069980 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

学習する組織を創りたい!!

全259件 (259件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 26 >

カテゴリ未分類

2005/04/07
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
 「ファシリテータ養成講座で学んだスキルを、実際の会議で使えないのはどうしてだろう。」
会社の会議で、ファシリテータ養成講座で学んだことを使えないことに無力感を感じていた。
「会議改革」というスローガンを書いた壁紙が、色あせて見えている。

 ピータ・M・センゲ著「最強組織の法則」の第12章、チーム学習の中に
「意見交換」のファシリテーションがのっていた。
自分が理想と考える「会議の場」を創るヒントがありそうな気がする。

 チーム学習は、チームのメンバーが本当に望んでいる成果を生み出すために、
一致協力してチームの能力を伸ばしていくプロセスである。

 チーム学習では、ディスカッションではなく、「意見交換」が重要とされている。
「意見交換」は、複雑で微妙な問題を自由かつ建設的に探求し、
お互いの意見を十分に「聴き」、自分の考えを呈示することによる
特別な対話として紹介されている。

 現状、会社の会議で、意見の衝突が起きた時、参加者が行うことは、
双方を「丸くおさめる」か、徹底的に「意見をぶつける」かである。
これを繰り返しているうちに「本当の意見」を言う人が徐々に少なくなってきた。

 私たちは、恐れやあきらめから、自分を守る「防衛慣例」というやりかたを、
知らず知らずに身に付けてしまっているようだ。
これでは「意見交換」の対話は期待できない。

 「意見交換」では、自分の発言に対しても、固守せず、チームメンバーの前に出し、
それを客観的に見つめ、さらに新しい思案をめぐらすようにすることにより、
チームメンバー間の相乗効果を発生させることが求められている。
本の中では「対話そのものに命が宿りだす対話」として紹介されている。

 熟練したファシリテータがいないと、「防衛慣例」の習性から、
いつのまにか、ディスカッションになってしまう。
意見交換の場でのファシリテータは、対話がディスカッションになったことを指摘し、
意見交換に軌道修正する技量が求められている。

 チーム学習を実践する組織を育てるために、
「意見交換」を可能とする環境を創り出したい。
そのためにも、ファシリテーション技量を身につけていきたいと思っている。






最終更新日  2005/04/07 07:34:13 PM
2005/04/05
カテゴリ:カテゴリ未分類
 「どのように個人のビジョンが結びつき、共有のビジョンを生み出すのだろうか。
  その格好の具体例は、相互に作用する光源によりつくり出される
  立体画像、ホログラムだ。」

 ピータ・M・センゲ著の「最強組織の法則」の中、
私が共感した部分を書きだしてみた。

 「共有ビジョンを築くことに力を注ぐ組織は、
  個人のビジョンをつくり出すようメンバーをたえず励ます。
  もし自分自身のビジョンをもっていなければ、
  ほかのだれかのビジョンに『加入する』しかないからだ。
  その結果もたらされるのは服従であってコミントメントではない。
  これに対して、自らの進むべき方向を強く認識している人々は、
  結束して自分たちが真に望むものに向かって力強い相乗作用を生み出す。」

 私が育てたい人たち、そして組織は、
決して服従によって成立している人の集団ではない。
私が育てたい人たちは、一人ひとり、強い光を放ち、
自分と周りの人たちに、ビジョンの恩恵を与えるような人たち。
そして、その人たちがチームを組むと、
N次元のホログラムが浮かび上がるような、未知の世界を創りだす人たち。

 そこで生み出されたアイデアが、純粋な願いによって現実の社会に贈り出される。 
強いビジョンを持つ人たちは、ビジョンの共有のパターンの数だけ、
新しいアイデアが湧き出てくる。
1+1が2ではなく、1+1が100になるような
想像を越えた共振の世界が創りあげられる。

 自分を振り返ってみても、ビジョンを築くことに力を注いでいる
組織に所属した経験がない。
組織がないのなら、自分たちで創ってしまうのが、
ビジョンある人たちの行動です。
 自分のビジョンを見つめるために、
自分の話しをしっかり聴いてくれる、安心で安全な場を、
いっしょに創ってみませんか。






最終更新日  2005/04/05 08:32:27 AM
2004/07/25
カテゴリ:カテゴリ未分類
とても多くの人に、僕の日記を読んでいただいたこと。
とっても感謝しています。

