1746551 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Nice One!!

PR

Calendar

Category

Archives

2019.10
2019.09
2019.08

Comments

びー。@ Re:久しぶりぃ〜(09/01) おかえりなさいませ? なんか違うな。別荘…
みえこ55@ Re:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) お久しぶりです〜^o^ ブログにコメントを…
rose_chocolat@ Re[1]:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) kaoritalyさん コメントありがとうござい…
kaoritaly@ Re:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) ご無沙汰してます。 ベスト10の映画、…
rose_chocolat@ Re[1]:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) みえこ55さん こちらこそレス遅くなりす…
2008.04.30
XML
カテゴリ:洋画(あ行)

原題: I'M NOT THERE

監督・原案・脚本 : トッド・ヘインズ

出演 : ケイト・ブランシェット 、 クリスチャン・ベイル 、 リチャード・ギア 、 マーカス・カール・フランクリン 、 ヒース・レジャー、 ベン・ウィショー



鑑賞劇場 : CINECITTA'

公式サイトはこちら。




<Story>


1959年、ギターを抱えたウディ(マーカス・カール・フランクリン)と名乗る黒人少年が貨物列車に飛び乗り、病床の本物のウディに会いに行く。

社会派フォーク歌手として人気が出たジャック(クリスチャン・ベイル)だが、シーンから消えた20年後、牧師としてキリスト教の布教にいそしんでいた。

伝記映画の主役を演じ成功したロビー(ヒース・レジャー)は、9年に及ぶ結婚生活に終止符を打とうとしている。
音楽性をフォークからロックへ転向したジュード(ケイト・ブランシェット)は、スターとしての生活を送る中、ドラッグに蝕まれていた…。


アイム・ノット・ゼア - goo 映画
アイム・ノット・ゼア - goo 映画




<感想>

ボブ・ディランの様々な側面を6人の俳優が演じ分けた意欲作。
ボブ・ディランの初心者には、彼の足跡のアウトラインがわかるように作られていると言ってもいいのではないでしょうか。
6人6様のディランだし、その場面のイメージに合わせたキャスティングになっているので、
恐らく観た人の感想はかなり分かれると思いますが・・・。


自分もボブ・ディランに関してはあまり知識がない方ですが、
彼は様々な顔を持っているが故に、これを通り一遍の自伝にしてしまわなくて正解だと思います。
それぞれの俳優の個性も楽しかったし、彼らが「自分のディラン」をしっかりと持っていたのも素敵なことでした。


アカデミー助演女優賞にこの作品でノミネートされただけに、ケイト・ブランシェットはかなりクローズアップされています。
実際の若き日のディランのイメージに一番似ているのは彼女なんですよね。





アイム・ノット・ゼア
(c)2007 VIP Medienfonds 4 GmbH & Co.KG/All photos - Jonathan Wenk





でもこの役を女優で演じられるのって絶対に彼女しかいなかっただろうし、
今しかできない役だから引き受けたというのもすごく正解だと思う。
『エリザベス:ゴールデン・エイジ』とはまた違った「男らしさ」ですよね。
エリザベスでは女性の部分を排除しないといけない役、でもこれは如何にディランになり切るかって部分だから。




アイム・ノット・ゼア 2
(c)2007 VIP Medienfonds 4 GmbH & Co.KG/All photos - Jonathan Wenk





もう1人気になったディランは、今年1月に急死したヒース・レジャー。
結婚生活の部分を描くということでここは男優でしょうか。
奥さん役のシャルロット・ゲンズブールも、どことなくイメージ的に合っていました。
あと、クリスチャン・ベイルもディランに似てたなあ・・・。

その俳優たちの場面場面で、それぞれのイメージに観客を引き込ませているのはなかなかのものかなって思いました。
音楽好きさんなら観て楽しめると思いますが・・・





*******************************




今日の評価 : ★★★☆




   

  

  













Last updated  2008.05.03 18:28:46
コメント(4) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


これ   パンダ85kg さん
これ予告で見て、すごく観たかったやつなの。
うちの兄貴が観ても喜びそう~。
こっちの映画館ね、早朝(といっても1本目が9時くらいかな?)割引だと400円くらいで観られるんだよ。来週ちょっとのぞいてきます~~~。
あ、でも、字幕が・・・(笑)
(2008.05.03 19:20:55)

パンダ85kgさん    rose_chocolat さん
こんばんは~

こうして音楽好きな人が興味持ってくれるのはすごくうれしいです。
多彩な視点から1人の人間を描く、しかもそれぞれ違う俳優で演じ分けるなんて、日本ではまず考えられないでしょう? なので、楽しんでいただきたいですね。
字幕はハングル!? がんばれ~~

それにしても400円!? いいなあ~。チケット屋さんにでも行かないとそんな値段じゃ映画は観れないから(笑
(2008.05.03 20:59:58)

Re:『アイム・ノット・ゼア』 (2007) / アメリカ(04/30)   天国の口 さん
映画というよりも ミュージックビデオという感じですね
そう思ってみると楽しめる 変わった映画でした♪

(2008.05.10 23:36:44)

天国の口さん   rose_chocolat さん
こんばんは^^

>ミュージックビデオ

確かに・・・。 6人はいらないんじゃないかなって思ったりもして。
ケイトがとにかく目を惹きました。
(2008.05.11 01:22:04)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.