631860 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

札幌・じゅん先生のPMA日記

PR

X

プロフィール


札幌・じゅん先生

コメント新着

 通りすがり@ Re:親の愛情はズシリと重く・・・父が大嫌いな人たちへ捧ぐ(04/30) 犯罪者にも仲間がいるわけで人間完全に悪…
 ササキコジロウ@ 参院選で不正選挙が行われます。 参院選で不正選挙が行われます。 もう当選…
 たかはし@ 肉好きの川根さんに朗報 こんにちは アクセサリー修理屋さんの た…
 れいこ@ Re:人に惑わされるな、環境に惑わされるな(01/21) ブログ 発見しました。 こちらのメッセー…
 松海敦子@ Re:我が師匠 「北川先生」(10/07) おはようございます(*^^*) さっそく北川先…
 札幌じゅん先生@ Re[1]:人に惑わされるな、環境に惑わされるな(01/21) リトルモアさん また、リトルモアさんの、…

お気に入りブログ

よびりん語録 New! よびりん2004さん

惜しみなく、自分に… かめおか ゆみこさん

日々の贈り物・7月 ayakawa777さん

お絵かき^^ せいこう@さん

ワン・ニャン日記 しん428さん
たんまり日記 なおにゃんママさん
タバティ最初の一歩 まことCHANさん
お菓子なちあき お菓子な(*´∇`*)ちあきさん
出逢いは宝 やこ2886さん
藤沢あゆみのやれる… 藤沢あゆみさん
2013年04月30日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

休みの本日実家へ帰ってきた。昔の写真が出てきた。
「5月5日こどもの日」と書いてある写真を見て思わず泣いてしまう

父が大嫌いな人たちへ捧ぐ・・・
「父 川根貞雄」今から16年前68歳で人生を終える。
それはそれは家族からは「おとうさん大往生だったね」と言われるほど、誰にも迷惑をかけずにひっそりと病院で息を引き取った。
真夜中の1時半・・・
気分良くお風呂で2時間ばかし読書をしていた頃、自宅の茶の間の電話が鳴る・・「ジリリリ~~ン」
こんな時間に嫌な電話だなぁ~~~。間違い電話ならまだ良いが・・
しかし なぜか不吉な予感が入った
嫌な電話だなぁ~~~とその思いをつのらせると
「お父さんが・・・」 まさか・・・・
入院はしていたがまさか亡くなるとは・・・・
何をしていいかわからず、お風呂でそのまま、また本を読み続ける
(人間急な思いもよらず事態が起きたときは一瞬何をしていいか、わからなくなるとはこのことだ)
おそらく10分は本を開いたまま、うつろっていたに違いないはず。
簡単に喪服を持って真夜中に札幌から室蘭へ車を急がす。

今から15年前のことだ。
なぜか 悲しくなかったのを覚えてる。
やっと死んでくれたか・・・という気持ちで一杯だった。
いつも家族で話していたこと。
「お父さん早く死ねばいいね」「事故では相手に迷惑をかけるから
急死で死んでくれればいい」
そんな父の死を望んでいた家族だった・・・
今考えれば、ひどいと思う。
思えば僕が 恐怖で言葉がでなくなったことも、姉が大人になるまで「おねしょ」をしてたことも、すべて 父の淫乱・・・もとい 酒乱のせいだ。

山口県で過ごしていたが
あまりのお酒で回りに迷惑をかけるからと、母が兄を頼って北海道・登別に来たのは僕が小学の6年生の時だった・・・・・
見知らぬ土地で父はお酒もやめ、ちゃんと仕事をしてくれるだろう。という母の願いも空しく、父は誰もしかってくれない登別でますますお酒を飲むようになる
母が言うには
「お父さんは結婚生活の3分の一は入院してたね」
体が黄色くなり、顔が腫れて何度も死に掛けては生き返していた。
いわゆるお酒の飲みすぎによる肝硬変だ!
病院の先生から
「生きてるなんて信じられない。もし死んだら解剖させていただけませんか?」
死ななかったのが不思議だったようである
退院して お酒を飲まないのはほんの1週間、また朝からお酒を飲み続け仕事にもいかない
母を殴る蹴る 包丁を振り回す。子供だった僕達は必死で止める。
真夜中に何度、母から手を握られ外へ飛び出していったかわからない
そのたびに「じゅんぼ どこに行こう・・」
髪を振り乱し青アザをつくり母と一緒に泣きながら、あてもなく歩き続けるのを一緒に黙ってついていった・・・幼い頃・・・

以前5日間断食をした。
九州の阿蘇山にある僕の師匠の元だ
「北川八郎先生」
半農半陶生活を送る仙人みたいな人だ
北川先生は、陶芸が本職だからと著書や講演会のギャラはすべて寄付をしている。
詳しくは コミュニティ「北川八郎先生」
http://mixi.jp/view_community.pl?id=3240990
断食の3日目くらいだったろうか 先生は言う
「じゅんちゃん今日はお父さんのことを考えるとええよ」
朝に散歩をして 露天風呂に入り写経をして(ほとんどしなかったが・・アセアセ)一日中父のことを考えていた・・・
考えてもお酒を飲んで暴れることしか出てこない
「考えてどうなるんだろう、思い出したくもないのに・・・」
しかし師匠の言われたことは絶対だ 。僕はずっと父のことを考えていた

幼少の頃、
酔った父の乗る自転車の後ろにしがみついて・・
こまでしか覚えてないはずが・・・
気づくと病院で頭を包帯でぐるぐる巻いて入院してる僕がいた・・・
それは 小学に上がる前に写真が残っていたのを思い出した・・・
その写真でも父は酔って目がうつろだ。


