1787785 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Nice One!!

PR

Calendar

Category

Archives

2020.01
2019.12
2019.11

Comments

びー。@ Re:久しぶりぃ〜(09/01) おかえりなさいませ? なんか違うな。別荘…
みえこ55@ Re:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) お久しぶりです〜^o^ ブログにコメントを…
rose_chocolat@ Re[1]:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) kaoritalyさん コメントありがとうござい…
kaoritaly@ Re:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) ご無沙汰してます。 ベスト10の映画、…
rose_chocolat@ Re[1]:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) みえこ55さん こちらこそレス遅くなりす…
2007.10.07
XML
カテゴリ:洋画(あ行)

監督・脚本 : オリヴィエ・ダアン

出演 : マリオン・コティヤール 、 ジェラール・ドパルデュー


公式サイトはこちら。



<Story>


1915年にパリのベルヴィルで生まれたエディット(マリオン・コティヤール)は、
幼くして両親と生き別れ、祖母が営む娼館に身を寄せる。
一度は失明したものの奇跡的に回復し、後に大道芸人の父に引き取られ、
日銭を稼ぐためにストリートで歌っているところを、
名門クラブのオーナー、ルイ・ルプレに認められ、
その歌声から“ピアフ(雀)”と名づけられる。

やがて世界的なスター歌手となった彼女は
生涯最愛の恋人マルセルと出会うのだった…。



エディット・ピアフ ~愛の賛歌~ - goo 映画
エディット・ピアフ ~愛の賛歌~ - goo 映画




<感想>

とにかく、マリオン・コティヤールの演技がすごい。
とても、『プロヴァンスの贈りもの』で、あんまり印象に残らなかったヒロインを演じた人と同一人物とは思えない (→ 悪いわね^^;)
10代から死去するまでのピアフを演じた・・・・ でも、晩年のピアフはまるで老女のような風貌だったし。
そして歌も吹替えじゃなくて、彼女が歌っているそうです。
すごいよね。。。
誰もが知っているピアフの顔・声・スタイル。
それを壊さないように演じていた。
こう書くと、『クィーン』のヘレン・ミレンを思い出す。彼女もまた、女王のイメージを崩さないように演じきっていた訳で。
女優魂をここにも見た。




エディット・ピアフ ~愛の賛歌~
(C)2007 LEGENDE-TF1 INTERNATIONAL-TF1 FILMS PRODUCTION OKKO PRODUCTION s.r.o.- SONGBIRD PICTURES LIMITED





ピアフの曲は正直そんなに馴染みはないけれど、
この映画を見ていて思い浮かぶ人といえば、きっと美空ひばりかもしれない。
あまり幸福とは言えない生い立ち、私生活、
しかしながらその声質は他の追随を許さない。
そして愛情に恵まれない人生が、その天性の歌声を一層際立たせていく。
求めても求めても永遠に手に入らない愛・・・・
そんなものは幻。
そうとわかっていても求めずにはいられない。
そんな生き方を表現していける彼女達に、私たちは感慨深さを覚えるのではないだろうか。



10歳のとき、生活のために始めて人前で歌ったシーンがあって
(でもこれが実話かどうかがわからないそうです)
そのときに歌っていたのが、フランス国家・「ラ・マルセイエーズ」。
その歌詞がすごいのよ。


Allons enfants de la Patrie,
Le jour de gloire est arrivé !
Contre nous, de la tyrannie,
L'étendard sanglant est levé ! (bis)
Entendez-vous, dans les campagnes,
Mugir ces féroces soldats ?
Ils viennent jusque dans nos bras
Egorger nos fils et nos compagnes !
Aux armes, citoyens !
Formez vos bataillons !
Marchons ! marchons !
Qu'un sang impur abreuve nos sillons !


いざ祖国の子らよ、
栄光の日は来た!
我らに向かって、暴君の、
血塗られた軍旗は掲げられた!(2度繰り返し)
聞こえるか、戦場で、
あの獰猛な兵士どもが唸るのを?
奴らは我々の腕の中まで
我らの息子や仲間を殺しにやって来る!
武器を取れ、市民諸君!
隊伍を整えよ!
進もう!進もう!
不浄な血が我々の畝溝に吸われんことを!



こんな歌詞を子どもまで歌っている国、フランス。
フランス人が凄みがある理由がわかるなあ。
生きていくために必死に勝ち取っていかなくてはいけないものがあるから。
それを子どもまで骨身にしみてわかっている。



愛に生きた人生、そして愛なしでは生きられなかった人生。
そしてその愛がまた、皮肉にも彼女の生命を縮めていく。
正直に生きてきて、絶頂の時があって、
しかし晩年は惨めで。
死ぬ間際に、後悔することもたくさんあったと思う。
それでもなお、「薔薇色の人生」と言い切れるのだろうか。
ピアフはそれでも後悔しないと歌っていたけれど、
自分なら後悔しそう。
幻だけを追いかけていく人生は虚しいと思う。
自分の生きた証を形に残したい。
せめて幸せだったと実感してから死んでいきたい。





****************************




今日の評価 : ★★★★★

(マリオン・コティヤールの演技に感動。
あんなに見事にピアフを演じるとは・・・
なりきっている彼女を観るだけでもこの映画の価値は十分あります。
もちろん、ピアフの生き方にも感動。)





   

  














Last updated  2008.05.05 15:19:14
コメント(18) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.