1398588 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

Nice One!!

PR

Calendar

Category

Archives

Mar , 2017
Feb , 2017
Jan , 2017

Comments

みえこ55@ Re:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) お久しぶりです〜^o^ ブログにコメントを…
rose_chocolat@ Re[1]:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) kaoritalyさん コメントありがとうござい…
kaoritaly@ Re:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) ご無沙汰してます。 ベスト10の映画、…
rose_chocolat@ Re[1]:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) みえこ55さん こちらこそレス遅くなりす…
みえこ55@ Re:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) 遅くなりましたが,明けましておめでとう…
Aug 20, 2008
XML
カテゴリ:邦画(あ行)

監督 : 滝田洋二郎

脚本 : 小山薫堂

音楽 : 久石譲

出演 : 本木雅弘 、 広末涼子 、 余貴美子 、 吉行和子 、 笹野高史 、 山崎努


試写会場 : よみうりホール


公式サイトはこちら。



<Story>


求人広告を手にNKエージェントを訪れた小林大悟(本木雅弘)は、社長の佐々木(山崎努)から思いもよらない業務内容を告げられる。
それは“納棺”、遺体を棺に納める仕事だった。
戸惑いながらも、妻の美香(広末涼子)には冠婚葬祭関係=結婚式場の仕事と偽り、納棺師の見習いとして働き出す大悟。

美人だと思ったらニューハーフだった青年、幼い娘を残して亡くなった母親、たくさんのキスマークで送り出される大往生のおじいちゃん…
そこには、さまざまな境遇のお別れが待っていた。


おくりびと - goo 映画
おくりびと - goo 映画





<感想>

この日の3本目は試写会。
モッくんは映画では久々の主演だったような気がします。
各方面で宣伝が盛んなこの映画、お誘いいただいて行ってきました。


「納棺師」と呼ばれる職業にスポットライトを当てています。
納棺とは、死者を棺に納めること。
ただ持ち上げて遺体を棺に入れることではなく、そこにはたくさんの儀式があって、心づかいがあるものなんだ・・・ ということを、改めて学ぶ機会になりました。


遺体の着物を着替えさせるんですが、この作業が本当に優雅なんです。
遺族にも十分配慮して、作業中に遺体の肌が見えないようにしたり、如何にして美しく寝ている遺体の着付けをしていくかという心遣いがとても素敵なんです。
もともと、「湯灌」(→ 遺体をお湯で洗うこと。この映画では納棺師が清拭しています)は家族が行ったものですが、今はそれが葬儀屋のお仕事になり、そこから納棺師へと割り振られているようです。
なのでそういった作業はもう普通の家ではまずしませんから、作法も伝わらなくなる。
それを取り行うのが納棺師というわけです。




おくりびと
(C)2008 映画「おくりびと」製作委員会





映画で拝見しますと非常に高度な技を必要とするんじゃないかと感じました。人の身体は各々違いますから。
そしてその人の生き方の分と同じ数だけ、死に様もある。
死に様でその人の生き様がわかる、なんてよく言います。
死ぬときにその人がどのように見送られるのか。
たった独りで、誰にも看取られずに死んでいったり、各方面からその人の死を惜しむ人が現れたり、死後に驚愕の事実が発覚したり・・・ ここに出てくる「死」は、イコール「生」なのだと。


ですからまさに納棺師は、「あの世への旅立ちのお手伝い」なんですね。
心地よく旅立てるようにお支度をしてあげる。
その作業を通じて、大悟もまた、自分が生きているということを心の底から実感していきます。
人に言えない恥ずかしい職業。
初めはそう思っていたけれど、社長の佐々木の仕事に対しての想いや、実際の仕事ぶりを眺めることによって、人間をあの世へと送り出してあげる立派な職業なんだと自信がついて行く。
人間は生きているんじゃない、生かされている。だから困ったことに美味しいものは美味しい。そのことに感謝すべきだと。
そして生きてきてその人に出会えたこと、死にゆく人も周りに支えられたことに感謝するものなんだという当たり前のことが、しみじみと心に残ります。



本木さん、山崎さんの納棺師ぶりは実にお見事でした。恐らく相当訓練なさったのではないかと思います。
「この人に、自分が死んだときに納棺してもらいたい」と思う気持ちもよくわかる。
余貴美子さんのたたずまいもいつもながら好きですね・・・。 いい女優さん。
笹野さん、吉行さんの話・・・。 ここが一番自分はツボでした。いつまでも人を愛することができる、ありがとうと言える人がいる人生。理想ですね・・・。
あと、これは脚本が小山薫堂さんなんですよね。私は最近はよくラジオで聴いているんですけど、落とし所がちゃんとしてるんでよかったねと友人とも話しました。





*********************************





今日の評価 : ★★★★☆





  












Last updated  Mar 4, 2009 11:24:03 AM
コメント(32) | コメントを書く
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.