1902729 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Nice One!!

PR

Calendar

Category

Archives

2020.12
2020.11
2020.10

Comments

びー。@ Re:久しぶりぃ〜(09/01) おかえりなさいませ? なんか違うな。別荘…
みえこ55@ Re:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) お久しぶりです〜^o^ ブログにコメントを…
rose_chocolat@ Re[1]:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) kaoritalyさん コメントありがとうござい…
kaoritaly@ Re:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) ご無沙汰してます。 ベスト10の映画、…
rose_chocolat@ Re[1]:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) みえこ55さん こちらこそレス遅くなりす…
2011.03.27
XML
カテゴリ:洋画(さ行)







原題: NA PUTU/ON THE PATH

監督: ヤスミラ・ジュバニッチ

出演: ズリンカ・ツヴィテシッチ 、レオン・ルチェフ 、ミリャナ・カラノヴィチ 、
エルミン・ブラーボ 、マリヤ・ケーン

鑑賞劇場 : 岩波ホール

公式サイトはこちら。





ヤスミラ・ジュバニッチ監督作品。
前作の第56回ベルリン国際映画祭金熊賞受賞作品・『サラエボの花』は未見。


これは事前にボスニア・ヘルツェゴヴィナについての予習が必要ですね。


ボスニア・ヘルツェゴヴィナ紛争について Wiki


紛争が1992~1995年、そしてこれがその15年後ということで、当時の話も絡んできます。


紛争当時に両親を殺されたルナは美しく成長し、
B&H航空のキャビンアテンダントをしている。・・・ という設定なんだけど、この主演のズリンカ・ツヴィテシッチがとても美しい。
ちょうど均整が取れてて、かつ適度に熟した女性の感じがあって。


ルナはアマルとの生活やら将来を夢見ていたけど、 
変わっていくアマルとの間の距離は縮まることはなかったのでしょうね。
やはり自分の原点に逆らうことは、人間、そうそう出来ないような気がします。
忘れようとしても忘れられない絶望や、
目の前の思い出が完全に過去のものになってしまって、共有したくても出来ない虚しさを突き付けられたらそれだけでももうショックでしょうし。
地域的に宗教人口も入り混じり、そしてそれが紛争の原因にもなる中で、
日常的にイスラム教との関連は不可欠な生活ではあるけれど、
やはりそこに全面的に入ることは、たぶんルナの根本的なものが許さなかったのだと
思いました。
自分の愛していた人との距離感が次第に離れていくことを実感しないといけないのは
辛いことです。 しかしそこに敢えて結論を出していくルナは強い。


物語の背景にあるものを詳しく調べた方が、この映画が言わんとしていることの
本当の意味がわかってくると思います。
民族的に日本人には理解しにくい部分もあるかもですけど、
命をかけて自己を貫きたいと葛藤するルナの姿は、自分を取り巻く流れにハッキリとNOを突き付けていくという意味で、共感を得るところが多いように感じました。





★★★★ 4/5点















Last updated  2012.10.09 19:20:10
コメント(4) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


しかし…   KLY さん
どうして宗教ってこうなっちゃうんでしょうね。
こういう作品を観るたびに私などは無宗教でよかったわぁとか思っちゃう。
結局原理主義的なドグマとって私から見たらオウムと変わらんのです。独善的で排他的で、はまっちゃったらもうどうしようもないというか。
確かに離れていく恋人に何も出来ないのは辛いかもしれない。でも彼女はそんな彼を客観的に観れる分、思想的には私たちに近い立ち位置なんで、余計に彼女に共感できるのだと思います。
(2011.03.31 23:14:14)

KLYさん    rose_chocolat さん
こんにちは~

ルナはアマルが彼の視点ではなくて、
宗教的視点から彼女を見ていることが耐えられなかったでしょうし、
またその時点で彼との距離感を感じたんだと思います。

「自分がどうだからではなくて、○○がこうだからあなたが好き」、っていうのは、相手から言わせれば究極に失礼です。
私も手を切りますね(苦笑)
(2011.04.01 06:23:01)

女性監督。   BC。 さん
rose_chocolatさん、こんにちは。

戦争・宗教・国民性を背景に庶民(家族)を描いているという意味では
スザンネ・ビア監督に通じるような気もしました。

30代の女性監督がここまで人間の本質に踏み込めるのは凄いなとは思いますよ。
(2011.04.02 13:20:10)

BC。さん   rose_chocolat さん
こんばんは~

>戦争・宗教・国民性を背景に庶民(家族)を描いているという意味では
>スザンネ・ビア監督に通じるような気もしました。

スザンネ・ビア監督好きですが、
こちらのヤスミラ・ジュバニッチ監督もしっかりとハッキリとした主張で、私は好きなタイプかも。
↓のインタビュー、なかなかいいですね。
http://cinetri.jp/interview/naputu_jasmila/

>30代の女性監督がここまで人間の本質に踏み込めるのは凄いなとは思いますよ。

たぶんですけど、本質的なものの考え方がブレがない方なんじゃないでしょうか。
普遍的と言うか。
そこがしっかりしているから共感を得ることができるんだと思います。
(2011.04.02 23:27:34)


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.