ようやく自分のやりたいテーマを見つけることができました。

一つ目は、情熱引き出す発問力
二つ目は、子どもに関わるすべての人が心開いてほしい

実際、日記のページを2種類開設しました。
☆発問力に情熱こめて
http://plaza.rakuten.co.jp/hatsumon/
☆子どもたちとの虹のかけはし
http://plaza.rakuten.co.jp/kodomononiji/


このページへの日記の投稿は、今日が最後です。

自分を育ててくれた、皆さんに感謝しています。

ぴょん☆






最終更新日  2004/07/25 11:45:45 PM
2004/07/22
カテゴリ:カテゴリ未分類
 昨日の日記に書いた自分の言葉。
 「情熱を携えて、外にとびだすこと。
  自分の行動範囲の外に飛びだすこと。
  そして、経験という自分の資産を、メッセージにして伝えること。」

 「自分の行動範囲」って、何だろう。
今日一日、自分の動いた線を、空想の地図に描いてみる。
起点は家庭。
毎日同じ通勤経路。
同じ喫茶店行き、同じ会社に行く。
事務所のなかで、チョコチョコ動いて、そのまま有楽町に出てきた。
毎週木曜の行動パターン。

 自分で決めた行動範囲だけれど、同じパターンになっている。
どこかで外に飛びだしてみたい。
でも、何のために外に飛びだすのだろう?
新しい景色を感じるため?
新しい本に出会うため?
いや、違う。
新しい繋がりを増やすため。

 自分の情熱を感じてくれる、同じ心の人に出会うため。
いま、確信した。
必然的な偶然の出会いがあること。
感受性をレベル10にすると、偶然の出会いがやってくる。

 自分の直感を信じて、自由に行動範囲を広げてみることにする。

 自分の直感を信じきることが必要。
先週土曜、横浜関内で、喫茶店を探した。
友達から静かな喫茶店の名前だけを教えてもらった。
なにも考えないで、ひたすら探しまわった。
しかし、見つからなかった。

 あきらめかけたとき、ふと、自分の直感を信じてみることにした。
じっと感覚を静かに開き、気になる方角に足を運んでみた。
さっき通りすぎた道から、中華街に向かう道に入ってみる。
どんどん進んでいくうちに、おしゃれな店に気がついた。
店の名前は、フランス語で書いてあった。
でも、そこは、紹介してもらった店だった。

 ほんの少し、自分の感性レベルを10にあげて、
身体の感じるままに動いてみること。
新しい発見に繋がる楽しい経験。 

 情熱と直感をレベル10に上げてみることにする。






最終更新日  2004/07/22 11:01:17 PM
2004/07/21
カテゴリ:カテゴリ未分類
 昨日の日記に書いた自分の言葉。
 「一人ひとりの心のなかに情熱をよびさましたい。
  人と人との心の繋がりによって、よびさまされる心の炎。
  その炎が、100年燃えつづけ、そして次の世代に伝承される。
  永遠の心のともしび。」

 この言葉をさらに掘り下げてみる。

 「情熱」とは、どんなものだろう。
自分の中で沸き起こる「熱い」もの。
その思いを外に出すほどに、どんどん思いが強くなっていくもの。

 情熱のある人の側にいると、その思いに引き寄せられてしまう。
心地よい磁石のような引きつける力が及ぶもの。

 究極の情熱は、我が身を提供して、その思いを達成しようとする
真髄からの叫び。
思いが強いほど、他の人からは、迫害をうけるもの。
思いが強いほど、同じ思いの人を、引き寄せるもの。

 周りの人と、さしさわりなく暮らしたいと思っていると、
情熱は殻に閉じ込められてしまう。
さしさわりなく暮らす方が、楽だから。
楽しくはないけれども、楽だから。 

 外に出るのが恐い子どもは、いつのまにか、弱い子どもになってしまう。
すり傷しても、外で自由に遊んでいる子は、
いつのまにか、怪我をしない、強い子どもになっていく。

 自分から外に出ていくこと。
そして、すり傷を受けること。
その経験を周りの人に伝えること。
自分の情熱と、外の出来事の魅力によって、
他の人が、外にでる一歩を踏み出せると幸せ。

 いまの自分にできること。
情熱を携えて、外にとびだすこと。
自分の行動範囲の外に飛びだすこと。
そして、経験という自分の資産を、メッセージにして伝えること。

 自分の言葉を探す旅、いっしょに出かけてみませんか。 






最終更新日  2004/07/22 08:44:13 AM
2004/07/20
カテゴリ:カテゴリ未分類
 昨日受けたキャリアカウンセリングの中で、
自分を失ってしまった。 
決められた仕事の種類に、無理やり自分を押し込めようとしていた。
表面的には自分のオリジナルを出そうと、あがいてみたけれど、
所詮は自分の肩書きを求めていた。

