1726030 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Nice One!!

PR

Calendar

Category

Archives

2019.08
2019.07
2019.06

Comments

みえこ55@ Re:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) お久しぶりです〜^o^ ブログにコメントを…
rose_chocolat@ Re[1]:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) kaoritalyさん コメントありがとうござい…
kaoritaly@ Re:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) ご無沙汰してます。 ベスト10の映画、…
rose_chocolat@ Re[1]:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) みえこ55さん こちらこそレス遅くなりす…
みえこ55@ Re:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) 遅くなりましたが,明けましておめでとう…
2010.01.27
XML
カテゴリ:洋画(や行)

原題: YUKI & NINA

監督・脚本 : 諏訪敦彦

監督・脚本・出演 : イポリット・ジラルド

出演 : ノエ・サンピ 、 アリエル・ムーテル 、 マリリン・カント 、 ツユ

観賞劇場 : 恵比寿ガーデンシネマ

公式サイトはこちら。


<Story>


ユキ(ノエ・サンピ)とニナ(アリエル・ムーテル)はパリに住む9歳の女の子。
ユキはフランス人のパパ(イポリット・ジラルド)と日本人のママ(ツユ)と暮らしている。

夏休み初日、ユキはママから「パパと別れて日本に帰ろう」と告げられる。
ショックを受けたユキは、親友のニナとそのママ(マリリン・カント)に相談。
ニナの両親も離婚していたからだ。

仲直りしてもらいたいユキは「愛の妖精からの手紙」を書くが、ママはそれを見て悲しむだけ。
やがてユキとニナは、両親を仲直りさせる作戦の一つとして家出を提案するが…。

ユキとニナ - goo 映画
ユキとニナ - goo 映画





<感想>

諏訪監督作品は2本観ています。
『PARIS, JE T'AIME』と、『不完全なふたり』。 前者はオムニバス(5分くらい)で、後者はフランスのカップルの日常を描いたものです。
今回の『ユキとニナ』は、どちらかというと作風的にはファンタジーですので、前者に近い。
実際、予告とかスチール写真が可愛らしいんですよね。
2人の美少女が遊んでいるなんて、絶対に絵になりますもん。


その可愛らしさに惹かれて観に行くと、
あれ? ちょっと違うぞ・・・ な展開です。
ママはもう、パパとはやっていけないから・・・。  冒頭からシュールな場面の連続。
9歳の子でも、きちんと大人の理由を説明して、納得してもらいたいという、フランス的な大人な目線の接し方です。
そしてその大人の問いかけに対して、はっきりとユキが拒絶しているところもまた、子どもが自立している文化なんだなと思う。


「日本には、行きたくない」
そう答えるものの、ユキの心は揺れている。
単にそれは子どもだからということも大いにある。
深刻な話をした後で、ケロっとして遊ぶという事は、子どもには日常。 しかし、心配事はちゃんと心にこびりついたままなのだけど。
現実を現実として対処できる力がないのが子どもである以上、浮世離れした考えが出てきてしまうのは当然のこと。
しかしながら、根底にはちゃんと意志を持っていることが伝わってくる。


それにしても・・・
そうなんだ! そういう展開なの!? と、
大いに驚いてしまう。
ここはネタばれになるので劇場で観ていただきたいのだけど、フランスと日本の2つの文化に対峙している、諏訪監督自身のアイデンティティも大いに関係しているのだろう。
少し意外に思ったのは、ここからちょっとずつ着地点がずれてきてしまっているように思えたこと。
「ユキとニナ」なんだけど、後半はニナがほぼ登場しなくなってしまう。 ニナとの関係が中心? と思いきや、そうではなくなっていってしまう。
結局は、子どもは状況には抗えないということなのかもしれないし、それが逆に自分の原点を追いかけていく旅になったとも言えよう。
後半の登場人物に若干ぎこちなさとか、浮世離れした部分があったり、エンドロールの曲が状況とはまるで違う場所に関するものであったり、ユキがドライになってしまっている部分があったり(まだ子どもだから、すぐに忘れるのかな?)、諸々の条件が、この映画の軸をぶれさせてしまっているのは非常に残念でした。 
自分としてはこういうテーマって好きなんですけどね。。。




**********************************




今日の評価 : ★★★



  












Last updated  2010.01.29 16:51:34
コメント(6) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


これは…   KLY さん
邦題のつけ方がまずいですね。海外版のフライヤーみると、「Yuki et Nina」ですけど、文字の大きさが全然違いますもん。ニナの文字のサイズはユキの半分以下ですし。だから最初から二ナの存在はあの程度だったってことなんだなと。これって、普通観る場合に観客には解らないことだから重要なことなんだけどなぁ。
愛の妖精のくだりが可愛らしくて切なくて。2人ともあと10年もしたら美人女優になってるかもですね。 (2010.01.29 20:43:11)

KLYさん    rose_chocolat さん
こんばんは~

ニナの扱いが予想以上に少なかったのがちょっと残念かなあ。
後半、あれあれ・・・? って、違う方に行っちゃったんで、その関係もありますね。
勝手に、2人の話!? みたいに思ってたからいけないのか? でも、このタイトルではそう思っても仕方ないですよね。
その割にKLYさんが評価高いのは、
>2人ともあと10年もしたら美人女優になってるかも
だから? 爆
(2010.01.29 21:47:54)

Re:『ユキとニナ』 (2009) / フランス・日本(01/27)   nepi_nepi さん
こんばんは。

この日記とは関係ないのですが、「おとうと」の日記を拝見いたしました。
私にはぼんやりとしかわかりませんでしたが、rose_chocolatさん の言われる通りでした。
まさに時代が混沌としていて観たあとに違和感を覚えました。
rose_chocolatさん、ずばりと言い当ててくださりありがとう☆
(2010.02.01 23:10:29)

nepi_nepiさん    rose_chocolat さん
こんばんは~

そうですか。 『おとうと』ご覧になったんですね。
そうなんです、時代の設定がねえ・・・。
無理あったかなあーと。
なかなかこういうことって書きにくいんですが、そういうのって感じちゃうことありますよね。
(2010.02.04 02:01:42)

子供と親。   BC。 さん
rose_chocolatさん、こんばんは。

>9歳の子でも、きちんと大人の理由を説明して、納得してもらいたいという、フランス的な大人な目線の接し方です。

 子供を子供扱いしない親。
 親に遠慮せずに自己主張する子供。
フランスでは子供と親という区別で線引きするのではなくて、
同じ人間同士として接しているのでしょうね。 (2010.02.07 00:23:50)

BC。さん    rose_chocolat さん
こんにちは~

幼少期から人格を尊重する教育が、日本でもできるといいと思うんですが、感覚的になじまないのか、なかなかできないことのようです。
そういう意味では、フランス人親子の距離の取り方はいいことだと思います。
(2010.02.07 13:54:28)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.