1734520 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Nice One!!

PR

Calendar

Category

Archives

2019.09
2019.08
2019.07

Comments

びー。@ Re:久しぶりぃ〜(09/01) おかえりなさいませ? なんか違うな。別荘…
みえこ55@ Re:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) お久しぶりです〜^o^ ブログにコメントを…
rose_chocolat@ Re[1]:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) kaoritalyさん コメントありがとうござい…
kaoritaly@ Re:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) ご無沙汰してます。 ベスト10の映画、…
rose_chocolat@ Re[1]:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) みえこ55さん こちらこそレス遅くなりす…
2010.09.29
XML
カテゴリ:洋画(ま行)

原題: AFTERWARDS/ET APRES

監督・脚本 : ジル・ブルドス

出演 : ロマン・デュリス 、 ジョン・マルコヴィッチ 、 エヴァンジェリン・リリー


公式サイトはこちら。


<Story>


法律事務所に勤めるネイサン(ロマン・デュリス)の元に、ある日、ジョゼフ・ケイ(ジョン・マルコヴィッチ)と名乗る医師が現れる。
幼い息子を突然亡くし、妻(エヴァンジェリン・リリー)や娘と別れてひとり仕事に没頭していたネイサンに、ケイは見知らぬ青年の死を予告する。
半信半疑だったネイサンだが、不思議な出来事が続き、死を予見するケイの能力を信じるようになる。
ケイは死期の迫った人に、その運命と向き合う時間を与えるメッセンジャーの役目を果たしていたのだ。
そしてケイがネイサンの前に現れた理由が解き明かされていく。

メッセージ そして、愛が残る - goo 映画
メッセージ そして、愛が残る - goo 映画




<感想>

ロマン・デュリスくんご出演につき行って来ました。
彼の作品は割と見てます。
今年なら『モリエール 恋こそ喜劇』ですね。 これはなかなか面白かった。
本作はあごひげ生やしててちょっとイチロー風のキャラ。 日本人受けしそうな感じです。
ジョン・マルコヴィッチは割と難しいキャラクターというイメージがあるんですけど、
今回は真っ当に「いい人」。
ただイメージ的に、「何かあるんじゃないか」的なことを思わせるのには成功しています。









その人がどうなるのか、もしも見通せる能力があったら、どうするのかということです。
誰もが避けて通ることはできない死ならば、やすらかに旅立たせてあげるためのお手伝いがしたい。 そしてそれができる特殊な能力。
その資質を受け継ぐものを探し出すことも、メッセンジャーの大事な役目なのでしょう。


死というものは、突然訪れることもあり、
また、死期を見つめながら生きなければならないのかもしれない。
健康だったり順調だったりした時には、誰もが、自分がまさか死ぬとは思ってない。
だけど死は常に自分の身近にあるのではないかと意識しながら生活してみては
どうだろうか。
そうすると、一瞬一瞬の生は、何と輝いて見えることだろう。
生きてていいことあったのだろうかと思う時間ですら、愛おしくなってくるようだ。


もしも自分がメッセンジャーの役割ができたとしたら、逆に苦しいかもしれない。
人のことがわかってしまう分、その人のことが放っておけなくなり、
また自分も大事な人を亡くすから。
亡くして初めて役割が完結するのだとしたら、そこを通じて得るものも
言いようがないくらい大きいものだけど、それに耐えられるかどうか。
現実にはありえないこと、拒否したいことを、徐々に受け入れていくネイサンと、
それを根気よく、達観した立場から見つめるケイとの立ち位置が、
穏やかに描かれていました。


この邦題は本当にベタなのですが、結局、最後には愛が残るのか・・・とも
思えなくもないので、そういう意味では合っています。 しかしもう少しどうにかしてもよかったかも(苦笑)


『言えない秘密』や、『空気人形』では撮影を、そして今年公開の『トロッコ』では撮影監督だったリー・ピンビンが今回も撮影監督ですので映像も美しい。
ニューメキシコの砂漠での、月下美人のシーンは幻想的です。
待機作『ノルウェイの森』も本当に楽しみです。




*********************************



今日の評価 : ★★★★ 4/5点



 












Last updated  2010.10.02 08:00:31
コメント(4) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


大切な事。   BC。 さん
rose_chocolatさん、こんばんは。

>死というものは、突然訪れることもあり、
また、死期を見つめながら生きなければならないのかもしれない。

死期の迎え方は人それぞれ違うけど、
永久に生きられる人はいないし、誰もがいずれは死を迎える。
だったら、死期を迎える時に後悔がないように
日々を楽しく過ごそうというのは当たり前の事だろうけど、
日々に楽しみを見い出していくのは簡単なようで難しい気もする・・・。
だけど、そういう当たり前な大切な事に改めて気づかせてくれた作品でした。 (2010.10.03 01:33:01)

音楽はどうでした?   かえる さん
水曜日、私は1。2時台の回で見ましたよ。
一緒だったかしら??

邦題は陳腐だけど美しく染みる映画でしたねー。
ロマン・デュリス、実は大好きなんですけど、近頃はすっかり大人になりー。
『ガッジョ・ディーロ』、『愛より強い旅』、『真夜中のピアニスト』なんかのロマンくんがお気に入りで。 (2010.10.03 01:35:29)

BC。さん   rose_chocolat さん
こんばんは~

極端なことを言えば、
明日1日、否、今日1日だってちゃんと生きているかは
わかりません。
何の変哲もない日を喜ぶのは難しいですよね。
後になってその日が自分の最後の日になってしまったと分かった時はもう遅い。
日々、自分の今が好きと言えるようにして行きたいものです。
(2010.10.03 03:49:41)

かえるさん   rose_chocolat さん
こんばんは~

この日は、1つ前の『終着駅』と一緒に、
ららぽ横浜で鑑賞ー。 シャンテじゃないのよん。
2つ出てたんで一気に観ちゃった。

最後もくどくどしてなくて、そこがよかったですね。
邦題はすごいけど(笑)
ロマンくん、最近のしか観てないから、
借りて来ようかな。
(2010.10.03 03:52:14)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.