1900478 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Nice One!!

PR

Calendar

Category

Archives

2020.11
2020.10
2020.09

Comments

びー。@ Re:久しぶりぃ〜(09/01) おかえりなさいませ? なんか違うな。別荘…
みえこ55@ Re:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) お久しぶりです〜^o^ ブログにコメントを…
rose_chocolat@ Re[1]:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) kaoritalyさん コメントありがとうござい…
kaoritaly@ Re:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) ご無沙汰してます。 ベスト10の映画、…
rose_chocolat@ Re[1]:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) みえこ55さん こちらこそレス遅くなりす…
2011.01.02
XML






鑑賞劇場 : ユーロスペース

『海炭市叙景』 公式サイトはこちら。




いくつもの文学賞候補(芥川賞5回、三島賞)に推されながらも遂に受賞はならず、
1990年に自死した函館市出身の作家・佐藤泰司氏の作品。 「遺作であり、未完の短編小説」ということである。(wikiより)
東京国際映画祭でもコンペティションに出てたんですが、
チケットが完売ということでやむなく一般公開まで待ちました。
待望の鑑賞。
予告で谷村美月ちゃんが出てて、
今までの彼女のテイストとは全く違う雰囲気に惹かれました。



作品は、5つのエピソードからなるオムニバス。
最も原作では18ものエピソードですので、ここで取り上げたのはほんの一部です。
邦画のオムニバスというのは今まで何本か観ているんですが、
洋画と違って、1つ1つのエピソードがやたら大仰なものが多く、
印象に残ったものがあまりないのです。
果たして本作はどうでしょうか。


「海炭市」という架空の都市(モデルは函館市と思われる)を舞台に繰り広げられる人間模様。
どんよりとした分厚い雲と、今にも泣き出しそうな灰色の空が迫ってきそうな風景の中に
展開される話は、そのビジュアル通り、重たく湿っている。
その背景にあるものは、不景気と、それが直撃する地方都市の現状に他ならない。
例えばこれが都会であったら、何となく非正規でも仕事があって、
それなりに命をつなぐこともできるのかもしれない。 しかしながら、
ここにあるのはどうしようもない閉塞感だけ。
それまで懸命に自分の居場所を守ってきた人たちでさえも、時勢の波に呑まれてしまえば、
そこには何も残るものがない。
こんなに非情な現実なのにも関わらず、ここに出てくる人たちはどこか、観念しているように見えてならない。
肚をくくっている、というか、くくりきっている、と表現した方が正しい。


これらのエピソードの中では、「まだ若い廃墟」の兄妹の暮らしが切なかったです。
裸電球という生活は本当に今でもあるんでしょうね。
そして「裂けた爪」。
加瀬くんはこういう役、うまいです。
ただ暴力はよくないかな。 誰に対しても。 自分より弱いものに対しては特に。
という綺麗事が通用しないほど、彼らの心が荒んでる訳です。
理由はそこから推測するしかないんですけど。


実際に今まで基盤としてきたもの、例えば仕事だとか家族だとか住居だとかを
失くす時、それがやってきた時はショックを受けてしまうけど、
その状態を受け入れざるを得ないとなった時にはもう、人は観念してしまうんだと思いました。
そしてそこから、どうやっていったらいいのかを探し始めます。
ある者は新天地へ、そしてある者は故郷に帰り、ある者はその場所で動かずに今までどおりの生活を送る。
「人はどんな状況に置かれても、生きていかねばならない」などという言葉がそれこそ、空回りしそうな現実。
そこから目を背けたくても、もうどこにも行くあてもない。 それが現実なんですね。
重苦しくても心が折れそうでも、そこに留まる人々のありのままの表情をあぶり出す良作でした。






今日の評価 : ★★★★☆ 4.5/5点

















Last updated  2011.01.16 04:41:49
コメント(12) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


こんばんは   KLY さん
加瀬君のところ、暴力は確かに良くないけど嫁さんを殴り倒したのは少し溜飲が下がりました。子供虐待してたし。あと何故だか印象深いのが、例の指潰しちゃうとこ。多分脅して、それこそ暴力使ってでも集金するつもりだったんだろうけど、その相手に包帯巻いてもらっちゃうという…(苦笑)すげーバツが悪いんだろうなぁなんて思いながら観てました。
(2011.01.04 22:01:51)

KLYさん    rose_chocolat さん
こんばんは~

勝子さんですね。
どうして彼女が、ああなってしまったんだろう? っていうところは、
大いに考える必要性はあるかもしれません。
暴力をふるう、ふるわれる、そこには理由が恐らくあるはずですから。
その説明が何もなく、なので我々は推測するしかないんだけどね。

指のシーン、あれ、言った後だったらどうなったかな?
指切っちゃえとか言いそう・・・ 爆
(2011.01.05 01:08:59)

