1842285 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Nice One!!

PR

Calendar

Category

Archives

2020.05
2020.04
2020.03

Comments

びー。@ Re:久しぶりぃ〜(09/01) おかえりなさいませ? なんか違うな。別荘…
みえこ55@ Re:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) お久しぶりです〜^o^ ブログにコメントを…
rose_chocolat@ Re[1]:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) kaoritalyさん コメントありがとうござい…
kaoritaly@ Re:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) ご無沙汰してます。 ベスト10の映画、…
rose_chocolat@ Re[1]:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) みえこ55さん こちらこそレス遅くなりす…
2009.11.22
XML
カテゴリ:洋画(た行)

原題: A CHRISTMAS CAROL

原作 : チャールズ・ディケンズ

監督 : ロバート・ゼメキス

出演 : ジム・キャリー(スクルージ/過去・現在・未来のクリスマスの霊)、ゲイリー・オールドマン(マーレイ/ボブ・クラチット/ティム少年)、ロビン・ライト・ペン(ベル)、コリン・ファース(フレッド)、ボブ・ホスキンス(フェジウィッグ/ジョー老人)


公式サイトはこちら。

(TOHOシネマズ1か月フリーパス鑑賞 8本目)


<Story>


主人公のスクルージにとって、人生は金が全て。
家族を持たず、人との絆に背を向け、ただ己の金銭欲を満たすためだけに生きる彼は、町一番の嫌われ者。

あるクリスマス・イブの夜、かつてのビジネス・パートナーの亡霊が世にも恐ろしい姿で彼の前に現れ、「お前は3人の亡霊にとり憑かれるだろう」と予言する。
それは、幸福な思い出とは無縁のスクルージにとってさえ、人生最悪のクリスマス・プレゼント…。
翌日から“過去の亡霊”“現在の亡霊”“未来の亡霊”が一夜ずつ現れ、スクルージを彼自身の過去・現在・未来をめぐる時間の旅へと連れ出す。
そこで彼が目撃したのは、貧しく孤独な“過去”のスクルージ、富を手に入れる代わりに温かな心を失った“現在”のスクルージ。
そして、最後に導かれた“未来”で彼が見た、想像を絶する己の姿とは…?

Disney’s クリスマス・キャロル - goo 映画
Disney’s クリスマス・キャロル - goo 映画




<感想>

2D・字幕版にて鑑賞。 これ、「3D・日本語版」か「2D・字幕版」のチョイスしかなくて、願わくば「3D・字幕版」で観たいと思うのですが、それはかなわないようですね(笑
ですが、昨年の『ティンカー・ベル』の著しい字幕版の少なさに比べれば、これは大きな進歩かもしれません。 
3Dは『くもりときどきミートボール』で体験済みですが、メガネが重たいので結構疲れました。 なので、2Dでもいいかなと思ったのと、やはりこういう感じのは字幕で鑑賞したい派ですのでね。


ディケンズの「クリスマス・キャロル」はたぶん読んだことある。
お金に魅せられてしまって人の心がわからない人。 
その人がいなくなったとき、その人の本当の価値がわかるんだと思います。
どれだけの人がその人の死を惜しむのか、どんな死に方をするのか、それがその人の人生を物語っているようです。
過去は変えられませんが、現在を変えることによって、未来が変わっていくという、ごくごく当たり前のことをやっていくと、その人が変わってくるように思います。
自分の将来が見えるというのはある意味いいことで、それがわかると真剣に自省していくんじゃないでしょうか。 こんな自分にはなりたくない! と思ったら、がんばれますよね。
スクルージはそういう意味でとても素直なのでしょうね。
素直な人は、救われていくようにも思います。 頑固に凝り固まってしまうと一切の意見が聞けなくなってしまう。 不幸だと思います。


ジム・キャリーの顔の表情が、こんな感じに生きていると、面白いですね。 過去・現在・未来の霊も彼が演じているということで、気がつかなかった(笑) 実に多彩です。
私が好きなコリン・ファース様もちゃんとよくわかる役で、イギリス紳士らしくてやっぱり好き(笑
クリスマスにふさわしい、心温まる作品でした。




*******************************




今日の評価 : ★★★☆



 













Last updated  2009.11.25 21:07:00
コメント(6) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.