347846 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ペンション経営のエピソード/勝手な話(特に冬は)も多々あり!(ノウハウ書をかきました)

PR

全107件 (107件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 11 >

ペンションに関することなんでも

2018年10月20日
XML

落ち葉の絨毯になった現在の我がペンション

以前のブログでも「二人は一人に変わる」と同タイトルを書いたが、
昨日泊まられたお客様(40代ご夫婦)と夕食時、周辺観光での話の中で、昨日開陽台に行かれた時、
『開陽台の近くで以前は酪農を50年位していた81歳の人と話したんですが、その方は数年前に長く連れ添った奥様が亡くなり、現在は一人暮らしとのこと。そんなこともありほぼ毎日開陽台に来ているという。ここへ来れば観光で訪れる人がたくさんいるため、いろんな話ができるからだという。81歳なのに実に元気でした。』
ということを話された。
一人になると、特に男性は陰にこもりがちになる方も多いと思うが、この方は一生懸命に生きているような気がして、実に偉い人だと思った。


ラブ・ストーリーを君に(1988年)


このような話が出るたびに、
「ラブ・ストーリーを君に」という映画のエンディングに流れる
「やがて月日は流れ年老いて、二人は一人に変わるけど」
という歌詞がある、財津和夫さんの曲を思い出してしまう。

現代では、核家族化ばかりなので、どちらかに先立たれたら、
一人暮らしになることがほとんどなので、来年還暦になるオイラもなんか考えさせられる。
若い時にはそういった感情は皆無だった。

ワタクシメにポチッとゴシエンを






Last updated  2018年10月20日 21時45分48秒
コメント(0) | コメントを書く


2017年08月21日

現在の我がペンション

昨日まで10日ほど、ほぼ満室が続き、ようやくホッとできるようになった。
昨年から8/11が山の日になったこともあり、元々忙しかったお盆だが、さらに忙しくなった。
そして、まだ景気も良いようで、今年は2008年のリーマンショック以降では一番忙しかった気がする。

このところほぼ毎日のように我がペンションに現れる、エゾユキウサギ。

夏は茶色だが、ユキウサギというだけあって、冬は真っ白になる。
比較的慣れているので、
「ここで飼われているのですか」とたまに質問される。
オイラ「そんなわけないでしょ~」と冗談ぽく言うこともある。

朝晩必ずと言っていいほど出てくるから、泊まられたお客様も見ることも時々あるので、嬉しそうです。

ワタクシメにポチッとゴシエンを






Last updated  2017年08月21日 11時50分14秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年06月20日

シバザクラのピークが過ぎた現在の我がペンション

今日もチェーンソーのブログです。

昨年の台風7号で倒れた巨木をチェーンソーで処理中。
山積みになった大量の丸太。
これでもまだ半分くらいしか処理できていない。
おそらく、30年分以上の薪にはなりそう。

昨日、プロ仕様でハイパワーエンジンである、マキタMEA4300Gが届いた。
チェーンソーMEA3201Mを修理しましたと以前書いたが、これだけ大量なので、やはりもっとパワーのあるチェーンソーが欲しくなったので、MEA4300Gを購入した。
やはり新しいのはいい。



これが届いたMEA4300G。
マキタのチェーンソー(元々はドイツのドルマー製だが)は、デザインも良く、性能もスチールやハスクにも劣らない。

早速使ってみた。
なんと、今まで使用していたMEA3201MやE2835Nがおもちゃのように思える(とは言っても、刃はいつもしっかり研いでいたから結構スムーズには切れるのだがパワーが違う)ほどハイパワーで、直径30cm位ある比較的大きな丸太でも、約10秒で切断できてしまう。
最初から、これを使っていたら、おそらくもうほとんど切る丸太もなくなっていたであろう。
こんなことなら「早く買えばよかったと」後悔。

