1892332 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Nice One!!

PR

Calendar

Category

Archives

2020.10
2020.09
2020.08

Comments

びー。@ Re:久しぶりぃ〜(09/01) おかえりなさいませ? なんか違うな。別荘…
みえこ55@ Re:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) お久しぶりです〜^o^ ブログにコメントを…
rose_chocolat@ Re[1]:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) kaoritalyさん コメントありがとうござい…
kaoritaly@ Re:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) ご無沙汰してます。 ベスト10の映画、…
rose_chocolat@ Re[1]:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) みえこ55さん こちらこそレス遅くなりす…
2010.05.26
XML
カテゴリ:洋画(ら行)

原題: WHIP IT

監督・製作・出演 : ドリュー・バリモア

原作・脚本 : ショウナ・クロス

脚本 : バリー・メンデル

出演 : エレン・ペイジ 、 マーシャ・ゲイ・ハーデン 、 ジュリエット・ルイス 、 クリステン・ウィグ


鑑賞劇場 : TOHOシネマズシャンテ

公式サイトはこちら。


<Story>


女子高生のブリス(エレン・ペイジ)は、美人コンテストで優勝する事だけがすべてと信じて疑わない母親(マーシャ・ゲイ・ハーデン)に言われるがまま、コンテスト漬けの日々を過ごしていた。
ある日、友人と出かけた隣街で、ブリスはローラーゲームと出会う。
女性たちがワイルドにぶつかり合うこのゲームに心奪われたブリスは、ルールすら知らないままチーム「ハール・スカウツ」の新人発掘トライアルに参加することに。
すると、天性のスピードを買われ入団を認められる。

ローラーガールズ・ダイアリー - goo 映画
ローラーガールズ・ダイアリー - goo 映画





<感想>

ガール系映画大好きなので楽しみにしてました。
この日は『アイアンマン2』ジャパン・プレミアに参加させていただくので、チケット交換がお仕事だったのですが、それが終わってからかなり時間があったので合間に2本鑑賞。
プレミアと合わせて計3本。 その1本目です。



『JUNO/ジュノ』のエレン・ペイジということで、今一つこの前作にハマり切れなかった私としては少々不安なものがありました。
しかも監督がドリュー・バリモアということで、彼女の作品も鑑賞は初めてだし。
一体どんな感じ? と。


まず、ローラーゲームっていうのがあるんだ! っていうところからもう、
面白そうーって思っちゃいました。
あんな、バンクみたいなリンクで、まんま格闘技みたく、スピードスケートみたく、
そして女子プロレスみたく(笑)、いろんな要素がかけ合わさっている競技なんて日本にはないよね。
日本じゃああいうのはまだ流行は先って感じするけど。。
楽しんで走ってる彼女たちの顔がいいんですよね。
そんなローラーゲームを見てしまったブリス。 一目でやってみたいと思っちゃうのも
無理ないですよね。 走っているチームの姿はキラキラしてるもん。
自分が、ママにコンテスト出場を押し付けられて、
これは何かが違うってブリス自身も感じてて。 そこにやってきた、心揺さぶられるローラーゲーム。 そりゃ夢中になってしまいます。
いつまでも親の押し付けばかり訊いている訳じゃないですし。 自分自身で燃えられるものだって当然あっていい。



ブリスが加入する"The Hurl Scouts"、見た感じ年齢層ばらつきあるなと思ったらやっぱりそうで(ドリューとエレンがそもそも年齢差ありなんですが)、個人的にもいろんな境遇のコがいっぱい。 それは敵チーム、"The Holy Rollers"も同じこと。
みんな明日が見えない中でもローラーゲームが好き、続けていきたいという想いが溢れてた。
自分の居場所を探して。
その中で勝ち残るためには手段は選ばない。 そしてそれは、常勝が至上命令という訳でもなく、「負け組」であったっていい訳で。 「いつもヒールに負かされている」役割としての居場所でもよかった。
そんな環境に安住して、勝つことに無頓着でコーチの言うことも全然訊かなかった年齢層もまちまちなチームが、
ブリスの加入で刺激を受けていく様子はなかなか面白かった。
小柄で俊足、ヘタだけどやたら勘だけはいいブリスは瞬く間に上達していく。 その勢いを十分楽しめる。


そして、チームの成長とともにメンバーたちの中にも心境の変化が訪れる。
親を頑なに拒否していたブリスが、マギーにほだされるシーンなんかはやっぱりいいなあ。 そして自分の世界観が唯一だと思っていたブリスの母のブルックと、「大人の会話」がきちんとできるようになって自立した関係が築けるようになっていく。
子どもが自立していく光景ってやっぱり素敵なものです。
こうなると、ちょっとこの映画で邪魔になってくるのはブリスの恋愛なのかなあ。 確かにあって当然な要素ではあるし、話を進める役割はしているんですが、やっぱりこれが中途半端になった感じは否めないかも。


ドリュー自身がとってもこの映画を楽しんで作っているのが、
観ているこちらも楽しめるんですよね。
チームメイトの一員、スマッシュリーとして出演している彼女もとってもキラキラしてるし、表情も面白い。
欲を言えばもっとチームメイトのキャラがくっきりしてもよかったかも。 ホリーとかローザとかももっとどんなコなのか知りたかったし。 ホリー・ローラーズもメイビンだけじゃなくてもう何人かクローズアップしても面白かったかな。
と、後から考えるといろいろありますが、とにかく単純に見ていて可愛らしいし楽しい。 ローラーゲームの臨場感も味わえますし。 何よりも元気になります。




**********************************



今日の評価 : ★★★★☆ 4.5/5点




  












Last updated  2010.05.30 09:30:44
コメント(12) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.