 肩書きを手に入れてから行動してみようという、
甘い考えが自分のパワーを弱めていたことに気がついた。
友達のなおとさんの言葉で気がついた。
立ち止まったとき、いつも助けてくれる、なおとさんに感謝。

 加藤諦三著「行動してみることで 人生は開ける」からのメッセージ。

 「行動を阻害されている人のパターン」
 「自己中心の人は、たとえば、『食事とはこうするものだ』とか、
 『文章とはこういうものだ』とか、固定した観念にとらわれている。
  文章にも難しい文もあれば、易しくて楽しい文章もある。」

 「しかしそのものに応じて意味を認められず、
 『文章とはこういうものだ』という固定観念を持ち、
 自分とは違う他人の生き方を認めることができない。」

 「社会人は、安定した組織に所属して、
その組織のためにつくさなければならない。」という自分の固定観念を、
今日から捨てることにした。
自分は、自分の能力を、会社、そして社会に提供していきたい。
自分にとって、所属とは、連絡先のようなもの。
自分の能力を必要としている人には、惜しみなく貢献していきたい。

 どこの職場にいようと、自分の目指す夢はいっしょ。
一人ひとりの心のなかに情熱をよびさましたい。
人と人との心の繋がりによって、よびさまされる心の炎。
その炎が、100年燃えつづけ、そして次の世代に伝承される。
永遠の心のともしび。 

 パワーが戻ってきました。
僕の日記を読んでくれている人、全員に感謝。






最終更新日  2004/07/21 08:47:09 AM
2004/07/19
カテゴリ:カテゴリ未分類
 「明日の自分は、今の自分より、成長していたい。」
「どんな成長?」と聞かれても、今は分からない。
明日出会う人との話しの中、どんな気づきがあるかわからないから。

 今日は、同じ会社のコーチ推進者と
10秒ほど話しをすることができた。
沼津の会社に戻る途中、僕の携帯電話に連絡をいれてくれた。
雑音のなか、その人の声が鮮明に聴き取れた。
同じマインドを携えている仲間の声だった。

 渡辺和子著「信じる『愛』を持っていますか」のなか、
柔軟性について記載している部分がある。

 「逢うごとに何か新しいものを感じさせる人、
 一点にいつも静止していないで、
 考え方、物の見方、受けとめ方等に柔軟性があり、
 ステレオタイプというか、決まりきった型にはまってしまっていない人、
 こういう人とは逢っていても面白いし、逢うことが楽しみになる。」

 自分のありかたに、少し迷いがあった。
一つのことに注力しなければいけないというような固定観念が、
自分を縛っていることに気がついた。

 人と出会いから新しい刺激をうけると、
そのことに夢中になってしまう。
小さな子どものときから変わらない自分の性格。

 いろんなことにチャレンジして、自分なりの技術を身につけてしまう。
でも、一点に静止しないといけないという思いがつきまとわっていた。

 明日からは、自由人でいることにする。
逢うたびに、新しいものを感じさせるような、
柔軟性を発揮できる体質にしていきたい。

 いろんな技を、自分なりに融合して、
新たな型をつくっていきたい。
教育、コーチング、キャリアカウンセリング、ファシリテーション、
いろんな技を自分なりの流派として、
確立することにチャレンジしてみたい。 

 常に成長するためには、動き回ること、
そして、柔軟に行動することを心がけていきたい。






最終更新日  2004/07/20 10:30:26 PM
2004/07/17
カテゴリ:カテゴリ未分類
 今日は、幼稚園と教会合同の「納涼会」の日。
僕は、テントの設営係り。

【午前11時】
 テントの設営を手伝って、家に帰ろうとしたとき、
 中留さんに、出会った。
 中留さんは、納涼会で、やきそばを焼く係りです。
 
 お話をしているうちに、中留さんの、心に触れて、
 僕も、やきそば屋さんの手伝いがしたくなりました。

【午後4時】
 やきそば屋さんの手伝いを始めたときに
 佐野さんに出会った。
 佐野さんは、やきそばの焼き方を、
 僕だけのために、
 一つひとつ丁寧に教えてくれた。

