1789837 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Nice One!!

PR

Calendar

Category

Archives

2020.01
2019.12
2019.11

Comments

びー。@ Re:久しぶりぃ〜(09/01) おかえりなさいませ? なんか違うな。別荘…
みえこ55@ Re:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) お久しぶりです〜^o^ ブログにコメントを…
rose_chocolat@ Re[1]:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) kaoritalyさん コメントありがとうござい…
kaoritaly@ Re:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) ご無沙汰してます。 ベスト10の映画、…
rose_chocolat@ Re[1]:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) みえこ55さん こちらこそレス遅くなりす…
2008.12.31
XML
カテゴリ:映画(その他)
さて、先日部門編をUPしたら、
結構コメントいただいてまして、
焦ってますぅぅぅ。
ですので急いで、総合ランキングまとめちゃいますね(汗


アメリカ・ヨーロッパ・アジアの3部門から、30本選んでいます。
ですのでそれを並べ替えて発表ということで。
30日と31日で3本観ましたので、今年の鑑賞本数は148本となりました。
選定基準としては。。。 まあ自分がよかったものなんですけど(笑)、
ヒューマンもの、コメディ、シリアス系、何でもいいんですが、それぞれのジャンルで筋が通っていてしっかり作ってあるもの。
琴線に触れたもの、です。





第30位 ファン・ジニ 映画版

第29位 ブタがいた教室

第28位 俺たちフィギュアスケーター

第27位 ワールド・オブ・ライズ

第26位 20世紀少年 第1章

第25位 譜めくりの女

第24位 アウェイ・フロム・ハー 君を想う

第23位 魔法にかけられて

第22位 ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト

第21位 デトロイト・メタル・シティ

第20位 百万円と苦虫女

第19位 アイアンマン

第18位 つぐない

第17位 ペネロピ

第16位 やわらかい手

第15位 イースタン・プロミス

第14位 ブーリン家の姉妹

第13位 トロピック・サンダー

第12位 PARIS

第11位 休暇


ここからベスト10ですね^^


第10位 トウキョウソナタ
普通の家族が、音もなく普通に壊れていくことって、こんなに簡単だけど、再生は果てしなく難しいと改めて思います。


第9位 ぐるりのこと。
これも夫婦のこと。誰にも立ち入れない歴史があるからこそ、再生も自分たち以外には成し遂げられません。その重みを感じました・


第8位 ぜんぶ、フィデルのせい
とにかくアンナちゃんが可愛くて。社会情勢や家族が変化するにつれて彼女が成長していく様子も面白かったです。


第7位 アクロス・ザ・ユニバース
映像が素敵。音楽が素敵。「愛」っていうテーマを美しく描写していました。


第6位 僕らのミライに逆回転
映画が好きっていう気持ちが伝わってきて、あたたかい映画でした。
パロディも笑えます。


第5位 潜水服は蝶の夢を見る
これは実話の映画化ですが、極限まで自分ができることを追及していった凄味と、空想の中では人間は本当にあるがままに自由であるという2つのテーマを共存させていました。


第4位 シークレット・サンシャイン
「贖罪」って実は人間には不可能なのかもしれないことをまざまざと見せつけられました。
赦したつもりでも、いとも簡単に崩れ去ってしまう弱い心を私たちは持っている。
だからこそ日々の光をどこに見出していくのか。
重たいテーマですが観ていただきたいですね。チョン・ドヨンの「怪演」も凄まじかったです。


第3位 永遠のこどもたち
1位2位はすぐに決まったのですが、ここがなかなか決まりませんでした。
実を言うと3~5位は本当に僅差です。
どうしてこれにしたかと言いますと、鑑賞後の衝撃が大きかったからですね。
理性を狂わせてしまうほどの、子への愛情に、胸が詰まりそうになりました。


第2位 バンク・ジョブ
大人の感覚、大人のルール、大人の振る舞い。
そういったテイストがバランスよかったです。
最後もほろ苦くてどこまでもクールでした。


第1位 ラスト、コーション
やっぱり今年はこれでした。
もう震えるほどの衝撃を受けちゃいまして。

極限に置かれ、複雑な要素が絡み合った時の愛ほど、貫くことが困難になる。
演じることで生きてきたチアチー、彼女が最後に選んだものの切なさと悲しさ、
そして美しさ。
宝石店の、イーと交わす、瞳と瞳との会話のシーンは、
その一瞬のきらめきにふさわしい、名シーンだと思います。
まだまだ語りたいことたくさん出てきそう。。。




ということでした^^

みなさま本年は誠にありがとうございました。
いろんなコメント、TB、楽しかったですし嬉しかったです。
やっぱり、こういう形でみなさまとお話をすることが
自分にとってはとても励みでもあり刺激でもあったり。そして仲良くして下さることに感謝です♪



来年は、早々に天然の中学受験があるのですが、
長男の時と比べると自分もずいぶんかっ飛んでるよね(→ 当時を知っている方はそう思いませんか? 笑)
実はもう今度の3連休に、前哨戦として1月受験が始まるのですが、
おかげさまでそんなにピリピリしないで済んでます。
子どもも違うから比べられないか。 笑
コメント&TBのお返し、遅くなりますが書いていきますのでご了承ください。



ではでは
皆様よいお年をお迎えください。
ありがとうございました。











Last updated  2009.01.02 17:35:39
コメント(54) | コメントを書く
[映画(その他)] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.