ワタクシメにポチッとゴシエンを ついでにこちらもよってけろ






Last updated  2017年06月20日 08時00分23秒
コメント(2) | コメントを書く
2017年06月19日

シバザクラのピークが過ぎた現在の我がペンション

この2~3日は6月の新緑が栄える、抜群の天候で、泊まられたお客様も気分が良さそうです。
まだ、景気は良いようで、予約も良く入る(と言っても7、8月のメインが中心だが)。


昨年の台風7号で倒れた巨木をチェーンソーで処理中。
山積みになった大量の丸太。
これでもまだ半分くらいしか処理できていない。
おそらく、30年分以上の薪にはなりそう。

数日前に、泊まられたご年配のお客様が、この山積みになった丸太を見て、「凄い量の丸太ですね」と言った。
そんなことから、少しチェーンソーの話になった。
チェーンソーMEA3201Mを修理しましたと以前書いたが、これだけ大量なので、チェーンソーは欠かせないため、以前からある調子の悪かったマキタE2835Nも徹底的にオーバーホールしたら絶好調になり、完全復活した。
エンジンはかかるが燃料が噴射されすぎる(漏れる)のか、すぐにかぶってかかりにくくなる。
そこでキャブを分解したら、思った通り、ダイヤフラムが切れていた。

キャブレターを取り外したところ

これが、分解したキャブレター
そこで、ガスケットとダイヤフラムを新品に取り換え、無水アルコールで洗浄(一般的にはキャブクリーナーを使うのだろうが無水アルコールの方が良い)したら、絶好調になった。


E2835NのYoutube動画はこちら

この際徹底的に綺麗にしたくなった(完全に自己満足)ので、ガイドバーまで、自分で塗装。

これが1991年に購入し、蘇ったマキタ E2835N(ちょっとレトロな感じ)


このようなことをお客様と話していたら、
半ば冗談で「チェーンソーで商売できますね~」と言われたので、まじで商売替えしようかなと思ってしまう。
チェーンソー(草刈機なども)で疑問があったらどうぞ。

ワタクシメにポチッとゴシエンを ついでにこちらもよってけろ






Last updated  2018年01月29日 11時54分26秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年10月15日

今年の紅葉は少し遅いようで、やっと少しづつ葉の色が変わりかけてきた、現在の我がペンション
あと一週間ほどでピークになりそうです。

我がペンションは敷地がとんでもなく広く、その多くは密林なので、薪ストーブには適している。
以前のブログで、
薪ストーブを設置しました と書いたが、あれから5年たった。

当時は原油がとんでもなく高騰したこともあり、薪ストーブを設置したのだが、今までのは、60Kgしかない小型だったので、真冬になると、やはり床暖を併用する必要があった。
昨年末にも一度検討していたが、真冬に入れ替えるのは大変だったので、9月に、二次燃焼付超大型(170Kgもあり、今までの3倍以上の性能)を注文した。
9月17日に配達は完了したが、我がペンションには幸い除雪に使う重機
コマツ WA30
があるから、近くまでは運べたが、何しろ170Kgもある薪ストーブなので、残り1メートル動かすのに必死だったから、うちのかあさん(妻)に少し手伝ってもらおうとしたが、アクシデント。
かあさんがすこし太ももを切ってしまったため、結局一人で全て動かすはめに!。運ぶのもコツがあり、力任せではダメでした。
お客さんがいない合い間に一人でこつこつ作業していたが、それから約一か月かけ断熱用レンガ・煙突・またダンパーも自作し、昨日ようやくすべて完成した。
初火入れはまだしていないが、今年からはこれで暖かい冬を過ごせそう。
結構資金がかかったが、タダで使える燃料なので、1シーズンでペイするであろう。

薪が燃えるのを見ていると不思議と飽きが来ないので、すぐに時間が経ってしまう。遠赤外線のため、石油に比べ暖かさが格段に違うので嬉しくなる。

ワタクシメにポチッとゴシエンを ついでにこちらもよってけろ






Last updated  2016年10月15日 13時01分28秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年10月14日