 教えられた通り身体をうごかすと
 美味しいやきそばが、ちゃんと出来ちゃうんです。
 夢中になって、やきそばを作り続けました。
 
【午後8時】
 納涼会終了。
 お手伝いの人達の懇親会に参加。
 
 70歳以上の方が10名
 僕より年上の方が 4名
 みんなが、僕を、受け入れてくれているのを
 肌で感じとりました。

 パワーあふれる、お年寄りの方々は、
 一人ひとり、とっても輝いていました。

【午後9時】
 やきそばの作り方を教えてくれた佐野さんは、
 とっても嬉しそうでした。
 そして、帰りがけに
 僕に握手を求めてきたのです。
 僕も両手で、佐野さんの手を包み込みました。

 「子どもとお年寄りの虹のかけはし」
最初の一歩は、4月24日
http://plaza.rakuten.co.jp/csfcw/diary/200404240000/

 「子どもとお年寄りの虹のかけはし」
二歩目は、7月17日

 虹の完成に向けて、
一つひとつ歩みはじめているところです。






最終更新日  2004/07/18 04:32:03 AM
2004/07/16
カテゴリ:カテゴリ未分類
 一年の初め、元日の日は新鮮な気持になれる。
それは、356日に一回の日。

 一ヶ月の始め、カレンダーをベリベリっとめくるとき、新たな気持になれる。
それは30日に一回の日。

 一週間の始まり、月曜日は、なぜかワクワク感がない。
7日に一回の日。

 これらの周期は、すべて人間が決めたこと。 
その習慣に合わせているだけ。

 一日の初め、太陽が昇り、真っ暗な夜が明ける。
1日に一回のこと。
この周期は、人間が決めることができない、自然の周期。
自然の周期で生きること。
本来の人間の周期。

 大田典生著「人生で大切なこと そうでないこと」に、
笑って生きる朝、昼、夜のコツが書いてあります。

 「今日が人生の最初の日と希望を持ち、
  今日を人生の最後の日と思って努力し、
  降っても照っても、今日を最高の一日としたいものです。」

 「朝、起きたら、髭をそったり化粧をしたりする前に、
  鏡に向かってニッコリ笑って、
  『今日一日、この笑顔を崩すまいぞ』
  と自分に誓いましょう。」

 「日中は、どんなことがあっても良い面だけを見て
  ニコニコと笑って過ごしましょう。」

 「夜には、その日出会った楽しかったこと、
  うれしかったことだけを日記に書きとめましょう。
  楽しかったことがどうしてもなければ、
  『だから良くなる』
  と一言つけ加えます。」

 今日一日だけのことを考えて生きることは、
とってもシンプルで楽なこと。
朝から夜まで、楽しいことだけに意識を向けることは、
自分にとっても、周りの人にとっても幸せを導く習慣。

 今日しかない、
今しかないと思えると、
心の奥から勇気が沸き出てくる。

 今日が人生の最後の日
そして、明日は、さらに楽しい人生の最初の日。






最終更新日  2004/07/17 11:09:02 PM
2004/07/15
カテゴリ:カテゴリ未分類
 「教える技術」という言葉から、どんなことを連想しますか。
教師、教授、塾講師。
いろんな教える仕事を連想することができます。
もっと身近に、会社の部下、子どもといった1対1の関係でも
教える技術は必要になってきます。

 自分の中に、教える知識があっても、
相手が自分を受け入れてくれないときは、
知識がぜんぜん伝わっていきません。
知識以外に、なにが必要なのでしょう。

 戸田昭直著「相手がわかるように教える技術」に、
積極的傾聴と教える効果について書いてあります。

 「部化との心が通い合うコミュニケーションがあれば、
  教える効果は倍増します。
  そのためには、部下を尊重し、
  彼の話しを徹底して聞こうとすることが大切です。
  多くの場合、話し手は言いたいことを部下に伝えることに
  集中してしまって、部下の反応を観察したり、
  気持を理解することを忘れてしまう傾向があります。
  部下の立場になり、その気持を積極的に理解していこうとする姿勢を
  積極的傾聴といいます。」

 いままで、傾聴は相手の能力を引きだす技術と理解していました。
戸田さんの本を読んで、教える側の姿勢が開かれていれば、
教育も効果的なことに気がつきました。

 自分自身のなかに、ティーチングよりもコーチングが良いという
固定観念ができていました。
でも、今日からは、コーアクティブ(協働的)ティーチングという、
新しい概念を研究してみることにします。

 教える人と教わる人が、同じレベルで寄り添って、
意図的に協調しながら、お互いに高めあっていく技術。
コーアクティブ・ティーチングは、ここから始まります。






最終更新日  2004/07/16 08:43:02 AM

全259件 (259件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 26 >

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


csfcw

カレンダー

日記/記事の投稿


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.