1715324 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Nice One!!

PR

Calendar

Category

Archives

Jul , 2019
Jun , 2019
May , 2019

Comments

みえこ55@ Re:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) お久しぶりです〜^o^ ブログにコメントを…
rose_chocolat@ Re[1]:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) kaoritalyさん コメントありがとうござい…
kaoritaly@ Re:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) ご無沙汰してます。 ベスト10の映画、…
rose_chocolat@ Re[1]:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) みえこ55さん こちらこそレス遅くなりす…
みえこ55@ Re:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) 遅くなりましたが,明けましておめでとう…
Dec 26, 2010
XML






(TOHOシネマズ1か月フリーパス鑑賞 18本目)

公式サイトはこちら。

1回目鑑賞の感想はこちら。





既に見ていますけど、もう1回掘り下げて鑑賞したいと
思っていました。 パスポートですので無料だし。
時間が合ったので鑑賞。


そんなに1回目の印象と大きく異なるところは
なかったですが、やっぱり菊池さんの直子は少々厳しいかなあ・・・。
高原で風が吹くシーンは特にそう思ってしまった。


前回は、「レイコの過去を知らせるのかどうか」ということを
考えてしまったんですが、
今回はあらかじめ知っていたので違和感はなかったです。
映画としての「尺」の問題もありますし、また、
直子とワタナベの心理を最優先するのであれば、
この作品に全く触れたことがない観客への説明を優先するよりは、
感性で感じ取ってもらいたい。 だから敢えて省いたのかもしれないとも
思いました。
ですが反面、ハツミのことを大変上手くナレーションにしただけに、
その手法でレイコさんもやっていただきたかったかも・・・ とも思ったり。


そしてまたしても、ユン監督の「水」の描写が
素晴らしいと感じました。
この質感ってそうそう出せないから。
じっくりと人物の描写をするために、風景や室内を大事にしているという印象です。


自分自身は、原作と映画化されたものは別物、という考えなのですが、
それでも、全く原作のテイストがなくなってしまうのは違うと思っているだけに、
今回、こうしてユン監督が独自の解釈を展開させつつも、
原作の空気感を保とうと、細部に至るまで心遣いをしているところが、
とてもこの映画に共感できる部分であると、改めて認識しました。






  

  













Last updated  Dec 29, 2010 09:26:49 PM
コメント(2) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.