しみじみ   かえる さん
今年もよろしくお願いします。
群像劇好きなので、よかったです。
ウィンターボトムのひかりのまちを思い出すような、ジム・オルークの音楽と街の灯火の重なりにシビレましたー。
昨日、マチューの映画を加瀬くんが見に来てたんですよ。
生加瀬見れて嬉しかったわん♪
この映画の時と同じ坊主頭という感じの短髪でした。
彼の粗暴男役も見事にリアルでよかったな。 (2011.01.09 11:30:27)

漁港。   BC。 さん
rose_chocolatさん、こんにちは。

この作品は近日中に観に行く予定です。
評判が良いようですね。
この作品の予告編を観て漁港?の雰囲気が
80年代の日本映画『魚影の群れ』を思い出しましたよ。
最近の谷村美月ちゃんは数々の映画に出演していて頑張っていますね。 (2011.01.09 14:24:32)

かえるさん   rose_chocolat さん
こちらこそ昨年は楽しかったですねー。
今年もよろしくお願いします。

>群像劇好き

私も好きです。 でも邦画の群像劇のいいものってなかなかなくてね。
変に大団円とか、偏りがあったりとかが多い感じ。
これは独特の空気と、それぞれの人たちの根底にあるテーマがしっかりしててよかったです。

>ウィンターボトムのひかりのまちを思い出すような、ジム・オルークの音楽と街の灯火の重なりにシビレましたー。

シブかったですよね。 このトーンでも重たくならないなんて。

>昨日、マチューの映画を加瀬くんが見に来てたんですよ。
>生加瀬見れて嬉しかったわん♪
>この映画の時と同じ坊主頭という感じの短髪でした。
>彼の粗暴男役も見事にリアルでよかったな。
-----
お宝的な邂逅でしたねー。
よいなあ。
行きたかったんですけどもうスケジュールきちきち(笑)

彼の、時々見せてくれるキレる役っていうのも、
どっか超人的な感じで、演技とも思えないシャレにならない部分がありますよね。
ザ・俳優ーって感じがします。
(2011.01.09 21:09:46)

BC。さん    rose_chocolat さん
こんばんは~

もう、ぜひいらしてください。
私こういうのかなり好きです。
昨年観てたら間違いなくベスト入りでしたね。
これもTIFFコンペ作でしたし、力のある作品です。

>『魚影の群れ』

夏目雅子さんご出演の作品でしたよね。
懐かしい~。
(2011.01.09 21:11:51)

時代。   BC。 さん
rose_chocolatさん、こんばんは。

>例えばこれが都会であったら、何となく非正規でも仕事があって、
それなりに命をつなぐこともできるのかもしれない。 

今は都会であっても非正規の仕事すらなかなか見つからない世の中なので
地方だと職を失うと絶望的な心境に陥るのでしょうね・・・。

この原作が執筆されたのはバブルの時期だろうから
あまり評価されなかったのかもしれないですね・・・。
不況の今の時代に映画化されたからこそ、
先行き不透明な時世と寂寥感を抱え込んでいる登場人物像がマッチしたのかもしれないですね。 (2011.01.16 20:05:53)

Re:『海炭市叙景』 (2010) / 日本(01/02)   とらねこ さん
こんにちは。
加瀬亮の一遍も心に残りましたね。
奥さんからしてみれば、前妻の子を育てているのに、
また別の女と浮気している旦那な訳で、
子どもからすれば、家庭から逃げたくなるのも分かるし、
旦那は家庭に居ると責任感からまた息が詰まる。
でもこういうのは、ここの町特有の問題というより、
どこの問題でもあるんですよねえ。 (2011.01.17 18:11:03)

BC。さん   rose_chocolat さん
こんにちは~

ですねえ。 フリーターという肩書でも、仕事がなければそれにもなれない。
場当たり的なバイトなら何とかありそうですけどね。
継続して採用ってこと自体が、今は難しいから。

確かにバブル期には評価されにくかったでしょうね。
今こうして見ると、どうしようもなく「今」ですけど。
原作の佐藤さんにも映画をご覧いただきたかったですね。
(2011.01.19 11:25:45)

とらねこさん   rose_chocolat さん
こんにちは~

>加瀬亮の一遍も心に残りましたね。
>奥さんからしてみれば、前妻の子を育てているのに、
>また別の女と浮気している旦那な訳で

あ、連れ子だったんですね。
そこ注意力が足りずに読みとれなかったわ。
そうか、それは旦那さんが「鬼」だね。
もう少し奥さん大事にしてあげなよって思うけど。

>子どもからすれば、家庭から逃げたくなるのも分かるし、
>旦那は家庭に居ると責任感からまた息が詰まる。
>でもこういうのは、ここの町特有の問題というより、
>どこの問題でもあるんですよねえ。
-----
そう思います。
どこに住んでも、こういう話はありますね。
(2011.01.19 11:28:06)

谷村美月ちゃんはマストなんですが。   ふじき78 さん
飲み屋のエピソードで、あまりに当たり前にやさぐれてるムラジュンが素敵でした。 (2011.02.04 10:55:50)

ふじき78さん   rose_chocolat さん
こんにちは~

ムラジュンは全然印象に残ってなくてね。。
美月ちゃんよかったです。
(2011.02.05 17:30:26)


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.