを開く作用を持つと言われていますが、今回、この天空の羽にはもっと特別な意味があることがわかりました。

女神経典をお読みの方ならご存知と思いますが、ラクシュミー女神(吉祥天さん)、サラスバティー女神(弁才天さん)、そして女神の中の女王と言われるへーラー女神(ヘラ女神)といった女神様たちの使徒は孔雀です。

 

孔雀1-S.jpg

 


使徒とは、神の使者(使い)もしくは神の眷族で、神意を代行して現世と接触する者と考えられる特定の動物のことを言うそうです。(す、すごい~~~!!)

つまり、女神様たちとの繋がり(接触)を図ってくれる動物が孔雀さんで、その羽だからこそ「天空の羽」という呼び名をされていたのだとわかりました。 

また、新たに次のような内容をよびりん♪さんに教えていただきました。

「孔雀の羽には霊力が宿っています。サラスヴァティー女神の乗っている雲は、孔雀の姿をしています。」

サラスバティーさん4.jpg

天空の羽さん、すごすぎます~~~!!!

このような素晴らしい天空の羽ですが、前回は市川様よりお預かりした本数が限られており、ごく一部の方にしかお届けできずにおりました。

今回、幸運なことに再び天空の羽を手にさせて頂きましたので、当時お届けできなかった皆様にぜひお渡ししたいと思っております手書きハート

ご縁を大切にしたいと思っておりますので、今までによびりん♪さんやこちらのブログ、我が家と接点がありました方にお届けしたいと思っておりますが、メッセージやお申し込み状況によりましては、はじめましての方にもお送りさせていただきます。ぜひ、御遠慮なくお申し込みいただけたらと思います。


なお、こちらの天空の羽のプレゼントは「1家庭に1本」のお届けとなります。

※誠に申し訳ございません、こちらのプレゼントは終了となりました。
 天空の羽を手にされる皆様にたくさんの幸運が訪れますことを心より祈念しております。

 
もしまだ天空の羽を手にされていない方で、「ぜひ欲しい」という方がいらっしゃいましたら、Facebookのメッセージもしくは私のショップのフォームよりご連絡いただけましたら幸いです。(メールより確実に受信できます)
◆連絡フォーム


ご連絡を頂きます際には、下記事項も合わせてお知らせくださいませ。

・お送り先郵便番号
・お送り先ご住所
・お名前
・メールアドレス
・メッセージがありましたら、ご自由にどうぞ♪


なお、本数が限られておりますので、お申し込みのタイミングによりましてはプレゼントが終了となっている場合もございます。予めご了承下さいませ。(※終了いたしました

また、こちらからのご連絡やお届けまでに多少のお時間を頂戴する場合がございます。仕事の合間での作業となりますので、ご理解並びにご了承くださいますよう、あわせてお願い申し上げます。

皆様に、女神様たちからの祝福とご加護がたくさん届きますように.+*:゚+。.☆

孔雀2-S.jpg

 

本日もお読みいただきましてありがとうございました四つ葉
皆様のご健康とご多幸と笑顔溢れる毎日を心よりお祈りしております手書きハート







最終更新日  2015年06月15日 11時09分10秒
コメント(1) | コメントを書く
2014年03月15日
カテゴリ:ちょっといい話

出口光さんのメルマガにて「芸者との遭遇」というお話が3話連続にて掲載されました。
とっても素敵なお話でしたので、こちらにてご紹介させて頂きますね。(3話丸ごと掲載です☆)


<芸者との遭遇1>


去る昔、ある朝、私は一人の米国人と朝食を共にしていました。

彼は、ヒューマンアウェアネス研究所を創設した
心理学者のスタン・デール博士でした。

博士はしばらくすると、「初対面ですが、あなたと話をしているうちに、
あなたを愛してしまいました」と言ったのです。

私は、初めて会った人に、「愛してしまった!」と言われたのです。

しかし不思議に動揺はありませんでした。

むしろ、「これから何が起こるのだろう」という期待が湧きあがり、
私は、彼が戦後まもない日本で体験した、不思議な話に
のめり込んでいったのです。

あ、そうそう。男なので勘違いの無いように!

