1735072 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Nice One!!

PR

Calendar

Category

Archives

2019.09
2019.08
2019.07

Comments

びー。@ Re:久しぶりぃ〜(09/01) おかえりなさいませ? なんか違うな。別荘…
みえこ55@ Re:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) お久しぶりです〜^o^ ブログにコメントを…
rose_chocolat@ Re[1]:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) kaoritalyさん コメントありがとうござい…
kaoritaly@ Re:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) ご無沙汰してます。 ベスト10の映画、…
rose_chocolat@ Re[1]:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) みえこ55さん こちらこそレス遅くなりす…
2010.09.15
XML

監督 : 三池崇史

出演 : 役所広司 、 山田孝之 、 伊勢谷友介 、 沢村一樹 、 古田新太 、 高岡蒼甫 、 六角精児 、 波岡一喜 、 近藤公園 、 石垣佑磨 、 窪田正孝 、 伊原剛志 、 松方弘樹 、 松本幸四郎 、 稲垣吾郎 、 市村正親

試写会場 : よみうりホール

公式サイトはこちら。



<Story>


島田新左衛門(役所広司)の下に集められた13人の刺客は天下万民のため、将軍の弟・松平斉韶(稲垣吾郎)に一世一代の戦いを挑む。
生来の残虐な性質で罪なき民衆に不条理な殺戮を繰り返し、幕府の権力を我が物にしようとする史上最凶の暴君・斉韶。
その軍、総勢300人超。

斉韶の名参謀にして新左衛門のかつての同門・鬼頭半兵衛(市村正親)との知力を尽くした戦いを制し、斉韶暗殺は果たせるのか。
参勤交代の帰国の道中、要塞へと改造された落合宿で、想像を絶する壮絶な戦いの火蓋が切って落とされる。

[ 2010年9月25日公開 ]

十三人の刺客 - goo 映画
十三人の刺客 - goo 映画





<感想>

なかなか応募しても当たらないこの試写会だったんですが(笑)、
ご厚意で譲っていただきました。 ありがとうございます。


本作、とにかく最初から最後まで血がいっぱいです。
それを覚悟して下さいね f^^;
(私も血は苦手なんですが。。。)





(楽天でもYouYubeが貼れるようになったんですね。 早速やってみます^^)




片岡千恵蔵さん主演のオリジナルが1963年に作られています。
動画を要所要所見てみました。
オリジナルは白黒ですが、ずいぶん画面が綺麗なのに驚きます。
最後の方なんてみんな戦ってヘロヘロなはずなのに、オリジナルは小綺麗だったりします(笑)
当時は今みたいに映像技術が発達してなかったし、モノクロだったから、
血や汚れは単に真っ黒に映ってしまうだけですし。。。
戦って血が流れるという臨場感が本作の場合は見せどころであり、
ここらへんは三池作品に軍配が上がるでしょうね。
絵としてはオリジナルをほぼ踏襲しているようですが、 13人の描き方はこちらの方が絶対にリアル感あります。


設定はいちいち残忍で、
明石藩主松平斉韶の命を何故狙いたくなるのかが丁寧に描かれています。 斉韶はどえらい残虐暴君に仕立て上げられています。
本当なら老中になる前に処罰されてもおかしくない行動だと思うけど。。
「将軍の腹違いの弟」というだけで周りはちやほやしてくれる。 しかし自分が心底から必要とされることはない。
斉韶はたぶん、生きている実感も何もなかったんでしょう。
その境遇が彼をさらに高慢に、残酷に仕立て上げていく。
「戦のない世がつまらん」ことを嘆いていたボンボンの暴君の役はよかったと思います。
この役を稲垣吾郎がよく受けたなあと思いました。
彼の澄ました感じをうまく生かしています。


そして斉韶を狙う側の心境も十分伝わってくる。
(実際は幕府の老中が斉韶暗殺を命じることはまずないとわかってはいてもですが)
命じはしないにしても、命じたくなるようなことが山ほどあるに違いありません。
それは江戸幕府のことのみならず、今の社会だってそう。
人を人と思わず私益に走り、あぐらをかく人間はいつの世でも存在します。
「天下万民のため」という立派な名目はあるものの、
新左衛門はじめ、この計画に賛同した者は、自分が役に立てていない、
自分の活躍の場所はどこか。 ほぼそう思っている。
もしも本気で自分が必要とされるのならば、喜んで役に立てたい。 
命を捧げてもいいと思える人がいるならば、また捧げるに値することならば、捧げても一向に構わない。
その気持ちが彼らを動かした。
松平の血筋のものを狙うということは幕府に弓を引くことと同罪というのは当時の常識なだけに、
談合の場面で、「こういうところから謀反が発覚するんだな」と思いながら見ていました。 誰かリークする奴がいるんですね。
だからどれだけ「命を預けられるか」が、クーデター成功のカギだったんでしょう。


逆に斉韶を守る側からはどうだろうか。
主君の命は絶対である。
ではしかし、命令を実行するだけの内容なのか?
自分がしようとしていることは人のためになることなのか?
そう自問自答したところで、所詮は武士、主君に忠節を尽くすことが全てと教わっている以上は、そこに無理やりにでも意味を見出して、従うしか生きる道はない。
そう運命づけられてしまう虚しさがありました。
「武士はいろいろ面倒」という言葉の意味がわかる。



今回はベテランから若手まで揃えた三池チームでした。
ベテラン勢、よかった。
平幹二朗、松本幸四郎、松方弘樹、役所広司、市村正親、みんな仕事をきっちりとしてました。 彼らもまた、命を預けたんでしょうね。
そしてクローズZEROから山田くん高岡くんを引っ張り、若手からも伊勢谷くん波岡くん、そして窪田正孝くん(彼すごいよかった!)、その他大勢取り混ぜてやってました。
みんな力入れて作ったんだろうなあ・・・ という手ごたえを十分に感じます。
13人の刺客、1人1人たっぷりと見せ場も作っていますし。
ラストの方で少々いらないかなあ・・・ という映像もありますが、
それはあまり気にならないです。
とにかく圧倒されてしまいました。 圧巻です。




***********************************



今日の評価 : ★★★★★ 5/5点



   











Last updated  2010.09.20 12:37:53
コメント(18) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.