小学の頃に 自分がうまく話せないことに気づく。いわゆる「どもる」症状だ。
酔って見境のない大きな父の声、母を大声で殴る父。恐怖でおののく姉と僕。
あぁ~~~こうやって書いていてもまた心臓がドキドキする
中学、高校・・・父が嫌いだった 。と同時に母が可哀想だった
なんで母さんは文句も言わずただ黙って殴られてるんだろう!
もっと強くなればいいのに。
僕が強い女性を好きになるのは そういった弱いかわいそうな女性は、母の面影を見るような気がするからだ

美容学校時代、そして独立してから・書くときりがない
最悪なのは 営業中にお店にやってきて
「じゅんお金あるか・・・」とお客さんがたくさんいるのに、酔った顔をしてお店に出入りする父がいた
それでも母を心配させたくないから、僕はそのことを母に言ったことがない

そういえば 幼稚園の時、お年玉や親戚からもらった小銭をブタちゃんの貯金箱に入れていて、貯まって貯金箱が重くなるのを楽しみにしていた頃。学校から帰ってきたら貯金箱がない。探すと台所に転がっていた
母に聞いたら知らないという。でも僕は知っている。
子供の楽しみにしていた貯金箱の小銭までお酒代へと消えていく。
でもそんなことも 誰にもいえないし父が酒を飲んでいるということも母には言えない

だから父のことを思い出しても悪いことしかないんだ
でも北川先生は、一日中お父さんのことを考えなさいと言う
時間が経ち、太陽が夕暮れに差し掛かる頃、なんだか悲しくなって泣けてきた

父が死んで思い出しても、何一つ可愛がってもらったことがない
「だいっきらいだ」
が、その気持ちが夕暮れと共に やがて・・・・ 温かい気持ちに変わる時がきた

あれっ・・・・
小学6年のとき 野球部で試合があるからと、スパイクを用意しておくようにと野球部の先生から言われたことを思い出す
僕はお金に困る母に スパイクを買ってとかそんなことは言えなかった
いくらなのか見当もつかない。だからずっと黙っていた
「スパイクがなければ試合に出れないのか?運動靴でもいいんじゃないか?」
母には言えない が、試合は迫る
仲間は試合が近づくにつれスパイクを履く選手が多くなっていく
僕は・・・・・・・・
とうとう試合の二日前、こっそり母に言う
母は僕が一番いって欲しくない言葉を言う
「お父さんに聞いてみるね」 なんで なんでお父さんに聞くんだ!
お母さんだけの胸に留めてこっそりスパイク買ってよ!
父に言ったらだめだ・・・・買ってもらえない
僕のお小遣いまで黙って獲っていく父だ。あきらめていた
スパイクのないまま試合に出る覚悟でいた
その頃の僕にとって、みんなスパイクはいてるのに僕だけ運動靴は恥ずかしかった
あきらめていた

夜ご飯を食べようと思っていたとき、父が「じゅん、ちょっと行くぞ」
どこへ行くかわからなかった・・・・
登別から汽車に乗り隣町の幌別に着いた先はスポーツ店
「お前の足何センチだ」「ぼ、ぼ、ぼく24センチかな・・・・」
忘れていたはずの父からのプレゼント
こんなことがあったなんて思いもしなかった
汽車に揺られ 一言も会話もないまま「どこへいくんだろう」と不安がってた小さな頃の僕がいた・・・
しかもこんなとこまで思い出した
スパイクの紐を結んだときの「asics」と言う文字・・・
なぜ・・・
なぜそんなことまで思い出すんだろう
一日中父のことを考えて、アレだけ嫌いだったのに
優しくされたことなんて一度もなかったはずなのに

それからと言うもの、あれよあれよと出てくる
そういえばキャッチボールもしたよ。高校の頃マージャンもしたよ。父は友達に国士無双を振ったよ。たくさんたくさん可愛がられたよ・・・

すみません ・・・もう書けなくなった

これを内観と言う

断食日記です
http://plaza.rakuten.co.jp/cutcutjun/diary/200607030000/
亡き父に お水を上げようっと・・
最後に言おう
実は、僕はあなたに、愛されていた 。「お父さん ありがとね」

追伸
人生でもっとも大切なこと!
それは 「人生の師匠を持つことです!」
******************************
でこさんの「父の桜」です(動画版)
泣きますよ
http://www.gctv.ne.jp/~gca13446/dekosakura.swf
日記版 「春に思う」
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=112362307&owner_id=2834173&org_id=115842664
父は生きていました
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=120148137&owner_id=2834173
桜の季節が近づくと。でこさんの日記を見ます

もうすぐ子供の日。
父に感謝を込めて・・・川根順史






最終更新日  2013年05月01日 00時22分58秒
コメント(1) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


 Re:親の愛情はズシリと重く・・・父が大嫌いな人たちへ捧ぐ(04/30)   通りすがり さん
犯罪者にも仲間がいるわけで人間完全に悪人じゃないですよね。
だからと言ってちょっとした親切をここまで有り難がるのも気持ち悪い。
酒に逃げる人間は家庭を持っちゃいけない、野垂死にして酒と心中する覚悟で酒を勝手に飲み続ければ良いと思います。特に子供の心に傷を負わせる人間は親になる資格は無い。結局子供より酒つまりは自分しか世界にいない人間なんだから一人で死んで当然としか感じない。 (2016年08月28日 20時05分18秒)


© Rakuten Group, Inc.