彼は、米国のラジオの有名パーソナリティでしたが、
戦後すぐ、進駐軍の占領政策がうまくいっていることを
世界に伝えるために、米軍基地に赴任したのです。

そして、池袋にあった芸者ハウス「白雲閣」に住み込み、
取材の拠点にしていました。

「どうしても白雲閣に住んでみたかった。

 本当の日本を取材するためには、
 基地の外で生活をする必要があると軍に主張して、
 ようやく実現したんだ」

そして、芸者ハウス「白雲閣」で、
彼が体験した不思議なできごとを話し始めた。


<芸者との遭遇2>


「なぜ白雲閣に住みたかったのですか」と私は彼に尋ねました。 

「白雲閣の芸者達のおもてなしはすばらしかった。どんなお客に対しても、
愛情と尊敬から接していたんだ。 形式的なサービスではなかった。

どんな嫌なお客にたいしてもだよ!!
もしこのような人間関係が白雲閣の外でも実現したら、
どんなすばらしい世界になるだろうかと思った」

と彼はいうのです。

このような人間関係を築ける芸者たちは、
どのように育てられるのだろうかと魅せられた彼は、
支配人に「彼女たちをどのように教育するのか」と尋ねました。

支配人は「本当に興味があるなら、その真髄が掴める
芸者の訓練を受けてみたらどうか?」と提案し、
その訓練は女将から直接受けることになりました。

女将は、何の変哲もない平べったい砂岩を、彼の掌に載せて、
「これは何ですか?」と優しく尋ねました。

「石です」と彼は答えました。

女将は「本当に石ですね。ありがとう。
その石を持って、明日また来てください」と優しく言いました。

次の日、女将はまた「それは何ですか?」と尋ねました。

「石です!」と彼は再び答えました。

「そうですね。ありがとう。明日また、それを持ってきてください。」

来る日も来る日も同じことが続きました。

「女将は毎回優しく、『本当にそうですね』と言ったんだ。

『もっと違う視点から観なさい』とか、『他のことが考えられないのか』とか、
一切言わなかった。

私が『石です』と言うたびに、本当に新しいことを
発見したかのように、『すばらしい。ありがとう』と言うんだ。

何週間も過ぎたある日、突然、感激が胸に湧き上がってきた。

何度となく、同じ答えをし、同じレベルに居続けていた、
かたくなな私を、そのまま受け入れてくれていたことに氣づいた。

その時、女将の愛情が私の胸の中に置かれたような氣がしたんだ。

その体験以来、私は女将の所に行かず、3日間その石を見続けたんだよ」


<芸者との遭遇3>


初老の博士の大きな眼で私を見つめながら語り続けました!

「女将の愛情が私の胸の中に、どんと置かれたような氣がしたんだ。

その日以来、私は女将の所に行かず、3日間その石を見続けた。

三日目の夜、突然、石の中の模様、ヒビ、粒のひとつひとつが、
目に飛び込んできたんだ。

『なんて美しいんだ。この小さな石の中にすべてがある!』
 
私は、それを一瞬に掴んだ。

涙がボロボロ出てきた。溢れて溢れて止まらなかった。

それでも『石の中にユニバースがあり、美があります』と
女将に言うことははばかられた。

だって、バカな考えかもしれないじゃないか。」

博士は逡巡したあげく、女将がそんなことを言うはずが無いと思い直し、
「たぶん、掴めたと思うので話をしたい」と女将に申し入れた。

なぜか女将は夕方、大広間に来るように博士に告げたのです。

約束の時間に広間に行くと、女将と芸者衆が威儀を正して座っていました。

博士は女将の前に進み出て、一気に話しました。

「この変哲もない砂岩の中に、すべてがあります。
ユニバースが、美が、あります。」

博士が言い終わると、全員が一斉にうやうやしくお辞儀をした。

そして女将は噛み締めるように言った。

「あなたは今日から芸者です。」

なんの変哲もない砂岩からでさえ「美」を観る教育が、
かつて日本で行われていた。

どんな人からも美を観ることができたら、どんな世界が現れるのだろうか。

今日は、あなたも会う人から「美」を見てみませんか。

<メルマガ転載ここまで>


舞初め

 

