1902954 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Nice One!!

PR

Calendar

Category

Archives

2020.12
2020.11
2020.10

Comments

びー。@ Re:久しぶりぃ〜(09/01) おかえりなさいませ? なんか違うな。別荘…
みえこ55@ Re:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) お久しぶりです〜^o^ ブログにコメントを…
rose_chocolat@ Re[1]:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) kaoritalyさん コメントありがとうござい…
kaoritaly@ Re:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) ご無沙汰してます。 ベスト10の映画、…
rose_chocolat@ Re[1]:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) みえこ55さん こちらこそレス遅くなりす…
2010.12.14
XML
カテゴリ:洋画(ら行)

原題: ROBIN HOOD

監督 : リドリー・スコット

出演 : ラッセル・クロウ 、 ケイト・ブランシェット

(TOHOシネマズ1か月フリーパス鑑賞 9本目)

公式サイトはこちら。


<Story>


時代は12世紀末。十字軍の兵士としてフランスで戦っていたロビンは、イングランドの騎士ロバート・ロクスレーの暗殺現場に遭遇。
ロバートの遺言を聞き入れ、彼の父でノッティンガムの領主であるサー・ウォルターに剣を届ける役目を引き受ける。

かくして訪れたノッティンガムの地で、ロバートの身代わりになってくれと頼まれるロビン。
彼の素朴な人柄は領民たちの人気を集め、ロバートの未亡人マリアンとも次第に心が通いあっていくのだが……。
その行く手には、イングランド侵略をもくろむフランス軍との壮絶な戦いが待ち受けていた!




<感想>

リドリー・スコット&ラッセル・クロウのコンビ。
この監督はお気に入りの俳優さんは連続して使うタイプなんでしょうかね。
ラッセルと、マーク・ストロングも出てますから。









ケイト・ブランシェット+イギリス史と言えば真っ先に思いつくのが
『エリザベス:ゴールデン・エイジ』なんですけど、本作、これよりも断然面白い。
昔の戦いものの映画、やっぱり男性が主人公の方が迫力があるかもしれません。


戦争ものの映画ですので、容赦なく人は死んでいきますが、
基本的にファンタジーだなと思わせる要素もそこここにあり。
まず、落命した獅子心王リチャード1世に代わって王位に就くジョンがもう、とても一国の王とは思えないくらいのダメっぷり(笑)
帝王学も何もあったもんじゃない、こんなワガママ王はホント迷惑以外の何物でもないんだけど。
王と言えばフランスの王もヘタレに描かれてました。。。


そしてラッセル、がっしり目ではあるけどちゃんと痩せてて(笑)、
ロビン・フッドにふさわしい感じでした。
彼に従者?としてくっついていく3人も何だか微笑ましく。
この従者の中に、ケンカした人がいて、その人が何だかんだ文句つけてくるのかと
思いきや、イイ人みたいになってたのは何か好きです。
あんまり内部の策略ばっかりでも飽きますしね。


ケイトの役柄も当時のイングランドの諸事情を反映していて、
年貢や十字軍遠征に苦しめられる当時の地方の本音を出せていたと思います。
諸国の領主たちの不満などもあったでしょうし。
そして強くて優しいロビンに惹かれていく・・・ っていうのは王道すぎるんですけど、
そこもまたファンタジーになってる。


『ワールド・オブ・ライズ』ですっかり気に入った「ハニ」(→ ついついこう呼んでしまうw)、マーク・ストロングの役もまたまた悪役(彼は悪役多いんだよね)で、
しかもこれも何となく見え見えって感じもするんだけど、
そして彼の最期もまたファンタジーだったりするんですよね。


実際は血で血を洗う状況だったに違いなく、
疲れ切ってしまった十字軍遠征、そしてヨーロッパの覇権争いの中で、
こんな風なラストもあってもいいんじゃないか。
そう思わせるエンディングでした。
勇敢で、日の目を見ずにその一生を終わった父親譲りの聡明さを持ち合わせる
ロビン・フッド。 
彼は人々の理想のリーダーとして生み出されたキャラクターなのでしょうね。




