1629724 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

Nice One!!

PR

Calendar

Category

Archives

Oct , 2018
Sep , 2018
Aug , 2018

Comments

みえこ55@ Re:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) お久しぶりです〜^o^ ブログにコメントを…
rose_chocolat@ Re[1]:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) kaoritalyさん コメントありがとうござい…
kaoritaly@ Re:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) ご無沙汰してます。 ベスト10の映画、…
rose_chocolat@ Re[1]:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) みえこ55さん こちらこそレス遅くなりす…
みえこ55@ Re:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) 遅くなりましたが,明けましておめでとう…
May 20, 2009
XML
カテゴリ:洋画(さ行)

原題: STAR TREK

監督 : J.J.エイブラムス

出演 : クリス・パイン 、 ゾーイ・サルダナ 、 ザッカリー・クイント 、 カール・アーバン 、 エリック・バナ 、 ウィノナ・ライダー 、 サイモン・ペッグ


試写会場 : 東京厚生年金会館


公式サイトはこちら。



<Story>


約200年後の未来。
宇宙探索のために作られたエンタープライズ号に乗り込んだ青年ジェームズ・T・カーク(クリス・パイン)の成長と、
カークの目線と重ね合わせ、宇宙へと進出していく人類の運命と希望を描く。
[ 2009年5月29日公開 ]

TV、映画と、長年愛され続けてきた「スター・トレック」シリーズ。本作は、過去に何度も製作された「スター・トレック」の最新作ではなく、1966年に創作されたオリジナルのTVシリーズをヒントに、「LOST」『クローバー・フィールド/HAKAISHA』のJ.J.エイブラムスが再構築した、リ・イマジネーション作品である。舞台は、地球、広大な宇宙空間、未知の惑星。世界的な宇宙進出時代に相応しい現代科学に裏打ちされた確かなリアリティを始め、J.J.ならではのスピーディーなアクション映像、『クローバーフィールド/HAKAISHA』に続くシミュレーション体験を思い起こさせる臨場感、そして、見たこともない映像が次々と押し寄せるVFX映像などが融合した驚異の超大作に仕上がった。(作品資料より)


スター・トレック - goo 映画
スター・トレック - goo 映画





<感想>

とにかく素晴らしかったの。
基本SF、ホラー、アニメはスルーの私なんで、ほとんど知識はないけど、そんな人でも目が離せなかったこの映画。


まず、カークのお父さんのエピソードでとことん引き込まれてしまう。
何とも、物悲しい。
そして少年のカークがちらっと出てくる。 これがとんでもないやんちゃ坊主で、そしてそのやんちゃがそのまま大きくなって。。。という感じ。
初めはただのやんちゃだけど、士官候補生として搭乗するうちに、自分の直感を信じつつも大胆な方法で困難を乗り越えていく。
対するスポックはバルカン人の父と地球人の母を持つ。 ハーフであるがために、地球人の感情を持つので、バルカン人の無表情とどこで折り合いをつけていいのかわからなくなる瞬間がある。 それでもウフーラとキスするときは思いっきりしているのがおかしい(笑
とにかく彼は優秀なんだけど、型にはまる天才の域を出ていない。 そこがカークとの大きな違いになっている。
こうあるべきだ、という経験や仮説がもとになる作戦もいいんだけど、それでは間に合わないことがある。 そこで物を言うのが直感。 カークはその流れをうまく利用している。 


スター・トレック
(C) 2008 Paramount Pictures. Star Trek and Related Marks and Logos are Trademarks of CBS Studio Inc. All Rights Reserved




そんなにこのシリーズについて詳しくないので多くは語りませんが、型破りのカークが繰り広げていく作戦は観ていて本当に飽きなかったし、「転送」があるので自由自在に戦えるっていう設定も面白い。
普通ならとっくに死んでるのに転送があるから大丈夫っていうのも、ちょっと安心できますし。
スポックが自分の限界と、真のポジションを知っていく過程も興味深い。 そして彼の両親とのエピソードも、こちらに訴えてくるものがある。 ウィノナ・ライダー扮するお母さんはこれまた悲しかった。 そしてお父さんが抱える矛盾も。
SFでお約束の「タイムパラドックスのタブー」を見事にスルーしているのですが、それがいいんだかいけないんだかはわからない。だけどそこでも1つの話が生まれているので、これはこれでいいんじゃないかなと。


むずかしいことはわからないので、SF専門的なことは他のblogで見てほしいんですけど、
とにかく映像も迫力あったし、SFに興味無い私でさえも最後まで飽きませんでした。見ごたえある作品。




**********************************




今日の評価 : ★★★★☆(5点満点中4.5点 ★は1点、☆は0.5点)





   















Last updated  May 24, 2009 09:45:24 AM
コメント(18) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.