2013年10月02日

消費税増税表明で安倍ちゃんもそう長くはないだろう

テーマ:ニュース(88247)
カテゴリ:政治について

随分葉の色が変わりだしました
以前のブログでも何回か書いたが、
ただいま毎秋恒例のテントウムシ大発生で大変です。


日本再生を妨げる売国経済論の正体 / 上念司


昨日安倍ちゃんが、消費税増税を表明したが、本当はやりたくなかったのだろうが、やはり財務省事務次官である木下康司のしたたかさにやられた感じがする。

今までにも、何度となく宿泊されたお客様と話したことがあるが、
昨日もかなりご年配のお客様と、昨今の景気がらみから消費税増税の話になった。

オイラ「消費税増税は何でやるのでしょうね?」と尋ねてみた。
お客様「財政再建とか社会保障のためですよね」
案の定予想通りの返答だったが、

「消費税を増税すると、確実に税収が減る」という
歴史が物語る事実を、マスコミは報道しないから、
「70%以上の国民が消費税増税はやむおえない」と思ってしまう。

そのことを言ったら、
お客様「そうなんですか~。それじゃ財政再建なんかできないですよね」
その通りなんです。
実は、1997年に3%~5%に上がった次の年からいままで15年以上も減収なんです。

せっかく少し景気がよくなりつつある状態なのに、
またまた、デフレ好きな既得権益者などのごく一部の高給取りが喜ぶだけだから、陰謀すら感じる。
これで、安倍ちゃんも命取りになるかもしれない。

ワタクシメにポチッとゴシエンを  ついでにこちらもよってけろ





TWITTER

Last updated  2013年10月02日 20時32分03秒
コメント(0) | コメントを書く
[政治について] カテゴリの最新記事