1768816 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Nice One!!

PR

Calendar

Category

Archives

2019.12
2019.11
2019.10

Comments

びー。@ Re:久しぶりぃ〜(09/01) おかえりなさいませ? なんか違うな。別荘…
みえこ55@ Re:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) お久しぶりです〜^o^ ブログにコメントを…
rose_chocolat@ Re[1]:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) kaoritalyさん コメントありがとうござい…
kaoritaly@ Re:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) ご無沙汰してます。 ベスト10の映画、…
rose_chocolat@ Re[1]:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) みえこ55さん こちらこそレス遅くなりす…
2009.04.29
XML
カテゴリ:洋画(あ行)

原題: EL PASADO/THE PAST

監督 : ヘクトール・バベンコ

出演 : ガエル・ガルシア・ベルナル 、 アナリア・コーセイロ 、 アナ・セレンタノ


鑑賞劇場 : ヒューマントラストシネマ文化村通り


公式サイトはこちら。



<Story>


若き翻訳家リミニ(ガエル・ガルシア・ベルナル)と妻のソフィア(アナリア・コーセイロ)は、高校生からの恋人で結婚12年目。
長い付き合いで互いを知り尽くすふたりに、別れが訪れた。

別居後すぐに若いモデルのベラ(モロ・アンギレリ)と付き合い始めるリミニとは対照的に、彼を忘れられないソフィア。
ベラはソフィアが仕組んだ罠により、帰らぬ人となる。
暫くしてリミニは新たな女性カルメン(アナ・セレンタノ)と結婚し子供をもうけるが、トラウマによる記憶喪失で失業。
追い討ちをかけるようにソフィアの狂気が、リミニを妻と息子から引き離す。

全てを失った彼に手を差し伸べたのは、ソフィアだった。
かつては別の女性との人生を選ぼうとしたリミニ。
彼を愛しすぎたソフィアとの、深い愛の行く末とは…。


失われた肌 - goo 映画
失われた肌 - goo 映画





<感想>

ガエルくんのこれもかなり気になってまして。道を挟んで、レイチェルとどっちにしようかと迷った挙句、こっちにしました。
予告とかポスターとか見る限りではかなり大胆な感じ。そしてその通りでもあったのですが。


結婚12年で離婚を決めた。 だけどその理由に特段触れてないことが、この後の展開の理由を少々わかりにくくすることになったかも。 なのでここであえて推測しますが。
ソフィアがリミニを忘れられなかったということは、離婚を切り出したのは彼の方、ということになる。
高校の時からの付き合い、きっと若さに任せた結婚であったことは容易に想像が付く。 
月日が経つにつれ、相手のどうしようもなく嫌な部分が見えてきてしまって耐えられない、というパターンかな。
ソフィアが終始感情的にブレが大きい状態だったので、きっとリミニはそんな落ち着かない日常にピリオドを打ちたかったように想像する。 だって再会した時に、ソフィアとのキスさえ嫌がったくらいだったし。






失われた肌
(C) 2007 K&S Films S.A. / HB Filmes Ltda.







そんな2人ですが、別れるくらい嫌なのに、じゃどうして? っていうことがこの映画の中にはたくさん出てくる。
リミニはとにかく女性の影が絶えなくて(苦笑)、彼は男性に言わせると「本当にうらやましい」存在なんだそう(笑) まあそうなのかもねえ。。。 次から次へと美女をモノにしていくんだから。
その美女たちと出会うたびに、リミニは、今度こそはきっとうまくやって行けると思っているに違いなんだけど、でも彼女たちとの関係が瓦解していってしまう裏で、ソフィアが必ず一枚噛んでいるのも考えてみると怖い。 ストーキングしている訳ではないのでしょうけど、要所要所で現れて、必ず彼を崩していく。
そして、ここでそうしたら絶対やばい、崩れるよ・・・ って、観客ですら分かる方向にリミニが行ってしまっている。 それはお話なんでしょうけど。
でも実際に私たちの生活の中で、理性ではいけないとわかっているのにどうにも行動が始まってしまっている、そんなこともたくさんたくさん存在するから。



きっと今時の「草食系男子」くんたちにこの映画を見せたらぶっ飛ぶんだろうなあ・・・ と思うくらいリミニの愛し方は濃厚でした。 たぶんレミニたちにも「草食系」なんていう人たちがいるって説明したら、それはありえない、と言われそう。
ですけど人間の本能です。 愛する人を失って、その後にまた素敵な女性がたくさん現れるんだから。 その目の前の人を、その時は無性に愛しているってこと。
そしてソフィアの、愛する人を忘れられない、心も身体も・・・ っていうのもまた本能だけに、その部分をさらけ出して思い切って表現しているのは見事だと思いました。 
ソフィア役のアナリア・コーセイロ、ベラ役のモロ・アンギレリ、カルメン役のアナ・セレンタノ、3人の女性たちは素敵だったし、彼女たちの大胆なシーン目当てに来る人も多いのかもしれないけど、そういう不埒なものを吹き飛ばすくらい十分に重たい作品でもありました。
またガエルくんも堂々としてますしね。
大人の作品です。 お子さまは来ないでね。。。





**********************************




今日の評価 : ★★★☆




   














Last updated  2009.05.05 22:14:17
コメント(10) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.