いかがでしたでしょうか。
ありきたりな表現で恐縮ですが、私はとても感動しました。

何の変哲もなくみえる砂岩から、宇宙、美、すべてがある・・・と自らが感じ取るまでの心の成長を見守る白雲閣の芸者訓練、ただただ素晴らしいと思いました。


末筆となりますが、このような素敵なお話をご紹介くださり、メルマガの転載を快くご許可下さいました出口様に改めて御礼申し上げます。出口様、本当にありがとうございました。

出口さんのオフィシャルメルマガはこちらからご購読いただけます。
http://www.mekiki.ne.jp/home/mailmagazine/


※画像は
よびりん♪さんよりお預かりしている、90年以上前の貴重な絵(印刷物)の中の1枚です。お預かりしている絵には「古いものだからこその良いパワー」が宿っているのだそうです。

基本、石をご購入いただいた方で、ご希望の方にプレゼントさせて頂いておりますが、このような絵にご興味のある方がいらっしゃいましたら、メッセージを頂けたらと思います。^^
他の絵の一部は
こちらよりご覧頂けます。



本日もお読みいただきありがとうございました。
皆様のご健康とご多幸を心よりお祈りしております四つ葉

 

ロゴM







最終更新日  2014年03月15日 09時31分15秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年01月28日
カテゴリ:ちょっといい話
先日、今野華都子先生のお話会に参加させていただきました。
今野先生は2004年12月に、世界110ケ国の中で最優秀グランプリを受賞し「世界一のエステティシャン」として知られています。

今から7年程前になるでしょうか、今野先生のお話を初めて聞かせていただいたとき、マザー・テレサに通じるような大きな深い愛を感じ、大きな感銘を受けました。

その感激から、もっと色々学ばせて頂きたいと思い、今野先生の講演会や洗顔教室、リンパマッサージ教室など、足を運べるものに片っ端から参加させていただいた時期がありました。

「運命を変える言葉」出版記念講演会~五日市剛氏・今野華都子さんのお話~
世界一のエステティシャン今野華都子さんの講演会レポート


その後、色々と思うところがあって、自宅で過ごす時間を多くしていたのですが、今回はなんと今野先生が我が家の近くでお話会をして下さると知り(しかも開催直前に!)、即座に申込みをさせて頂きました。

今野先生のお話は、とてもとても私の言葉では表現し切れないのですが、今回のお話の中で印象に残ったお言葉をいくつかご紹介させて頂きますね。


・綺麗とは「命」が輝いて見えること

・小学校6年生の時に「すべての本は、魂のことが書いている」ということに気付いた。
※今野先生は一種の天才で、読んだ本はすべて動画のように記憶されるそうです。(〇〇のことは、△△の本の何ページにかいてある、という状態で克明に記憶されるのだそう。)本が大好きで1日10冊ペースで読んでいたので、6年生の頃には図書館の本は百科事典以外すべて読んでいた状態だったそうです。

・ハイジの法則
は・・・ハイ、という明るい返事
い・・・いつも笑顔
じ・・・自分から

・マユミの法則
ま・・・待つこと
ゆ・・・ゆるすこと、ゆるしてもらうこと
み・・・認めること(魂の存在を認めること)

・心と魂の違い
 心は「嬉しい」「楽しい」「悲しい」などの「~しい」というもの。(私は感情として捉えました)
 村上和雄先生は、心はコロコロ変わるもの、と仰られていたそうです。
 魂は変わらないもの。

・無邪気とは、邪の心がない状態。
 邪気とは欲望に負ける心であり「よこしまな心」。
 塀の中の人々がきる服は「横縞(よこしま)」

・魂は大きなところの光の分け御霊。存在が美しい、あるがままの姿。
 光、清らかさ、愛

・笑顔が象徴⇒赤ちゃん
 赤ちゃんは、悪口を言われても判断しない。そのまま。(⇒あるがままの姿)

・魂の仕事
 優しく、明るく、素直、清らか(でいること) ⇒古代の人はこの状態を「日」(ひ)と呼んだ。

・私達の魂の系図は「日」。
 日(ひ)の本(もと)の人が、日本人。
 日(ひ)の子供⇒彦(ひこ)
 日(ひ)の女⇒日女(ひめ)