今日の評価 : ★★★☆ 3.5/5点




 















Last updated  2010.12.19 06:31:02
コメント(10) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:『ロビン・フッド』 (2010) / アメリカ・イギリス(12/14)   craftwork5659 さん
これは見送りの作品だと思っています。
DVDで充分かも。。。
来週中にブルーレイディスクレコーダー購入予定です。
(2010.12.19 00:06:36)

こんちゃ~   KLY さん
すっかり悪役商会所属になったマークですな。
個人的には大好きなアンディ・ガルシアに似てるかなって思っていて、よもやココまで悪役家業になるとは思わなかったですよ。『キック・アス』でも敵の悪役だし。^^;
ラッセルは芝居が上手いから、メタボのおっちゃんも味があっていいんだけど、この人はやっぱり『グラディエーター』で出てきただけあってこういう役が似合ってると思います。
西洋史もの、コス、アクションと個人的にツボだらけで大好きな作品でした。 (2010.12.19 00:46:34)

迫力の戦い   ノルウェーまだ~む さん
roseさん、こんばんわ☆
かなり迫力のある戦いが見事でしたね。
お話としてはあくまでファンタジーってかんじで、王道だわ~と思っちゃいました。
イギリスが舞台だと、どこで撮影かな?なんて思いながら観ちゃうけど、森ばっかりだったわ・・・(汗)
イギリスは今、真っ白なホワイトクリスマスを迎えようとしています。
(2010.12.19 03:22:42)

Re:『ロビン・フッド』 (2010) / アメリカ・イギリス(12/14)   オリーブリー さん
こんばんは~いつもTBをありがとうございます。
楽天さんには飛ばなくて、失礼ばかりですみません。

ラッセル、身体しぼってましたね(笑)
史実と架空を上手く絡ませて、程好い案配の娯楽作品でした。
楽しかったです。 (2010.12.19 19:12:34)

craftwork5659さん    rose_chocolat さん
こんにちは~

戦闘シーンなんかは、大きなスクリーンでもいいかなとは思いました。
迫力あったよ~。
(2010.12.23 10:44:19)

KLYさん   rose_chocolat さん
こんにちは~

何気にみんなハマり役でしたね。
リドリー・スコット作品、自分には合ってる。
歴史物でもスタンスがハッキリしてるから好きなんです。
(2010.12.23 11:10:00)

ノルウェーまだ~むさん   rose_chocolat さん
こんにちは~

そうそう~。 ファンタジーでしたね。
そちらは真っ白! クリスマスなんでますます雰囲気ありますね。
(2010.12.23 11:14:58)

オリーブリーさん    rose_chocolat さん
こんにちは~

TBの件、お気遣いありがとうございます。
またお邪魔させていただきますね。

ラッセルも、増量してだいぶ経ちますからねえ。
そろそろ戻さないと役がない。
今回はよかったですよね。

>程好い案配の娯楽作品

このバランスって難しいだけに、今回はなかなか
いい作品だったと思いました。
(2010.12.23 11:16:56)

ハニハニ~(マンマ・ミーアより)   SGA屋伍一 さん
ああ、マーク・ストロングって『ワールド・オブ・ライズ』のあの人でもあったんですね。あの時はあんなにかっこよかったのに、その後順調に転落してますね。役柄的に(笑)

相変わらずリドリー・スコットらしい男くさ~い仕上がりでしたが、roseさんはこういう史劇は好きな方ですか? (2011.01.07 08:29:04)

SGA屋伍一さん    rose_chocolat さん
こんばんは~

そうそう~、ハニよ。
あの役良かったよね。

こういう映画、好きですが、
戦いモノなので、人がいっぱい死ぬのは何だかねえとも思う(笑)
(2011.01.08 01:48:19)


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.