371644 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ペンション経営のエピソード/勝手な話(特に冬は)も多々あり!(ノウハウ書をかきました)

PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


摩周湖を世界遺産にしよう

Calendar

Rakuten Card

Favorite Blog

北海道のツーリング… したひろさん

Comments

Freepage List

Headline News

2006年09月29日
XML
ハナイグチ
←我がペンションの芝に生えたハナイグチ

敷地が広大なため、秋はさまざまなきのこが顔をだす。
ただいま、落葉きのこといわれる「ハナイグチ」が沢山でている。
このきのこは、カラマツの近くにきまって生える。
あまり傘か開くと美味しくないから、まだ丸みがある小さめが良い。

昨日もそうだったが、これらのきのこは夕食時のスープに入れてだしている。
コンソメ系スープにはよくあい、評判が良い。
全体的にぬめりがあるきのこの方がほこり臭さが無く美味しい。
きのこも沢山の種類があるから、わけがわからないのもを多く、この時期は図鑑とにらめっこになる。(もちろんお客さんには確実な物しか出していないからご安心を)
ヒトヨタケやホコリタケも多く、このきのこは食べられるらしいのだが、
イマイチ度胸がないので、その外見から絶対に食べる気になれない。
(みかけが悪い方が美味しいといわれるのだが・・・)
ホコリタケはその名の通り、踏むと粉が噴き出すから面白い。
だからなおさら食べられるといわれても食べる気にならない。


ワタクシメにポチッとゴシエンを  ついでにこちらもよってけろ






Last updated  2010年03月10日 10時58分39秒
コメント(2) | コメントを書く
[ペンションに関することなんでも] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.