・日本は世界の良心です。

・目の前のことをニコニコしながらやる。
 最初はゆっくり丁寧に。次第に早く丁寧に出来るようになっていく。


本当は深いふか~いお話の連続でしたが、こうしてまとめてしまうとさらっとなってしまうのがもどかしいですしょんぼり
それでも、ちょこっとでも今野先生の素晴らしさが伝わりましたら幸いです。

今野先生は、今は日本だけでなく世界中を飛び回っていらっしゃいます。
魂が浄化されるようなお話をしながら洗顔方法を教えてくださる「洗顔洗心塾」、そして「講演会」も各地で開催されていますので、ご興味のある方は、ぜひこちらのページをチェックしてみてくださいね。


今野先生、この度は素敵なお話をお聞かせ頂き、本当にありがとうございました。
そして、このような素敵な会を企画してくださいました小原田ご夫妻にも改めて心より御礼申し上げます。小原田泰久様、弘美様、この度は本当にありがとうございました。

今度はぜひ、娘と一緒に今野先生にお会いしたいと思います手書きハート




本日もお読みいただきありがとうございました。
皆様のご健康とご多幸を心よりお祈りしております四つ葉

 

ロゴM









最終更新日  2014年01月29日 01時47分13秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年08月19日
カテゴリ:ちょっといい話

今回は、素敵な本&メッセージをご紹介したいと思います。 

楽天ブログ仲間で、いつも大変お世話になっている柳井なでしこさんから、とっても素敵な&スペシャルな本を頂きました。



光の記憶
 


『光の記憶 天使のメッセージ』という本です。

こちらの本は、なでしこさんのお友達である、Kawaguchi Sachikoさんの本で、数々の不思議なお写真に天界からのメッセージが添えられた、素敵なフォトブックです。

以前より、なでしこさんからKawaguchiさんのお話を色々お聞きして「Kawaguchiさんのお写真、色々見てみたいです~!!」と言っていたところ、なんとなでしこさんが著者であるKawaguchiさんから直接「ハッピー☆ラッキーさんにお渡し下さい」とこちらの本をお預かりくださったとのこと。思いがけないプレゼントプレゼントにただただきらきら感謝手書きハート感激きらきら
なでしこさん、Kawaguchiさん、本当に有り難うございましたハート
 
こちらの本が到着し、早速なでしこさんとKawaguchiさんに御礼をお伝えしたところ、Kawaguchiさんからとっても素敵な&不思議なお話を色々お伺いいたしました。
 
Kawaguchiさんもよびりん♪さん同様、天界からのメッセージを色々と受け取られる方で、この本の写真もメッセージも、天界の指示で創られたものなのだそうです。
 
あとがきにも書かれていますが、この本の写真とメッセージは、二人の高次元の意識体から送られてきたものとのこと。
 
そして、このフォトブックのお写真は、カメラや写真の知識や技術をまったく持ち合わせていないKawaguchiさんが「今、シャッターを押しなさい」とメッセージを受けたときに撮れた写真なのだそう。
 
その際、「上手く撮ろうとしなくて良い。シャッターを押す瞬間を知らせるから、ただそのまま撮れば良い」という指示を受け、言われるがままに撮った写真ばかり、、、なのだそうです。
 
そうやってKawaguchiさんが撮られたお写真は、表紙のお写真同様「どうやったら、こんな写真が撮れるんですか?!」というような、不思議&素敵な映像のオンパレード!!
この場ですべてお見せできないのが本当に残念です。
 
そして、これらのお写真に添えられたメッセージもそれはそれは素敵なものばかりきらきらきらきらきらきら 
 
ということで、私の大好きなメッセージをご紹介させていただきますね。
 
 
・生きていることを楽しみなさい。神様はそう伝えています。
 
・夢は高次元からの贈り物。
 
・突然あなたに合図を送ります。それは何かの音かもしれません。 (ここの写真は、受話器の形の光でまたまたビックリ星
 
・光はあなたの内にある。
 神は探さなくてもそこにいる。
 
・直感を信じてください。それはあなたの神聖なる真実です。
 
・あなたが体験したことはすべて神に届く。
 
・あなたの愛を知ってるよ。優しさを知ってるよ。
 
・すべては完璧なタイミングでやってくる。
 
・その偶然は神様からの贈り物です。
 
・リッスン、内なる声に耳を傾けなさい。
 
・グッドラック。幸運が届きますように。
 
・すべてのことには神の手が働いている。
 
・太陽のゲートが開きました。準備はいいですか?
 