今年の紅葉は少し遅いようで、やっと少しづつ葉の色が変わりかけてきた、現在の我がペンション

秋は、テントウムシが大発生して大変なのだが、(参考:秋はてんとう虫が大発生して大変です)今年は、未だにほとんど発生しないので本当に有難い。
おそらく、お盆過ぎからのとんでもなく強烈な3連続台風で、めちゃくちゃに巨木が沢山折れたりしたことが原因なのであろう。

ところで、以前のブログで、食事中の携帯(スマホ)電話はど~にかならないの!と書いたのだが、
スマホが当たり前になった昨今だから、若い人に限らず、比較的ご年配の方でも、スマホを見みながら食事をしている人が実に多くなっている。
はたで見ていると気になるので、あんまりにも頻繁にみている人には、「スマホは離せないですか」と何度か言ったことがあるのだが、
そういわれると、流石に気づくようで、ほとんどの場合「今日の天気が気になるんです」とか「ニュースをチェックしているんです」などという。

そんな中、数日前かなり若い方が
宿泊されたが、礼儀正しいく、しかもいやみっぽくもなく、きっちりされていた。
食事中に、結構話したが、自衛隊の幹部候補性(航空機に乗っているようです)でした。
この方を見ていて、半ば強制的に規律を学ぶ必要性があるように思った。
もっと過激にいえば、平和ボケした
けじめのつかない昨今だから、徴兵制(戦争をしたいという意味では決してない)なんていうのは、そういった意味では日本でも若い時の1年くらいは、あってもいいように感じてしまった。


ワタクシメにポチッとゴシエンを  ついでにこちらもよってけろ






Last updated  2016年10月15日 08時02分18秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年08月27日
8/17夕方に上陸した台風7号は、今まで経験したことがないほど強烈で、
ハンノキの巨木が根っこごと倒れてしまったままの我がペンション。

8月中は連続的にお客様が来られるので、いまだに処理ができない。
9月になれば、この木の解体に取り掛かれるであろうが、ペンションの後ろの森は、大変な数の巨木が倒れ、これを処理するのに、11月いっぱいまではかかりそうで、なんとも憂鬱。

今日の話はシビアなので、書こうかどうか迷った。
じゃらんnetの口コミに事実誤認を誘発しそうな悪質な投稿をされてしまった。
アホな書き込みは普通の感覚であればどちらがおかしいのか判断できるから、流そうとも思ったが、どう考えても、こちらには特に問題があるとは思えなかったので、反論(じゃらんnetでは韓国人と書くと差別とみなされ、こちらの言い分を載せないため)することが、このブログ(オイラのブログは空気の読めないといわれそうな、本当のことをズバッと書いていることも多いので、手前味噌だがかなりアクセスが多い)位しかしかないので書くことにした。
我がペンションに限らず、おそらくいろんな意味で他人の想いに配慮しない(できない)行動をするのが常だから、そんなこの韓国人にはいずれバチが当たるであろう。

******以下が投稿された内容********
【タイトル】不愉快
【内容】
一泊2万円以上だったが, 食事は本当に残念でした. ボリュームもないし, 内容も期待外れ.
しかも宿あってのお客の感じ??
**********************************

とのことがかれており、
評価は
総合 2 部屋 4 風呂 4 料理(朝食)3 料理(夕食)1 接客・サービス 2 清潔感 4
とされていた。

宿泊金額の判断は、1人あたりに対して論じるのが普通だと思う。
これでは、パッと見ただけでは、「1人2万円もするのか」と思わせる書き方(実際の金額は1人あたり1泊2食付10.500円(税別))だから、事実誤認には引っかからないような悪意を感じる書きかたである。

じゃらんnetのサポートに問い合わせたところ、
「事実には反してはいないので、削除には応じられない」との人間的ではないマニュアル的回答。
我がペンションでは、このような悪質な投稿は初めてだった。
ほかのお宿さんでは、以前から同様のクレームをじゃらんnetに申し立てたが、「削除してくれない」というのを随分目にしていたから、そんな対応をじゃらんがするのか半信半疑であったが、
今回のことで、実に納得した。

