1451784 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

Nice One!!

PR

Calendar

Category

Archives

Jun , 2017
May , 2017
Apr , 2017

Comments

みえこ55@ Re:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) お久しぶりです〜^o^ ブログにコメントを…
rose_chocolat@ Re[1]:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) kaoritalyさん コメントありがとうござい…
kaoritaly@ Re:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) ご無沙汰してます。 ベスト10の映画、…
rose_chocolat@ Re[1]:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) みえこ55さん こちらこそレス遅くなりす…
みえこ55@ Re:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) 遅くなりましたが,明けましておめでとう…
Mar 23, 2009
XML

原題: RED CLIFF: PART II/赤壁

監督 : ジョン・ウー

出演 : トニー・レオン 、 金城武 、 チャン・フォンイー 、 チャン・チェン 、 ヴィッキー・チャオ 、 フー・ジュン 、 中村獅童 、 リン・チーリン


試写会場 : 中野サンプラザ


公式サイトはこちら。



<Story>


曹操(チャン・フォンイー)の元へ男装して潜入していた孫権(チャン・チェン)の妹・尚香(ヴィッキー・チャオ)は、疫病で亡くなった兵士たちの死体が船に積まれ、連合軍のいる対岸へ流されていく光景を目撃する。
死体に触れた連合軍の兵士から次々と疫病が感染し、曹操の非情なやり方に周瑜(トニー・レオン)をはじめ、連合軍は憤りを感じ、劉備(ユウ・ヨン)軍は自軍の兵と民のために撤退を決意するが、孔明(金城武)はただひとり戦地に残るのだった。

劉備たちが4万本の矢を持っていったことの責を問われた孔明は、三日で10万本の矢を調達すると周瑜に宣言。
一方、周瑜も水上戦に長けた曹操軍の武将二人を排除すると宣言する。
お互いの首をかけた発言に周囲は冷や冷やするが、当の本人たちは涼しい顔をしているのであった。
連合軍が曹操軍を撃退するための作戦を練っているその時、自分が戦争の発端であることを知った(リン・チーリン)は、一艘の舟に乗って曹操のもとへと向かっていた…。

圧倒的な戦力差の連合軍に、はたして勝ち目はあるのか!?周瑜は小喬を取り戻すことができるのか!?孔明の秘策は通用するのか!?劉備たちは戻ってくるのか!?歴史に残る大戦“赤壁の戦い”がいよいよ決着の時を迎えようとしていた。
[ 2009年4月10日公開 ]


レッドクリフ PartII -未来への最終決戦- - goo 映画
レッドクリフ PartII -未来への最終決戦- - goo 映画





<感想>

Part1はなかなか観る機会がなくて、
皆さんが観終わった大みそかにひっそりと行ってましたが(笑)、
今回は試写で鑑賞。
この試写、サンプラザが多くて、ハコが大きいから人数も半端じゃないんですよね。
私が着いた時には人が建物の外を取り巻いてた。。。
先に並んでいただいてなかったら入れたか怪しかった f^^;




以下ネタばれ気味、読みたい方はマウス反転どぞっ ↓




三国志は詳しくないっていう前提で鑑賞してますんで、
詳しい方にすればいろいろと違うんでしょうけど・・・。

一言で言うと、レッドクリフは1も2も、「三国志の雰囲気を楽しむ」作品なんでしょうね。
つっこもうと思えばきっと際限なく出ますね(笑
あれで何で死なないの?? みたいなのとか。 まあ、ヒーローが死んでしまっては映画は終わるよね。






レッドクリフ2 ヴィッキー・チャオ
(C)2009, Three Kingdoms, Limited. All rights reserved.






前作に引き続き、ヴィッキー・チャオのエピソードもあり、
密かな恋心も束の間、おてんば娘も「人の世のあわれ」をまざまざと感じてしまうんですよね。
ここでもどーしてあなた生きてるの??
 とか、つっこもうと思ったらもう満載なんですが。
でもあれは絶対に男じゃないってわかるって!! バレないのが不思議で不思議で。 「そこは考えないことにして」ってことでしょうかね(笑






レッドクリフ2 フー・ジュン
(C)2009, Three Kingdoms, Limited. All rights reserved.





結局このシリーズでトニー様よりもお気に入りになってしまった、
フー・ジュン。

かっこいいわああ。。。
相変わらず身体スペックが高いので、そこがまたキーポイントになってたりします。
とにかく今作も活躍。 

関羽、張飛もまた随所で見せ場作ってます。

そして
周瑜が曹操軍を倒していくまでの過程もまた楽しめました。
孔明の策略には笑えましたね。

小喬の周瑜への想い。 
茶の湯のたしなみ方を武将として、人間としての器を図る基準にしているところなどもうなずけます。

あとは
甘興の意外な献身。 実はアナタいい奴だったのね。。。涙



「集中すれば、小石で巨人を倒せる」という言葉通りの展開なのはちょっと小気味よいです。
どう考えてもかないっこない敵に、最後まであきらめないで向かってくんですから。
多くの犠牲も出すんですけどね。
ともあれ、大画面で人海戦術、バッタバッタと人が死んでいくのは迫力あっちゃったりしてます。
昔もきっと大勢死んじゃったんだろうな。
お約束みたいに主要キャストが無傷なのはちょっとむむむ。。。 なのですが、
まあこれは「考えない」方が楽しめます。 少なくとも自分は楽しかったかな。





********************************




今日の評価 : ★★★☆




    














Last updated  Mar 26, 2009 07:03:04 PM
コメント(22) | コメントを書く
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.