・あなたは光に導かれて、多くの人に出会うでしょう。
 
・存在のすべてが愛です。
 
※なでしこさんより、Kawaguchiさんがこちらのメッセージを「自由にお使いください」と仰られたとお伺いしておりますので、お言葉に甘えて大半のメッセージを掲載させて頂きました。改めて、Kawaguchiさんのご厚意に心より感謝申し上げます。ありがとうございます。
 

この素敵なフォトブック、とっても残念なことに、現在は出版社がなくなってしまい、絶版となっているそうです。(涙)
 
ただ、E-bookとして再出版されるお話も持ち上がっているそうなので、もし再出版されました暁には、私のブログでもぜひご紹介させていただきたいと思いますきらきら
 
なお、私と直接お知り合いの方で、Kawaguchiさんのお写真(こちらのフォトブック)を見てみたい!と言う方がいらっしゃいましたら、どうぞお気軽にお声掛け下さい。お会いするお約束の時に、喜んで持参させて頂きます音符
 
なでしこさん、Kawaguchiさん、素敵な素敵なプレゼントを本当に有り難うございました。

それでは最後に、こちらの本の締めくくりのメッセージをご紹介したいと思います。 

 
*世界中に愛と喜びの輪が広がりますように。神様からのメッセージ「ナイスヘヴン・幸せに生きなさい」の言葉とともに。
 
 

本日もお読み頂き有り難うございます。
皆様のご健康とご多幸と笑顔いっぱいの毎日を心よりお祈りしております四つ葉
 
 
megami


 






最終更新日  2012年08月20日 01時47分48秒
コメント(2) | コメントを書く
2012年06月18日
カテゴリ:ちょっといい話

またまた、よびりん♪さんから、素敵な贈り物が我が家に届けられることになりました。

今回は、女神プロジェクトの贈り物第5弾、ブローチです星

女神プロジェクト第5弾 ブローチ

 

既に行き先が決まっているブローチもございますが、ご希望の方にプレゼントさせていただきます手書きハート

・こちらのプレゼントは先着順となっております。
・お届けいたしますブローチは、こちらでお選びさせて頂きます。
・個数が限られておりますので、一家族に1個限定となります。

ご了承の程よろしくお願い致します。m(__)m

「女神様とよびりん♪さんからの贈り物のブローチが欲しい!!」と言う方は、下記方法にてお申し込み下さいませ。


*****************************************************

<ブローチのプレゼント お申し込み方法>

大変申し訳ございません、ブローチのプレゼントは終了となりました。

以下の内容をコピー&ペーストして、メールにてご連絡下さい。

※過去にお申し込みをされました方も、管理の都合上、必ず下記の内容に沿ってお申し込み下さい。ご協力の程よろしくお願い致します。

件名:ブローチのプレゼント希望

  • 郵便番号
  • 送付先ご住所
  • お名前
  • 連絡先メールアドレス
    (携帯メールの方は、angelicstones.com のメールが受信できるよう設定してください。連絡がつかない場合、お届けが出来ない場合がございます。)
  • 何かメッセージ等ございましたら、ご自由にどうぞ。^^

連絡先メールアドレス:yukiko★angelicstones.com (迷惑メール防止のため、★を@に変えて、メールにてご連絡下さい。

*****************************************************


よびりん♪さんや私のFacebookでもこちらのブローチプレゼントのご案内をしております。
数量限定品のため、お申し込みがブローチ数に達し次第、終了となります。

プレゼントが終了となりましたら、こちらでもご報告をさせていただきますが、お申し込みのタイミングによりましては、お申し込み前に終了となっている場合もございますこと、予めご了承下さいませ。

また、プレゼント申し込みのメール送信後、48時間以内にこちらからの返信がない場合は、大変お手数をおかけしますが、こちらのお問い合わせフォームよりご連絡下さいませ。(当方が運営している、CRYSTAL*TEAのお問い合わせフォームです。)