食事のことも書かれていたが、
料理の写真も記載しているので、それとほぼ同様のものは提供しているし、韓国人だったので、生活習慣からくる味覚の違い等もあり、食べる前から大量の塩・コショウをふりかけていたし、その挙句かなり残していた。
それでいて「ボリュームもない」というのもおかしな話である。
当日はお盆で満室だったので、同時に宿泊されていた日本の方にも全く同じ食事をお出ししていたが、その韓国人以外はすべて本当に奇麗に食べられていた。
しかも同日宿泊された違う方には「満足いただけた」との投稿もされていたのにである。

また、「宿あってのお客の感じ??」とは何を言いたいのであろう。
この人は、風呂も朝晩入っていたし、食事時の対応も他の日本の方と同じように聞いて回っていたので、コーヒーなどもおかわりされていたから、韓国人だから差別した扱いは一切していないし、トラブルらしきものは当日は思い当たらなかった。
個人経営だし、いつもたくさんの方にあっているから、泊まられた方の様子は結構わかる。
ほぼ毎年、韓国・中国の方も来るが、もちろんみんなが悪いと言っているわけではないし、昨年来られた日本在住の韓国の方は大変良かった。

「不愉快」というタイトルの割には、それ以外の評価は4が結構ありそんなに悪くない。
通常、感情的でなければ5とするところだが、こういう場合だから絶対5とはしたくないのも、心理的判断の表れでもある。

この方は、日本語留学を目的とした長期滞在者のようで、半年くらい前から住んでいるとのことだから、当日「わずか半年なのに日本語が上手いですね」と言ったことくらいのことしか話をしていないから、何が不満だったのかオイラには理解ができないが、比較的表情が暗かったこともあり、おそらく日本に来てからあまりしっくりいっていないかったのかもしれないし、
オイラは、 百田尚樹(この人の本はすべて読んでいる)の主張はすべてとは言わないが、かなり共感できるので、
それらのことを書いたブログ
カエルの楽園を図書館で借りてきて読んだなど
をもしかしたら読んでいたのか、そういったオイラに対する反日感情もあったのかもしれない。

我がペンションは、自サイト予約が多いし、じゃらんnetからの予約は全体の15%位しかない。
しかもその7割が超ハイシーズンに入るので、はっきり言ってこれに頼らなくてもない大して影響がない。
もともと、じゃらんnetの営業が何度も来たから参加していただけなので、これを機会にじゃらんnetからの今年の予約受付は中止した。

このブログをご覧になった、じゃらんnetのみ(重視)の方、
楽天ブログを使っているのでよいしょしているわけではないが、情報量がじゃらんnetよりも圧倒的に多い楽天トラベルも使ってみてはどうでしょう。

ワタクシメにポチッとゴシエンを  ついでにこちらもよってけろ






Last updated  2016年08月29日 11時23分11秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年11月02日

今年は、10下旬の強烈な暴風雨(のち雪)のため葉が全て落ちてしまった。
例年よりも一週間ほど早いようだ。

我がペンションは冬期休業するから、今年は11月1日で営業終了なので、
10/31に泊まられたオイラとほぼ同年代のご夫婦が今年の最後になった。

お客様は某大手銀行(銀行員の方は結構よく来られる)の方だったこともあり、
夕食時にこのところの景気の話になった。
「さすがにこれだけ円をすればとりあえず円安になるから、外需中心となりやすいので、日本にとっては、やはり上向くのでしょうね」
さらに、「年功序列はなんだかんだ言って全体的にはいいことなんですよ。若い時はそんなこと全く思わなかったが、定年が近づいている私のような立場になるとそう思います」と言われた。


