1736111 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Nice One!!

PR

Calendar

Category

Archives

2019.09
2019.08
2019.07

Comments

びー。@ Re:久しぶりぃ〜(09/01) おかえりなさいませ? なんか違うな。別荘…
みえこ55@ Re:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) お久しぶりです〜^o^ ブログにコメントを…
rose_chocolat@ Re[1]:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) kaoritalyさん コメントありがとうござい…
kaoritaly@ Re:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) ご無沙汰してます。 ベスト10の映画、…
rose_chocolat@ Re[1]:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) みえこ55さん こちらこそレス遅くなりす…
2011.02.16
XML
カテゴリ:洋画(あ行)







原題: THE KING'S SPEECH

監督: トム・フーパー

出演: コリン・ファース 、ジェフリー・ラッシュ 、ヘレナ・ボナム=カーター 、
ガイ・ピアース 、ティモシー・スポール

試写会場: よみうりホール


公式サイトはこちら。




急に試写にお誘いいただきました。 ありがとうございます。
アカデミー賞大本命と言われてますんで、やっぱり外せませんよね。


そしてこの映画を語るに当たっては、当時の英国王室の状況を知ることは
不可欠と言ってもいいでしょう。
知らないで観ても別に構いませんけど、話に置いていかれる可能性は大。(苦笑)
というか歴史でやりますよね。 「世紀の恋」とか。


ジョージ6世 wiki

エリザベス・バウエス=ライオン(王太后:The Queen Mother) wiki

エドワード8世(ウィンザー公爵) wiki



映画の中では、この血縁関係の間柄はさーっと描かれていますが、
実際はね。 いろいろあったんだと思います。
何故ジョージ6世が吃音になったのか、幼少期からのことを読むにつけ、
彼ら兄弟が置かれた状況の特殊さということを十分考えたとしても、これはかなり気の毒な環境だったし、また当時の方針が彼に合っていなかったんでしょう。 不幸なことです。
そして、本作のベースとなったエピソードであるところの、
ジョージ6世の妻となったエリザベスが言語障害の専門医(ライオネル・ローグ、ジェフリー・ラッシュの役)を夫につけたことも史実。
ただし「エリザベス王太后の存命中はこれを明らかにしてほしくない」という王太后の希望があり、大衆向けの公演(演劇とか映画(→本作も)とか)は彼女の死後に行われています。


ということでほとんど史実のため、話を崩しようがない前提がありますから、
本作は「ジョージ6世が直面した難題」、すなわち吃音を取り巻く話を丁寧に描くということに専念しています。
これはある意味正しいと言えましょう。
一国の王の演説が聞き取れないのでは、国民の士気に関わる訳ですし。
まして当時はTVは大衆にまで行き渡りませんでしたから、音声だけが全てといってもいいでしょう。
予告にもありますが、ジョージがヒトラーの演説の映像を見て、
「何を言っているかわからないけど、彼はうまい」と言います。
指導者たるもの、民衆の心をとらえないと支持はされないという意味ですが、
当時、第2次大戦前の一触即発の状況だったことを考えると、吃音を克服したい彼の心情も理解できます。


とは言っても、生来の引っ込み思案な性格、加えて吃音コンプレックスもあるジョージにとっては、克服は並大抵ではない。
王族の一員であるというプライドもそれを邪魔する。
そこで生きてくるのが、ライオネルの方法論でありまた彼の性格でもあったりする。
何かを成し遂げようとする時に、余計な垣根やプライドはいらないし、実はそれを取り除くことが最も難しい。
そこを、「信頼」で乗り切って行ければ、ということです。
ジョージの奥底に眠るトラウマを引きだしたことは、ライオネルにとって、信頼に足る人物と認められることになります。
人間誰しも何がしかの触れられたくない事情を抱えながら生きるのは当然だけど、
そこをさらけ出すことはなかなかない。 さらけ出す人も選ばないといけない。
そのような人に、ライオネルがなれたのも、ジョージにとっては幸運だったのではないでしょうか。


コリン・ファースの演技は素晴らしかったですね。
彼がアカデミー取るかな?
そしてジェフリー・ラッシュもですが。
ガイ・ピアースの、即位1年足らずで王位を去るエドワード8世役。 華やかだけどどこか浮わついている感じも適役です。
あと個人的に素晴らしかったのはヘレナ・ボナム=カーター。 彼女自身も上流階級の出身なだけに、最近のコスプレみたいな役ではなくて、ここで真価を発揮していたのでは?
毅然として動じない、そして策を練る。 それでいて夫には尽くす女性。
ロンドンが戦火にさらされても疎開せず民衆と苦難を共にして、ヒトラーから「危険な女性」と恐れられた肝の据わったエリザベス王太后。 なかなかしっかり者でしたたかだったんでしょう。
ジョージに、彼女のような、人の心を捉える女性がついたこともまた幸運だったんだと思います。
まさにヘレナならではの役というか。 そこに一番共鳴しました。


史実ということで、割と淡々と進んでしまいますし、
悪く言えば「崩しようがない作品」です。 そのままです。
なのでこれは今年の作品の中では、myランクのすごく上位には来ないと思います。
『ソーシャル・ネットワーク』のように、奇を衒うというか、あっと驚く展開というものは
そうありませんが、
そこは俳優陣の演技で見せていく作品と言えましょう。
Queen's Englishの、流れるような言語の持つ美しさも改めて感じることができます。





今日の評価 : ★★★ 3/5点



















Last updated  2011.03.29 23:54:40
コメント(20) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.