何かご質問等ございましたら、コメント欄や上記お問い合わせフォームよりご遠慮なくご連絡下さいませぽっ


それから、念の為...
よびりん♪さんも我が家も、特定の宗教はございません。
ブローチのプレゼントお申し込み後、何かの売り込みや特定の宗教や団体等への勧誘は一切致しませんので、どうぞご安心下さい
音符



本日もお読み頂きありがとうございます。
皆様のご健康とご多幸と笑顔いっぱいの毎日を心よりお祈りしております四つ葉


ロゴM







最終更新日  2012年06月21日 00時44分16秒
コメント(2) | コメントを書く
2012年06月08日
カテゴリ:ちょっといい話

近所の歯医者さんに、以前から読みたいと思っていた小林正観さんの本が何冊か並んでいました。

かの斎藤一人さんも小林正観さんの本が大好きで、一冊本が出ると、一人で八百冊、九百冊と買い込まれるそうです。(『宇宙を味方にする方程式』より)。

今日は、その小林正観さんの著書『「人生を楽しむ」ための30法則』より、30の法則をご紹介させていただきます。


「人生を楽しむ」ための30法則

1 幸せという現象が存在するのは、「私」が感じたときだけである

2 正しいか正しくないかを基準に人を怒ることはしない

3 何が正しいかを問いかけるよりも、
  
自分がどう生きるかだけを考えて生きる方が楽しい

4 温かさを投げかければ、笑顔が返ってくる

5 人生の前半は求め、後半は執着を捨てる

6 頼まれごとを笑顔でやって人生を終えるのが、私たちの宿命

7 感謝してやることをやれば、次の役割が与えられてくる

8 今の状況に文句を言わずに黙々とやる人は、信頼される

9 肯定的な明るい言葉を使うほうが、宇宙全体が味方になって得

10 ハンディを持つ子を肯定的に受け入れたとき、
   福の神だとわかる

11 すでにいただいているたくさんのことにまず感謝すれば、
   恵みがふえる

12 目の前のことを大事にすれば、それだけで人生は成り立つ

13 幸も不幸も、勝ち負けも、成功失敗も、敵味方も、
   全部自分が決めている

14 思うようにいかないことを淡々と受け入れながら、
   笑顔で生きていけるのが本当の強さ

15 人の間で生きているから、甘え合って生きていい

16 ストレスを感じないようにすれば、ストレス解消の必要もない

17 楽しそうにしていると、周りに伝わっていく

18 笑顔でいれば、体型も若さを保ち、周りの受けもよい

19 体が痛い人は、笑ったほうが得らしい

20 全ての存在が全部自分の味方だと思った瞬間から、
   世界は一変する

21 神様に好かれていない人はいない

22 十万回の生まれ変わりで、「感謝」に向かう

23 全部に感謝すると、宇宙や世の中が完全に変わる

24 「楽しくて幸せな人生だったな」と、感謝で死ねるかどうかが
   人生のテーマ

25 感謝という眼鏡でみれば、全部が感謝の対象になる

26 「あなたはあなたのままでいい」と子どもにいい続ければ
   自分も心穏やかに過ごせる

27 「あなたが可愛くて仕方がない」と接してくれた人が必ずいる

28 本当の幸せは自己達成ではなく、
   温かくて愛情に満ちている人に囲まれていること

29 本当に居心地のよい世界とは敵がいなくて、
   皆が味方で生きる世界

30 天国度100%とは、良き仲間に囲まれていること



この本には、いくつかのキーワードがあるように感じました。

1つは「人と争ったり、競ったりすることをやめましょう」ということ。
1つは「いつも楽しく笑顔でいましょう。そして、いつも感謝の心を持ちましょう」ということ。

正観さんが祝福神として紹介されている「嬉しい、楽しい、幸せ、大好き、愛してる、ありがとう、ついてる」という言葉がそれを集約しているように思います。

人生を楽しむために必要なものは、何か特別な出来事やモノなのではなく「自分の心の在り方」なのだと改めて感じました。

人生を楽しむために、周りのすべてのことに感謝しながら、いつも笑顔で心穏やかに過ごしたいものですね手書きハート


本日もお読み頂きありがとうございました。
皆様のご健康とご多幸と笑顔溢れる毎日を心よりお祈りしております四つ葉

 

ロゴM

 







最終更新日  2012年06月09日 00時24分58秒
コメント(4) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全109件 (109件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 11 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.