70歳からが本当の人生 最大手で年功序列をはねのけ、リストラを克服した男の物語


オイラも全く同感です。
確かに、使えないおやじに高い給料を払うのを、若い時は腹が立った。
でも、若いやつよりも、人生経験があることは確かなのだから、そういう給金の支給には意味があったから、よく考えると、これは一億総中流以外の何物でもなかった。

現代のように、アメリカ的実力主義に走りすぎると、確かに一部の金持ちは増えるが、
絶対数が裕福でなくなり、企業収益も上がりづらいから、全体的には景気も良くなるはずがない。

日本人はなんでもみんなと同じことをしていないと安心しない(できない)人種だから、元々社会主義的な国だったので、個人主義的アメリカ型はなじまない。
オイラはあまり他の人と同じ事をしたくなかったから、若い時から脱サラして自由気ままにやってきたが、やはり自分が年になるにつれ、そんなことを考えることが多くなった気がする。

ワタクシメにポチッとゴシエンを  ついでにこちらもよってけろ






Last updated  2015年11月02日 12時52分14秒
コメント(6) | コメントを書く
2015年10月04日

少しづつ葉の色が変わりかけてきた、現在の我がペンション

10月1~2日の台風並みに発達した大荒れは本当にすごかった。
2日の朝起きたら、芝にある大きなハンノキの上半分が折れていた。
天気は回復しつつあったので、早速重機(KOMATSU WA30)を使って片づけをした。
2時間くらいで終わったが、その直後、突如強烈な突風が吹きあれ、玄関ドアガラスがわれてしまった。
早速なじみの建築会社に電話したら、すぐに来てくれたが、10万円位かかってしまいそうで、気分はとんでもなくブルー。





シルバーウイークに稼いだ1日分がただ働きになってしまった。ショック!

ワタクシメにポチッとゴシエンを  ついでにこちらもよってけろ






Last updated  2015年10月04日 13時05分26秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年09月24日

少しづつ葉の色が変わりだしている。
あと2週間もすれば、紅葉のピークになるであろう。

最近は、津別峠の雲海がやたらと有名になっているので、
我がペンションからは大変近い(車で15分)ことから、
ほぼ毎日のように朝4時過ぎになるとそこに行かれる方がいる。
津別峠での雲海はずいぶん前からわかっていたわけだが、
それにしてもブームというのは不思議なものである。

9/19からの5連休だった今年は、昨日で終わったが、
6年前のシルバーウイーク(2009年)の時も結構忙しかったのだが、
今年は9/19~21は何度もお断りするほどで、
これほど忙しかったのは、本当に久々だった。
次回シルバーウイークになるのは11年も先らしい。
8月には「山の日」という祭日ができるようだが、そんな祭日を作るより、
毎年シルバーウイークになるように変えたほうが、経済効果は絶大だろう。

ところで、昨日泊まられたオイラとほぼ同年代のお客様が、Nikon Dfを持っていた。

SPからF3まで使用していたロゴに変更するなどオールド的要素を持った本格一眼デジタルFXフォーマットの「NikonDf」


少し見せていただいたが、なかなか素晴らしい。

やはり、Nikonの一眼デジタルの映りは、ずば抜けている。

以前、Nikon事実上フィルムから撤退というブログで、
「F3まで採用していたNikonのロゴを復活させた高級クラシカルな一眼レフを作ってもらいたい」と書いたが、
昨年そのようなカメラ「Nikon Df」が売り出され事は知っていたが、
実際に手に取ったのは始めてだった。


Nikon SP
Nikon SP


デジタル一辺倒になった昨今だが、
サラリーマン時代、写真の出版社にいた事もあり、あの名機Nikon SP(復刻版ではない)やNikon F2、Nikomat FTNをもっているので、たまには空撮りくらいはする。


比較的若い層にはあまり買われないNikonだし、
Canonに比べ今一つ元気がないニコンだが、
やはりオイラが使う(買う)カメラは今後もNikonであろう。

ワタクシメにポチッとゴシエンを  ついでにこちらもよってけろ






Last updated  2015年09月25日 12時15分40秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全107件 (107件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 11 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.