000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ペンション経営のエピソード/勝手な話(特に冬は)も多々あり!(ノウハウ書をかきました)

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


摩周湖を世界遺産にしよう

Calendar

Rakuten Card

Favorite Blog

雪の結晶・・・ したひろさん

Comments

Freepage List

Headline News

2015年11月02日
XML

今年は、10下旬の強烈な暴風雨(のち雪)のため葉が全て落ちてしまった。
例年よりも一週間ほど早いようだ。

我がペンションは冬期休業するから、今年は11月1日で営業終了なので、
10/31に泊まられたオイラとほぼ同年代のご夫婦が今年の最後になった。

お客様は某大手銀行(銀行員の方は結構よく来られる)の方だったこともあり、
夕食時にこのところの景気の話になった。
「さすがにこれだけ円をすればとりあえず円安になるから、外需中心となりやすいので、日本にとっては、やはり上向くのでしょうね」
さらに、「年功序列はなんだかんだ言って全体的にはいいことなんですよ。若い時はそんなこと全く思わなかったが、定年が近づいている私のような立場になるとそう思います」と言われた。


70歳からが本当の人生 最大手で年功序列をはねのけ、リストラを克服した男の物語


オイラも全く同感です。
確かに、使えないおやじに高い給料を払うのを、若い時は腹が立った。
でも、若いやつよりも、人生経験があることは確かなのだから、そういう給金の支給には意味があったから、よく考えると、これは一億総中流以外の何物でもなかった。

現代のように、アメリカ的実力主義に走りすぎると、確かに一部の金持ちは増えるが、
絶対数が裕福でなくなり、企業収益も上がりづらいから、全体的には景気も良くなるはずがない。

日本人はなんでもみんなと同じことをしていないと安心しない(できない)人種だから、元々社会主義的な国だったので、個人主義的アメリカ型はなじまない。
オイラはあまり他の人と同じ事をしたくなかったから、若い時から脱サラして自由気ままにやってきたが、やはり自分が年になるにつれ、そんなことを考えることが多くなった気がする。

ワタクシメにポチッとゴシエンを  ついでにこちらもよってけろ






Last updated  2015年11月02日 12時52分14秒
コメント(6) | コメントを書く
[ペンションに関することなんでも] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.